2010年05月26日

フィッシュストーリー(伊坂幸太郎)

fishstory.jpg 短編集であることとSFっぽい帯につられて購入。中学入試によく出てくる作者映画もあるらしい。

 「動物園のエンジン」「サクリファイス」の2作は、柔らかで緩やかな雰囲気がとてもよいものの、普通の作品と読める。表題作「フィッシュストーリー」も風が吹けば桶屋が儲かる的な牧歌的な物語。

 いいなぁと思ったのは「ポテチ」。空き巣の主人公がとてもかわいいタイトル「ポテチ」の伏線も抜群によい

 キリンに乗って助けに行くなんてくだりは5年前に読んだ「ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを(カート・ヴォネガットJr.)」を思い出した。(小説では)ありふれた取り違えのシチュエーションながら、とてもよい作品だった。

いい作家だ

posted by いなえしむろ at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。