2010年04月29日

WILLCOM NS 活躍中(細切れ時間の活用に!)

 W-SIM システムだから、W-ZERO3[es] と差し替えて使っている。これまでは商品コンセプトの通りシステム手帳にバインドして使っていたのだが、最近は裸のままポケットに入れている。

 ストラップが無く不安ではあるが、iPhone なんかもそうやって使うものね。さくっと取り出さないと意味がないから。いいケースがあればいいんだけれどね。

 日本語入力はとても不便なので閉口するが、画面が広いしオートパイロットで Web 巡回しておけるから、通勤電車内での閲覧にはいい感じ。オートパイロット結果だけを見るなら、回線速度の遅さは関係ないし、圏外も関係ない。省略された携帯用のサイトを見るのが嫌いだから、これはうれしい。

 見るだけに使うなら別に何でもいいんだが、ごくまれに振り込みしないといけない等、ID・パスワード入力や文字を入力する必要に迫られる場合がある。そんなとき銀行などの Flash and/or Java を使った(?)サイトも「一部」利用できるからとても頼もしい。けっこう W-ZERO3[es] とかで Opera を使っていると利用できないサイトが「ほとんど」だからね。

 ちなみに、現時点で WILLCOM NS の jiglet=jig ブラウザでは利用できないサイトは、Twitter、Evernote、ゆうちょ銀行等があり、これらのサイトは内蔵のセカンドブラウザ NetFront で利用する必要がある(Twitter はモバツイが使えるからそっちで妥協している)。

 間違っているかもしれないが、Evernote は NetFront を使ってもダメなようだから、この点は非常に不満であるが、こんなときにはサクっと W-SIM を [es] に差し替えて使うのが通ってものだ。もっとも、そこまでして必要なデータが Evernote に登録されているかは疑問だが・・・。

 ま、銀行系は間違いなくだめなので、最初から NetFront を立ち上げるんだが、これが遅い!! jig で試してからダメだとわかって NetFront につなぎかえるときはもっと遅く感じる。だから、基本的には時間があるときに「使えることがわかっているブックマーク登録サイト」を利用するのが WILLCOM NS 活用のキーだね。出先もしくは移動中に NetFront を使ってまでアクセスしないといけない用事なんてほとんど無いのが実状だから。

 最後に要望。もう次のモデルはでないだろうけれど、以下の点改善してくれたうれしいのになぁ。

 1.タッチパネル式日本語入力
 2.カメラ
 3.裸で持ち歩くためのストラップホール
 4.スタイラスが収納できるボディ

 1.は jiglet で作れないことは無いと思うけれど、誰も作ってくれないだろうな。2.はハードに関することだから無理だろうな。3.はケースなりを工夫すれば何とかなりそうだ。4.も同様。

 指ではうまく動かない WILLCOM NS だから(逆に iPhone はスタイラスではうまく動かない)、スタイラスは必須だね。後はケースだ。首からぶら下げる(カッコ悪いな)とかいろいろ考えたいな。
posted by いなえしむろ at 10:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/148158799
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。