2009年07月28日

トゥインクル・ボーイ(乃南アサ)

tckboy.jpg 少年少女の純真さと隠れた本性。後者は大人が持つあまりに汚いものだったという短編7編。どれも後味が悪いし、筋が雑な感じがする。

 作品は、「トゥインクル・ボーイ」「三つ編み」「さくら橋」「捨てネコ」「坂の上の家」「青空」「泡(あぶく)」

少し残念

posted by いなえしむろ at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

バーン・アフター・リーディング

burnafter.jpg ブラピのコメディ映画(と紹介されている)。

 ベンジャミン…がイマイチだったこと、まじめな映画しか見ていなかったことから選択。CIA を皮肉った感じなんだが、ブラピはちょっとしか出ないし、ハチャメチャなだけで笑える映画でもない。

駄作

posted by いなえしむろ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

元気にプール

K3100007_s.jpgまだ明けない梅雨だが、多少の曇なら、迷わずプール!

今シーズン7回目のプールだが、少し寒いな。その代わり日焼けは最少限度だろう。夕方のビールが楽しみだ。
posted by いなえしむろ at 14:48| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

きまぐれロボット(星新一)

kimagure.jpg 懐かしい。ただ、懐かしい。

 トイレにおいて毎日一話ずつ読んだ。楽しいファンタジーだ。今でも通じるお話がほとんどだが、後10年もするとたぶん意味がわからないお話もあるだろうな。
posted by いなえしむろ at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

ノウイング

knowing.jpg ニコラス・ケイジの人類滅亡カウントダウン映画。SFとしてみなければいい映画だと思う。

 映像がすごい。いやぁ、久しぶりの迫力。ラストを含めストーリーテリングはよいとは思わないが、映像だけで(だけが、かな?)満足。ラストは大画面、大音響で楽しみましょう!

 でもせっかくだから、ドラマにしてほしかったなぁ。
posted by いなえしむろ at 15:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

五人のカルテ(マイクル・クライトン)

5ninkalte.jpg 「ERの原点となったノンフィクション」らしい。ノンフィクションってのにちょっと引っかかるが、クライトンは久しぶりなので楽しみにしていた。

 でもね、途中で断念。1960年代のアメリカの医療現場には興味はないね。医師の苦労は分かるけれど、サラリーマンだって苦労するのさ。
posted by いなえしむろ at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

ステップファザー・ステップ(宮部みゆき)

step_miya.jpg 1993年の短編集。「ステップファザー・ステップ」「トラベル・トラベラー」「ワンナイト・スタンド」「ヘルター・スケルター」「ロンリー・ハート」「ハンド・クーラー」「ミルキー・ウェイ」の全七篇。

 すべて登場人物は同じで、ライトタッチの作品集。4コマ漫画的なお話かな。一応はミステリーの形態だが・・・・駄作
posted by いなえしむろ at 21:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

七つの怖い扉(新潮文庫)

7tutobira.jpg 井戸が主役の「迷路(阿刀田高)」、イマイチ乗り切れない「布団部屋(宮部みゆき)」、とてもオチがすばらしいと感じた「母の死んだ家(高橋克彦)」、妹と両親を亡くした少女というお決まりの展開だがなぜが読みいってしまう「夕がすみ(乃南アサ)」、ローズマリーの赤ちゃん風の「空に浮かぶ棺(鈴木光司)」、オチもいいし、展開もアップ店舗で小気味良い「安義橋の鬼、人を喰らふ語(夢枕獏)」、評判がいい割には駄作だと思う「康平の背中(小池真理)」の七つの怖い話。

 いろんな作家の展覧会的な作品集だ。得手不得手はあるだろうが、それぞれに色が出ていて面白い。特段これと思うような作品はないが、当たり前の展開と結末を上手に書ききった乃南アサって、次に読んでみようかな。

posted by いなえしむろ at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

BLUEDOT ポータブルマルチメディアプレーヤ 4.3インチ BMP-1430

BMP-1430.jpg Amazon で衝動買い(1万円ほど)。PMP としては動作がのろくて使い物にならないギアで、生産終了製品らしいが、テキストビューワになるし、音楽プレーヤーにもなるからおもちゃとするか。

 電池のもちだけが不安だな。販売当時が7万円ほどしたらしいから、1万円なら飲み会を我慢すれば・・・できないな。
posted by いなえしむろ at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

一日牧場体験@おおさか府民牧場

fumintaiken78.jpg 天気予報では午後から前線通過で雨。少なくとも今は快晴だから、このまま持つといいな。今日は、三女が友人男女一人ずつを連れて参加(総勢4名・・・あと一人はリピーターらしい都島からの同学年男児)。

 慣れた手つきでもくもくと作業をこなす。ポニーにうさぎに牛にと忙しいかなと思ったが、今日はあいにくの天候(予報)で客足が悪い。ま、がんばれ!
posted by いなえしむろ at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

龍は眠る(宮部みゆき)

ryuunemuru.jpg 1991年の長編。サイキックを登場させ、こどもをもうけることができない男性の破談、耳が聞こえない女性の生活などの社会的ミニドラマを交えた架空世界でのスリリングなストーリー。

 7月は毎週末プール三昧だ。その休憩時間に読むのが宮部作品(理由は不明)。後半に入ってすぐにエンディングが読めることから驚きはなかったが、約 500頁の本作も楽しかった。明日は何にしようかな?
posted by いなえしむろ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

T.R.Y.(井上尚登)

try_book].jpg 読み始めは緻密さの無い福井晴敏作品って感じ。主人公を軸に話が進むのでわかりやすい。

 でも甘い。どんでん返し満載なんだが、緊張感に欠ける。なんでやろ? 登場人物に感情移入できないからなんだが、書き込みが足りなということか。ハードカバー故重かったから一気読みしたが、それなりの作品かな。
posted by いなえしむろ at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

長女誕生日

家を出てから思い出した。
携帯メールした。
今夜はチーズケーキだ。
今回のプリウスはきっと長女が乗るんだろう。
元気でいいね。

高校生活エンジョイしな
posted by いなえしむろ at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ショートショートの広場 6(星新一編)

shortshort6.jpg トイレに置いて、毎日一話ずつ読んだもの。いろんなライターがトライするショートショート作品集57編だ。

 「一読、感嘆!」とコピーされているが、駄作も多い。でもたっぷりと楽しめた。中でも落語調の「呑人壷(人を食った壺)」は 最高!
posted by いなえしむろ at 20:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

魔術はささやく(宮部みゆき)

majutu.jpg 1989年の長編。とにかく 展開が読めない。どうなるのかわからない。終わったと思ったらまだ続く。催眠術という(ありえない)仮説のもとで、複数のドラマが並行して進みながら、大きなテーマに向かうさまは 圧巻 だ。

 いったいどうなるんだろうという思いが次々とページをめくらせる。今日は大阪-奈良を往復したんだが、車窓を楽しむ間もなく一気に読んじゃった。ジグソーパズルがピタリと決まる快感が本作の読後感だ。よかった。
posted by いなえしむろ at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

地下街の雨(宮部みゆき)

tikagai.jpg 続いて、1994年の短編集。面白くない「地下街の雨」、詰まり感のある「決して見えない」、ドキュメンタリータッチが斬新なだけの「不文律」、アイデア倒れの「混線」、二重のどんでん返しが小気味良い佳作「勝ち逃げ」、心を描く迫力の作品「ムクロバラ」、とても感じが良い「さよなら、キリハラさん」。

 特に最後の作品は、さらっと書いてしまうとなんにも残らない老婆の自殺というテーマを変わった仮設で書いている秀作だ。

今回も楽しかった
(けれど、小粒かな)

posted by いなえしむろ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

とり残されて(宮部みゆき)

torinokosarete.jpg 1993年の短編集。ファンというほどではないにしても、筆力にはいつも 感嘆 する。まったく現実的ではないオカルトやSFチックな題材をして読者に飽きさせず、常にテーマを投げかける力に魅せられて今回もとても楽しく読んだ

 最高作は「たった一人」。未来は変えられるというハードSFではありえない力強い発想がすばらしい本作は、「いま、会いにいきます」ととても似ていると思う。4年前に見た映画だったが、未来を変えていこうとするヒロインの姿勢がとても印象的だったから。

 こんなタイム・パラドックスの作品、もっと読みたいな。

 作品は以下のとおり。

 ミステリーっぽい「とり残されて」、村の恐怖の「おたすけぶち」、ちょっとしたSFっぽい「私の死んだ後に」、イマイチと思える「居合わせた男」、さらにイマイチな「囁く」、どんでん返しが魅力の「いつも二人で」、そして傑作「たった一人」。
posted by いなえしむろ at 17:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

深海のYrr(フランク・シェッツィング)

yrr.jpg 展開が読めない。汚染による突然変異生物が主役の海洋パニックかと思ったら、話はどんどん広がっていく。3分冊目の冒頭で「敵」の正体がおぼろげながらつかめてくる。

 ここまで「敵」をひっぱる筋も珍しい。いったいまとまるんだろうかと思いながら読み進める。単細胞知的生命体というアイデアもいいし、人類より太古から存在するというのもいい。知的生命体 Yrr とのコンタクトを含むエンディングがあっさりとしすぎていることだけが難点。続編出るかもね。

 そもそも本書は映画化を前提として作られているらしい。確かにばっさばっさと切り捨てられる登場人物やスリリングな展開、パニック盛りだくさんのシーンなど映画にぴったりの筋書きだ。

 問題は Yrr をどう表現するのか。エンディングをいかにピリッと見せるのかにかかっていると思う。難しいと思うけれど・・・。でも、きっと映画のほうがわかりやすいしいい出来になる様な予感がする。
posted by いなえしむろ at 20:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

トートバッグ購入

toto02.jpg 黒とベージュを買った。それぞれ別のところで買った(2種類買ったと思ったら色違いだったというのが真相)。

 少し大きめなんだが、ショルダーにも手持ちにもなるから便利。もう少し外側にポケットがほしいが、安いからよしとしよう。黒は 980円、ベージュは 1,800円。
posted by いなえしむろ at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月07日

ライフスタイルの変化

 異動してから少し時間がたった。絶対距離は短いから通勤は楽になったはずだが、いかんせん歩いている時間が長い。急いで 25分、普通に歩くと 30分かかる。電車に乗っている時間が 30分ほどなのに。

 バスに乗ると乗車時間は 10分程度。でも節約できる時間は5分ほど。暑いから汗だくになって出社するよりもいいって程度。帰宅時は少しはましだから歩くが、それでも遠い。

 こんな感じだから、モバイルアクセスの時間はない。しいて言えば、通勤途上でコーヒーを飲みながらアクセスする程度かな。

 でも歩く時間が長いから、できる限り荷物はコンパクトにしたい。よって、文庫本が主役になる。

 つまり少しばかりライフスタイルが変化したってことかな。近場の出張も多くなったし、会議も盛りだくさんになった。新しい勤務地は昔通いなれたところだから、リズムに乗ればもっと効率化できるだろうな。

それまではちょっと落ち着かないな
posted by いなえしむろ at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

au機種変更

auhen.jpg さすがに使いにくかったから、中古端末に変更! 機種は W55T って東芝の幅広薄型端末。

 着せかえして使うことにしようっと。ついでにカシオの防水タフネス携帯の中古も夏用にゲットしようかなぁ・・・。
posted by いなえしむろ at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。