2010年05月29日

重力ピエロ(伊坂幸太郎)

G_piero.jpg フィッシュストーリーが気に入って連続読書。

すばらしい!

 久しぶりにすごい作家を見つけて感動。

 ミステリーとしての出来はよくない。筋もよくないし、題材もよくない。しかし、遺伝子レベルの緻密さと壊れそうな繊細さとはにかんだユーモアが会話中心の踊るテンポに織り交ぜられて、文章をモーツァルトにしている。

 映画ではこの魅力は出せないだろうなぁ(怖いもの見たさで見てみようかな?)。いやぁ、よかった。

追記)
 「虹は農民たちの凱旋門」という文章がある。高校のころかなぁ習ったのは。いたく感動した覚えがある。この手の短い文章をなんというんだったか思い出せない。俳句じゃないし(原文は英語だしね)、詩でもない。比喩の技法なんだろうが、伊坂幸太郎の作品を呼んでいるとふと思った。

中学入試に出るわけが、よ〜くわかった!
posted by いなえしむろ at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/151444883
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。