2010年07月01日

容疑者Xの献身(東野圭吾)

yougishax.jpg 映画も話題(だった)作品だ。一気読みできそうだったので、先に本から読むことにした。筆者の作品は二年ぶり二度目だが、今回もすばらしいという感想はなかった。

 確かに非常に凝った作りなんだが、人間の描写が薄っぺらい気がして乗り切れない。伏線が露骨だっただけに筋(トリック)があらかじめ読めてしまったこともあるだろうが、ラストの数ページで期待したどんでん返しもなく平坦に終わった感じ。なぜこれがこのミス一位だったのか少し理解に苦しむなぁ。
posted by いなえしむろ at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/154874090
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。