2007年08月24日

模倣犯(宮部みゆき)

mohou1.jpg とにかく長い。書きたいことが山ほどあるのはわかるが、長すぎる

 筋そのものは、犯人捜しでもなく、トリック解明でもなく、ミステリーとしておもしろいかと聞かれると個人的には首をかしげざるを得ないが、それを背景とした数々の心理描写がとてもおもしろい。

 被害者の家族の心理、犯人の家族の心理、家出少女の心理などが遠慮なく描かれている様は、この長編を読む価値を感じさせる部分だろう。

 ちょっとテーマがあちこちに飛びすぎた気がしないではないが、それぞれの小テーマがそれなりにおもしろかったのでよかったとしよう。
posted by いなえしむろ at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。