2010年05月27日

東京下町殺人暮色(宮部みゆき)

tokyositm.jpg あまり期待しないで購入。光文社文庫だからなぁ。

 しかし、その予想はいいほうに裏切られた感じだ。なかなか面白い。こどもが主役っぽい筋なんだが、そこに作者独特の再度ストーリーが絡んでくる。単純な犯罪なんだが、事件を取り巻く関係者のドラマがむしろテーマなんだろうと思う。

 傑作とはいえないまでも秀作であることは事実。なかなかいい感じだった。期待が少なかっただけによかった。満足だ。
posted by いなえしむろ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。