2009年01月30日

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(フィツジェラルド)

K3100003.JPG 映画に興味があったので、まずは 1922年の(古い!)原作を読んでみることにした。

 老人で生まれ、すぐにしゃべって葉巻をすって、大きくなって、小さくなっていく。平坦な物語だ。作者は映画「華麗なるギャツビー」の原作で有名だが、この短篇はどれもなぁ…。

 表題作の他、「レイモンドの謎」「モコモコの朝」「最後の美女」「ダンス・パーティの惨劇」「異邦人」「家具工房の外で」という短篇がつまっているが、どれも薄味かな。

WILLCOM で撮ったので少し画質が悪い


 なぜ、この平坦な物語を映画化しようとしたのかわからないし、どう味付けしたのかもわからないが、きっと映画の方がいいんだろう。期待して3時間近い映画を鑑賞することにしよう。
posted by いなえしむろ at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お昼は家族亭

K3100001.JPG 特に意味はないが、主治医受信のついでに駅前に昼食に出かけた。

 カメラ・テストを兼ねて、ざるそばと天丼を食った。まだ味覚が少しおかしい感じ。

 ついでに、ユニクロでシャツ3枚と本屋で文庫本3冊買った。久しぶりの読書だ。
posted by いなえしむろ at 11:27| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

今日は三女の誕生日

プレゼントは2月発売のコミックらしい。

春休みは乗鞍での雪上キャンプ。

でも、沖縄もいいぞぉ!!

参加させてやりたいなぁ、これ
posted by いなえしむろ at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダブルブレイド

dbbld.jpg レンタルはお気軽でいいが、事前調査なしに借りると、多くの場合はB級である。これもその例。

 双子の妹が姉の殺害を殺し屋チームに依頼する。ここまでで筋があらかた読めてしまうんだが、その期待を裏切らずそのままの筋で最後まで進む。参った。殺し屋チームは仲間割れして最後は一人になって、ターゲットに接近すると実は…。

 参った。選んだ私が悪かった。ま、時間つぶしにはなったかな。
posted by いなえしむろ at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レッドクリフ(前編)

redclf.jpg 最初、なんのこっちゃと思ったんだけれど、要するに三国志なんだね。

 学生時代に吉川英治作品を一気読みしたことや、PC-9801のゲームにはまったことなどが思い出される。いやぁ、懐かしい! なんといっても三国志は「血沸き肉踊る」スーパー・ノベルだから。

 いろんな名シーンがあるけれど、ここは「赤壁の戦い」にポイントを絞った2時間越えの超弩級映画だ。
(これからもいろんなシーンに的を絞った作品が出たらうれしいなぁ)

 さて、映画はいきなり曹操軍に劉備軍ボロ負けって状態から始まる。自己紹介するかのごとく、その最中に趙雲子龍、張飛、関羽の3大スターが順に登場。冒頭にしては一気に加速感漂うアップテンポな展開だ。

 加えて、クールな感じの諸葛亮孔明(日本人が役をやっているらしい)と孫権、またその軍師周瑜との出会いも非常に男気あふれる描写。本作では主役といえるこのふたりの古琴合奏はとても ロックンロール だったことに非常に感動した。新鮮な驚きだ。この世界他にも聞いてみたいなぁ。

 また、呉の国(というか孫権サイド)って三国志の中では、というか日本では脇役っぽかったけれど、本国では人気あるんだろうか? 登場時間が多かった気がするなぁ。

 配役としては、曹操と玄徳の役者がイマイチ私の感性にマッチしないのが残念だが、その他はまさにフィットしており非常に見やすい。曹操はもっとクールに、玄徳はもっとソフトにしてほしい感じなぁ。両者が似すぎていて…。もっとも嫌というほど字幕が出てくるから間違うことはないけれどね。

redc_ko.jpg ところが、永遠のヒロインである周瑜の妻小喬はまり役

絶世の美女そのもの!


 日本人的美人という感じなので人によって受け止めかたが違うかもしれないけれど、多くに人にとってイメージ通りだと思うなぁ。

redc_imo.jpg孫権の妹孫尚香もかわいい。ただし、とても現代的な感じがしてちょっと違和感あるな。

 もちろん配役も時代にしては下手に男勝りの活発な女性という役だからそれはそれでいいのかもしれないけれど。後編で玄徳の妻になるんだろうかって言うところが興味のポイントかな。しかし、中国人ってきれいだなぁ。

 今回は前編だが、後編も見たい!
posted by いなえしむろ at 13:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

ギフト

gift.jpg 未来を見ることができる「ギフト」を授かったシングルマザーが村の殺人事件の真犯人を追い詰めるってな映画。

 途中くらいから非常にはっきりと筋が見えるようになってきた。自分自身にギフトが授かっていたのかと錯覚したがさにあらず。一度テレビかなにかで見た映画だった。sigh

 ということで、筋そのものはおもしろくなかったのだが、主役のシングルマザーもたいして美人でもないし、キアヌ・リーブスが出ていたくらいで特筆するべきものはなかったというのが率直な感想。失敗した。この手のオカルトものはあまり好きじゃないんだよね。
posted by いなえしむろ at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝

HUM3.jpg ま、なんというか、ファンには申し訳ないけれど「B級インディー・ジョーンズ」といった趣きの暇つぶし映画かな。

 筋もとびとびだし、CGもしょぼい。ジェット・リーが出るってんで期待したけれど、悪者役ですぐに変身するから意味無し。

 確か、1や2はそれなりにおもしろかった記憶があるんだが、気のせいだろうか。これってビデオでしか見ていないから感想が平坦なのかな?
posted by いなえしむろ at 19:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

UDON

udon_dvd.jpg 2時間を越える娯楽作品。暇潰しにと思ってみたんだが、テーマがしっかりしたいい映画で 大満足

 饂飩(うどん)がネタではあるんだが、俗に言う「ブーム」というものの発端からその終焉までがさっくりと盛り込まれて、光と影を垣間見ることができる。
(このサブテーマのおかげで少し長めの作品になったとも言える)

 さらにメインテーマは、父と息子の世界観・価値観だ。それぞれから見たまわりの見え方・感じ方みたいなものかな。それらをシンプルに表現し、うまくエンディングにつなげていく筋運びは感動的ですらある。

 主人公である息子が父の跡をつぐんじゃないのかと思ったら肩透かし。清楚で控えめでとてもいい感じのヒロインとペアリングかと思ったらそれも肩透かし。それらサイドストーリーには目もくれず、父の目から見た価値観を、今度は息子が自分の目から見た価値観として達成していこうとするさまは、まさに感動的・主体的なエンディングだ。

 笑顔を見るためにいい麺を打つ父、笑顔を見るためにいい芝居を打つ息子。この世代を越えた共通の世界観をシンプルな題材にこめた作品だったように感じる。いい映画だ。惜しむらくは、テーマを絞り込み過ぎて長くなり過ぎたことかな。
posted by いなえしむろ at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

007/慰めの報酬

0072009.jpg 007最新作。前作の続編ということなんだが、いきなりここから見始めたもので、ついていくのに時間がかかった。予習しておくべきだったかな。

 ちょっと暗くて真面目過ぎるんだが、それなりに十分楽しめる作品。共演のヒロインもとっても美人だし、世界中を駆けめぐるためいろんな風景を楽しめるのもまた映画ならでは。
(もっとも、平日だからかお客さん少なかったけれど…)

 ボンドというとなにかしらのハイパー・ガジェットがあるものだが、今回は普通の携帯電話程度かな。それはそれで現実味があっていいんだけれど、もう少し遊び心があってもよかったんじゃないかな。下手に真面目過ぎる感じは俳優の雰囲気とここからきていると思う。

 一言で言えば、これまで慣れ親しんだ007は昭和ゴジラで、本作は平成ゴジラって感じ。よけいにわかりにくいかなぁ。

前作「カジノロヤイヤル」も見てみたいな
posted by いなえしむろ at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WILLCOM 1/3回線 解約完了

 WVS(ダブル・バリュー・セレクト)で購入した最初の WILLCOM 回線を解約した。この回線は、新つなぎ放題ウィルコム定額を行き来しながら使っており、それはそれで効率的で使いやすいものだったが、毎月 980円プランには負ける。

 WVS ゆえ解約違約金が発生しないのが大きな魅力だが、WVS 残金が 15,000円残っている。そのうち、 データカードアダプタ(HA008) は 4,000円、 nico.は 5,000円、W-SIM(青耳…ネットインデックス製) は 2,500円で処分したから、実質上の負担金は 3,500円ほど。手元には W-SIM(赤耳…アルテル製)がまだ残っているから、これを処分して負担金軽減に当てることにしよう。さらに手元に残る Advanced[es] は無線端末として当面持っておくことにしようかな。

 これで WILLCOM 回線は、ともに 980円/月新つなぎ放題回線ウィルコム定額回線のふたつになった。後者は 2/5 になったら新ウィルコム定額に変更しようかと思ったんだが、ウィルコム定額なら 0.021円/パケットデータ定額オプション加入なら 0.0105円/パケット)が、新ウィルコム定額にすると 0.084円/パケット大幅値上げになっているため安易な変更はよくないかもしれない。

 わずか 10,000パケット(=フロッピー1枚分程度!)で、旧プランだと 200円だったのが、新プランでは 800円の計算になる。要するに、即天井張り付き型の課金体系だ。よくないな、これ。

 SoftBank は家族とホワイト仲間に、WILLCOM はメールと WILLCOM 仲間(ほとんどいない!)に、DoCoMo はそれ以外の通話に使うことにしようっと。それよりも、インフルエンザ直さなきゃ・・・。
posted by いなえしむろ at 10:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

インフルエンザ A型

昨夜から38度の発熱。
週末咳が出ていたのはこのせいか。
本日鼻水検査でA型感染が発覚。
3日ほどの隔離。

家族に伝染らないようにしなければ!

ちなみに、今年の流行は「A香港型>Aソ連型>>B型」らしい。
加えて構成比約3割のAソ連型ののほとんどはタミフルが効かないらしい。
で、リレンザを使う必要があるらしい。
posted by いなえしむろ at 10:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

WALL・E(ウォーリー)

walle.jpg 「地球脱出&帰還・テラフォーミング」などかなり高度SFチックな映画でなかなか楽しめる。それなりにこどもが喜ぶようなワクワク・シーンもあるしいい映画であることは間違いないが、背景が難しいことなどから、こどもには無理じゃないかと思う。

 しかし筋としては、イマイチかなというのが率直な感想だ。ウォーリー、イヴという主役だけではなく、モーという脇役ロボットももう少し描きこんでいたら、かなり楽しかったのになぁ。

posted by いなえしむろ at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

朽木スノーパークは大盛況!

kutuki91.jpg 6時起床7時出発で、8時半に朽木到着。

 道中はまったく雪が無く心配だったが、スノーパーク90cm

 天気は 快晴  雪質は多少ザラ目ではあるが、先着 300名様の猪汁サービスをいただき、ママと三女が出発。午前券(大人:2,000円、こども:1,700円)でも良かったが1日券(大人:3,000円、こども:2,500円)を買って楽しむそうな。

 駐車場は、9時現在ですでに 80% ってところだろうか。道向かいの臨時駐車場までは埋まっていないものの、通常の駐車場はほぼ満杯だ。今日は混むんだろうな。

 風邪気味のパパは「じゃっぴー・らんど」で休憩。食事は比較的スムーズに採れる朽木だから、国境のようにランチ難民になることは無いだろう。

kutuki_map.jpg 気になる通信環境はやはりプア。DoCoMo 以外はだめなようだ。WILLCOM は想定範囲内だったが、SoftBank の圏外は予想外(以前は通じていた気がするんだが・・・・)。

 結局、ママと三女は2時間ずつのスキー2セットでダウン。これなら 13 時までの午前券でよかったねといったら、もう1本だけいくとのこと。次回からは朝一番から午前券ってのがいいな。

右の写真はクリックで拡大

posted by いなえしむろ at 16:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月24日

明日は朽木へ!

 朽木スノーパークに行くことにした。ママも2シーズンぶりだし、軽いパークを選ぼうという趣旨。

 コストが安いのが魅力の朽木だが、すいていたらいいな。
posted by いなえしむろ at 19:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

WILLCOM WX310K 購入(980円/月)

 結局買ってしまった。一括で約 24,000円。2年間は維持費無料でメールし放題&PHS 通話し放題。動作は、京ぽんの流れを引きずって もっさりしている ものの、まぁまぁ我慢できる範囲ギリギリ。

 カメラや漢字変換はこれから試そうと思う。これで DoCoMo は非常時の通信回線としてしか役に立たなくなったな。
posted by いなえしむろ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

WILLCOM WX310K の在庫処分セールはまだ続いている

 年末から始まった在庫処分。もうないのかと思ったら、一部の家電量販店(要するに上新電機)ではまだ在庫があるそうな。人気のオレンジはもうないが、シルバーとピンクはあるそうな。そういえば、WILLCOM 直営店でも在庫があるやに聞いている。

 私的には WX310K よりも nico.の方がお得だと思うのだが、やはりカメラがないのが圧倒的に不利なようだ。

 私のように W-SIM 端末を持っているのなら、差し替えて使うという選択肢があるが、一般的には W-SIM の差し替えというのは考えの中にないようだ。
(だから、WILLCOM も新しい W-SIM 端末が出てこないんだろう)

 980円/月 でメール使い放題は非常に魅力的だ。もっとも、WX310K の「漢字変換能力」「カメラの能力」が未知数なだけに、2年契約は考えもの。

 ところで、そもそも WILLCOM の戦略は正しいのか? 今回の二段パケ放題もおサイフケータイもケータイ陣営のものまねでしかない。最後の PHS としてのメリットを生かさず、プアマンズ・ケータイ路線を走って何がおもしろいのか。

 ケータイを持っている層にスポットを当てた小型軽量のセカンド・ユース路線をもっと進化させることができないんだろうか。

 どうしても戦略やロードマップが見えてこない WILLCOM であるが、消費者にとっては安い維持費は魅力的。ただし、私のように現在使っている WILLCOM を解約して維持費が安いコースに変更するユーザーが増えれば、戦略的には逆効果だと思うんだがなぁ。

 私がなぜびしばしとケータイを変えるのかというと、それは電話番号やメアドに固執しないからなんだろう。なぜかというとセカンド・ケータイだから。こう考えればセカンド・ケータイ路線は、こうした浮気ユーザーが経営を圧迫するデメリットがあるのかもしれない。だとしたら WILLCOM は長期割引を考えた方がいいんじゃないんだろうか。

 移動体は難しいね。でもユーザーは、その時その時で最適なキャリアやプランを選ぶことができていい環境だ。どうしても好きになれない au は別にして、スキー場やキャンプ場などで非常時につながる確率が高い DoCoMo(980〜1,280円/月・・・iモードはまもなく解約だから 980円/月)と家族利用に限っては維持費が安い SoftBank(0円/月・・・スパボ一括の裏技)と EeePC とのペアで威力を発揮する WILLCOM(980円/月・・・USB モジュールのキャンペーン価格)が私にとっては現状の最適環境だ。

 といいながら、せっかく SoftBank のプリペイドと WILLCOM nico.を解約したから WX310K 在庫処分を購入しようかなぁ。DoCoMo のiモードに 300円/月も払うんなら、WILLCOM に 980円/月を払う方がいいような気がするもの。

 4台で 980円/月×3=約3,000円。internet は使い放題(by WILLCOM USB)、メールも使い放題で PHS 間は話し放題(by WILLCOM)、家族は通話もメールもし放題(by SoftBank)、緊急時には 1,000円分の通話が可能(by DoCoMo)。いい選択だという気がしてきたなぁ…。
posted by いなえしむろ at 23:04| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

WILLCOM 新つなぎ放題が 月額1,980円? [どこでもWi-Fi]

 WILLCOM が 新ウィルコム定額プランのリリースと同時におもしろい料金プランを発表してくれた。

 どこでもWi-Fi である。ハードそのものは、W-SIM を挿入することで無線LANのモバイルアクセスポイントになるという代物だ。

 このソフト(料金プラン)がおもしろい。

本体代金と通信料合わせて月額1,980円


 とアナウンスされている。「どこでもWi-Fi」は新つなぎ放題に加入することになっているから、この W-SIM を手持ちのアドエスに入れて使えるなら、新つなぎ放題が月額 1,980円になるよね。もっとも、こんなことを考える人は多いだろうから、それはできない仕組みになっているんだろうな。とすれば、毎月2千円払う価値はないと思うな。

 ちなみに、電池式の無線LANアクセスポイントはいろいろとあるから、今持っている USB タイプの WILLCOM 通信モジュールをこれらのアクセスポイントにアタッチしてやれば「どこでもWi-Fi」と同じことができる。これなら最初のハード代だけで月額費用は発生しないからね。

 なお、新ウィルコム定額プランについてはあまりインパクトはない。段階制のパケットし放題(上限 2,800円)というだけ。ウィルコム定額にすると言うことはメールと通話だけの利用にすると言うことを意味する私には無用だ。むしろ新つなぎ放題を 3,880円固定ではなく、段階制にしてほしいな。

 もっとも、私の今の環境は USB 通信モジュールが月額 980円(新つなぎ放題)、nico./Advanced[es] が解約タイミング待ち状態だから、あまり意味ないけれど。

 待った割りには WILLCOM の新端末(W-SIM タイプはなし)も料金プランも魅力的ではなかったので、今月末には nico./Advanced[es] 1回線解約してしまうことにしようっと。
posted by いなえしむろ at 17:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

細切れ時間をどう使うか

 別にワーカホリックではないが、仕事一途な人なんてそう多くなくって、誰でも読みたい本・見たい映画・聴きたい音楽・ 考えたい計画などがあるものだ。

 これらを実現するためには、やはり細切れ時間を使うしかない。一番 もったいない と思うのは通勤時間だ。出張が多い人は移動時間もそうだろう。

 私の場合、通勤時間は座っていることがほとんどだ。1時間早く出社することも要因だろう。通勤時間の半分は地下鉄だから、 internet はけっこうつらいものがある。今は internet しながら、 もしくはこうして思いをパソコンでたたきながら音楽を聞いている。

 よく考えると、デスクワーク主体の私の場合は、デスクで internet なんて別に特別な準備しなくてできるし、 通勤時間を利用しなくてもいいような気がする。

 反面読書量は激減している。老眼の影響も見逃せないが、やはり読書量が落ちたのは事実だし、それで想像力が落ちた気がする。 映画も同様。映画館に行くことが激減している。撮りためてポータブルのメディアプレーヤーで鑑賞することもあるが、それとて 「パソコン+音楽」に比較すると時間比率は激減している。

 これらは当然ながら職場でできる話ではない。もちろん、映画は大きな画面で見たいし、音楽は重低音を利かせて大音量で聴きたい。 けれども、それがかなわない場合は、細切れ時間を利用する法が効率的だ。

 同様に考え方では、場所を選ばない読書は通勤時間がもっとも似つかわしいような気がする。

 モバイル環境の構築によりいつでもどこでコミュニケーションできる環境が整ったし、思いついたら処理できる作業の量も格段に増えた。

 でも、それは細切れ時間の有効活用には役立っていないのではないか? なんかこんな気がする。 使い放題の環境になってはじめてわかることかもしれない。これって中高生がパケ放題に飽きるのと同じ理屈なのかなぁ。

posted by いなえしむろ at 21:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 知的生産の技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ウーパールーパー死亡

2007年春に来たわが家では最後のルーパーが死亡。
突然死であり、酸素不足か温度か要因は不明。

しばらくは魚だけにしようっと。
posted by いなえしむろ at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

レフト式日記手帳の使い方

 日記手帳 は、ようするに行動記録簿であり、自分史である。

 私の場合は、左側の週間予定記入欄にイベントを書き込む。宴会・宿泊・散髪・ガソリン注入等いろんなイベントは左側に記録する。

 そして右側のメモ欄には、自分の感想を記入している。本当の意味の日記かな。

 日記として使う場合、レフト式なんて使いづらい。一日一頁がもっとも使いやすいのだが、行動記録を兼ねているからこれでいいのだ。

 ところが左右が対象だから、どうしても左側の記入スペースが不足気味。やっぱり一日一頁タイプにして上下でイベントと感想を書き分けたほうがよかったかなぁなんて思っている2009年最初の年だった。
posted by いなえしむろ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産の技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レフト式備忘録手帳の使い方

 備忘録手帳 というのは、ようするにやらなあかんことである。ToDoとも言う。

 私の場合は、左側の週間予定記入欄にその日にすべきことを書き込む。そして右側のメモ欄には、とにかくせなあかんことを記入している。

 もちろん積み残しがどんどん増えてくるので、転記・転記で後送りしながらこなしているのが現状。

 思いつきのメモのようなものも含まれるから、仕事に関しては必ず整理した上で Time/system(A5版システム手帳)の Activities Checklist(未だに英語版をコピーして使っている…当時は日本語版がなかった!)に転記して以降の管理・運営を行っている。

 この備忘録手帳の消費は非常に激しい。思いつきを書き留めるためにいつでも持ち歩くからだ。ポスト・イットで補強・増強しているものの、1年持つかどうかが不安だ。安物にせず、頑丈な手帳にすれば良かったかなと少しだけ後悔中
posted by いなえしむろ at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産の技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レフト式スケジュール手帳の使い方

 レフト式 というのは、見開き左側に週間予定記入欄があり(もちろん月曜日始まり)、右側にはメモ欄があるタイプを言う。

 私の場合は、左側に自分の予定をひたすら書き込む。そして右側のメモ欄には、参照すべき他人の予定および左側に書いた予定が早く終わったり延期になったりと変更が生じた場合に有効になるような予定を記入している。

 この右側に書く予定を セカンド・スケジュール と私は呼んでいる。

 本当はプロジェクト管理もスケジュール手帳でやってしまいたいのだが、ごちゃごちゃになることを恐れてプロジェクト管理は分冊としている。

 スケジュール手帳および同じレフト式の備忘録手帳と常に2冊持ち歩く必要があるものの、この手帳の使い方は今のところ破綻もなく十分に機能している。これでダブルブッキングが〆切忘れなどが激減することを期待しようっと。
posted by いなえしむろ at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産の技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

nico.スペシャルモデル 980円/月でメールし放題(+WILLCOM 間通話無料)

 nico.が WILLCOM STORE激安販売

 メール端末としては使いにくい nico.なんだが、W-SIM モデルだから他の端末に差し替えればそのまま使えるのが大きなメリット。この意味で年末の「WX310K の在庫処分セール」より 遙かにお得

どうしようかなぁ
(カメラなしが問題)
posted by いなえしむろ at 09:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月18日

USB 赤外線アダプタ購入

usbirda.jpg ちょっとした理由にて購入。

 一言で言えば、赤外線しか持たない SoftBank 730SCデータを吸い出すためにと思って購入。880円+送料 200円ならいいかなと思って試しに購入。個人的にはあまり使う予定はないんだが・・・。

ドライバーは、ここ

posted by いなえしむろ at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

Turbolinux wizpy KNOPPIX Edu6 EDITION 4GB ホワイト 購入

 Amazon にて 3,100円で購入。
(当サイト左下 Amazon バナーに wizpy と入れて GO)

 パソコンに接続すると TurboLinux が起動するという音楽プレーヤー。USB メモリーに Ubuntu を入れればおしまいの話ではあるが、なかなか面白そう!

 製品名は「wizpy(ウイズピー)」。購入したのはデュアルブートモデルだ。

(参考)wizpyにプレインストールされるソフト

インターネット関連
  ウェブブラウザー Firefox
  メールクライアント Thunderbird
  IP電話 Skype
オフィス
  オフィススイート OpenOffice.org 2.1
  PDF閲覧 Adobe Reader 7.0
マルチメディア
  CDリッピングソフト
  DVDリッピングソフト(ベータ版)
  メディアプレーヤー Turboメディアプレーヤー/RealPlayer 10 for Linux
  Flash再生 Flash Player for Linux
言語ツール
  日本語IME ATOK for Linux
  フォント リコーフォント 5書体
posted by いなえしむろ at 15:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

E-410 + 標準レンズ

e410_c1.JPG E-410 の性能試験。まぁまぁかなぁ。

 暗くなると、F3.5 のこのレンズではつらいかなぁ。

 銀塩のような F1.4-1.7 のレンズがほしいなぁ。ま、無理だな。

 ちなみに本日は割烹「扇」にて同窓会。@6,000円でうまい酒と肴。たびたびくるわけにはいかないけれど、いいところだ。
posted by いなえしむろ at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

2009年の知的生産 《手帳編》

 2009年は超整理手帳で過ごそうと考えていた。折りたたみを工夫することで、 とても使いやすくなる超整理手帳。コピーの反故紙を再利用できる超整理手帳。悪いところは無いんだが、EeePC を持ち歩く私には、 多少かさばるのが問題だった。

 2009年は、3冊の手帳でいこうと思っている。 いずれもレフト式といわれるタイプで、左側に週間スケジュール、右側にメモ欄がある一般的なタイプだ。 これを3冊準備した。

 1冊目は純粋なスケジュール だ。OUTLOOK でスケジューリングされる仕事の予定は「挟み込み」で対応中。もちろん、転記もする。 あまりに毎日のように入ってくるスケジュールはアウトプットして挟み込む速度が追いつかないからだ。

 2冊目は日記 である。大きなイベントは左側に、 思いついたアイデアなどは右側に記載している。かなり慣れてきたので、これは続きそうだ。

 3冊目は ToDo である。備忘録だね。 備忘録はその期日が決まっていることがほとんどだ。一覧性がある手帳を使うことで、週単位のプロジェクトはある程度管理できる。 もれも無くなる。超整理手帳の場合は月間スケジュールを基本としていたが、最近は小さなプロジェクトが多くなっているだけに、 週間管理が望ましい。

 その日にすべきこと、この週にすべきこと、この月にすべきことを書き出すことで、 段取りが効率的にできると思っている。特に私は万年筆の愛好家だ。大きなプロジェクトは万年筆で記載することで、 裏写りが生じそれが気づきになる

 このまま1年を過ごすことができるかどうかはわからないが、 ほぼ日手帳のなんでもぶちこめるランダムアクセスも魅力的だが、 記入する段階で整理することで後処理が楽になる効用も見逃せない。

 日記は常に携帯する必要が無い。常に携帯するのは ToDo とスケジュールだ。 社内ならスケジュールは OUTLOOK で管理できるし、まわりもそれを参照するためスムーズに仕事がはかどる。OUTLOOK をベースにできればいうことは無いが、電子データの持ち出しが禁止されている以上は「転記」しか手段が無い。効率は落ちるが、 仕方ないとあきらめよう。

 3冊の手帳。来年もこれでいけるかどうかはわからないが、 今のところはこれがベストな選択だ。

posted by いなえしむろ at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 知的生産の技術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

SIGMA 55-200mm F4-5.6 DC for Nikon 購入

 中古だが、SIGMA 55-200mm F4-5.6 DC for Nikon を購入した。ちょうど1年前に買った Nikon D50 用だ。

 標準レンズは、AF-S DX ズームニッコール ED 18〜55mm F3.5〜5.6G だから、27〜300mm (35mm 換算) と幅広い範囲をカバーすることが出来る。うれしいな。撮影旅行行きたいなぁ。


 
posted by いなえしむろ at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

やってしまった、衝動買い

画像-0002.jpg 千里中央ヤマダにて。

 E-420 を買ったところなのに、よった勢いで蛍の光がなる同店にて E-410 の展示品を購入。レンズはダブルズームだから、これらを処分してボディのみ使うことにしようっと。
posted by いなえしむろ at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

オリンパス E-420 ゲット

 衝動買い。

 オリンパス E-420 オリジナルWズームセットがキタムラで 50,080円。

 キャンペーンで 10,000円キャッシュバックだから、実質 4万円ちょっと。

 実は最後まで Nikon D40 在庫品(なんと 34,200円!)と迷ったのだが、35mm 換算 300mm のズームレンズを使ってみたくて購入。

 記録媒体が CF なのが気に入らないが、コンパクト一眼を楽しむことにしようっと。

《今後のためにレンズ・スペックのメモ》

標準:ZUIKO DIGITAL ED 14- 42mm F3.5-5.6
望遠:ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6
posted by いなえしむろ at 15:47| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。