2010年05月29日

懐かしい Palm が2台

pda1.jpg 引き出しから発掘。グラフィティだったかな? とても書きやすく懐かしい。小さなマシンの手書き入力はこれが過去最高だと今でも思っている。

 片方は IBM WrokPad で、他方は純正 Palm 社のものだ。しかし、使い道がないなぁ。

pda2.jpg IBM のほうは、懐かしい ASTEL PHS 回線が入ったバージョンだ。

 これも使い道がまったくない。どうしようかなぁ。
posted by いなえしむろ at 08:22| Comment(2) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 わぁ、懐かしいですねぇ。Palmのは筐体が交換できたやつでしたっけ?
 私もPalmVxを昔使ってました。
 どこかにCLIE TG50が転がってるかも。

 PHS内蔵というのは珍しいですねぇ。ASTELが停波してしまったのは残念ですが。。
 裏面にカバーがあるようですが、乾電池駆動ですか?
Posted by indy77 at 2010年05月30日 12:45
両方とも折りたたみ式のカバーがあります。Palmも数種類使ったのですが、最終的にこの2台が残ったようです。PHS内蔵版はそれなりに使った記憶があります。
Posted by いなえ at 2010年05月30日 13:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151445005
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。