2006年08月31日

夏休み最終日《葉っぱのフレディ編》

ミュージカルを楽しむ

 計画通り「葉っぱのフレディ」のミュージカルを鑑賞した。舞台そのものは改訂版だそうな。

 そのせいもあるのか、絵本というか原作と比べて少し難解だ。脚色しすぎの感がある。ま、いいか。

 なお、会場には日本語訳をされたみらいななさんもサイン会にご出席。論争はあるものの、訳がいいのか悪いのかの判定は難しい。

 でも、彼女の訳は三木卓氏のそれと比較してソフトタッチであることは事実だろう。

frd_00.jpg 3,000円のA席は2F最前列だったのだが、後付と思われる手すりがじゃまで見にくい

 結果的に最後列に移動し鑑賞した。


 メルパルク・ホールのときには今後気をつけよう。2F最前列はだめだ。

frd_01.jpg


 間に15分の休憩を挟み、合計2時間半ほどの公演そのものはすばらしいものだった。難解なテーマであり、客層がつかみにくいが、観客はだれもそれなりに思い思いの感想を持って帰ることができたのではないだろうか。

frd_03.jpg


 ミュージカルなんてなかなか見る機会がない。夏休み最後にしてはおとなしめの締めだったが、まぁそれもいいだろう。

明日から新学期
がんばろう!
posted by いなえしむろ at 19:29| Comment(1) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏休み最終日《南千里市民プール編》

なんか最後のような気がして

 気になって昨日に続き、今日も午前中いってみた。じっくりと写真に残したいと思って。

 まずは最近よく利用している25mプール。

ms_25.jpg


 なんの特徴もない。130cm以上の制限があり、それ以下のこどもは保護者同伴が必須となる。

ms_sld_up.jpg お隣のスライダーからの絵はこんな感じ。

 なかなか全貌を紹介しにくいプールだと感じる。要するに高いところがないから、鳥瞰できないわけだ。

ms_sld_dwn.jpg 下から見るとこんな感じ。

 これも特徴があるわけではないが、小学校までのこどもたちには大人気のようだ。

ms_baiten.jpg 親切なおばちゃんがいる売店はこんな感じ。

 150円のフランクフルトが一番人気。200円のカップ麺は2番人気。3番人気は60円のくじ付きのたこせんだ。

ms_map.jpg 全体像をマップで平面的に示すとこうなる。

 やはり特徴はない。


 看板は次の通りとなっている。歴史を感じる看板だが、実は吹田市民プールはどれも同じ看板だと思う。

ms_kanban.jpg


ms_take.jpg 最後に余った竹細工を再びいただいて帰りましたとさ。

posted by いなえしむろ at 19:26| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新ハム参上、シロメ死亡

ハムスターとウーパールーパー

new_hum.jpg 新ハムスターだ。

 三女が命名

モッティ

マットによく潜るからだって。

new_up.jpg にゼニガメついでに買った新ウーパールーパーも元気だ。

 マーブルというらしい。黒目だ。

ebi.jpg プール近所の池で100尾程度採取したエビも元気だ。

sirome_01.jpg しかし、シロメが死んだ

 初登場は2005年4月3日。ほぼ1年半かな。当時の体長はわずか6cmだったが、今は堂々の17cm

 大きくなった。

sirome_02.jpg 死因は不明。

 でもむくんでいるので、なにか食べ過ぎたのだろうか? まぁ、寿命とあきらめよう。


sirome_03.jpg

シロメ、やすらかにネムレ
posted by いなえしむろ at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月30日

吹田市立 南千里市民プール

自分の町の市民プール その2

 雷雨の昨夜に続き、朝から天候が思わしくないので、プールは避けてサイクリングに。

 二女、三女と近場を自転車でお散歩。ついでにペット屋で再びハムスターを衝動買い。なんか新しい種類らしい。

msp1.jpg 午後からは天気も回復したのでやはりプール。明日で終わりだと思うと名残惜しい。

 夕方から2人ともピアノがあるから、遠出はせずにに続き地元探訪だ。

 南千里市民プールは保育園でよく使っていたプールだ。懐かしい。長女、次女、三女ともこのプールは懐かしいはず。

 パパはというと、保育園のプール参観で長女、二女、三女で3年ごとに合計3回ここに来たことになる。
msp2.jpg 駐車場は無し。よって自転車利用。入場料は2時間制で大人200円、こども100円だ。ロッカーのコインは専用コインでこれも無料。


 お盆過ぎから貸し切り状態らしい。すいていていい。売店のおばさんはたこせんをサービスしてくれるし、受付では竹細工がお持ち帰り自由。とてもアットホ〜ムなプールだ。

 ここは監視のおじさんが水泳を教えてくれたり、受付のおばちゃんたちは親切だし、まさに地域密着型のプールだ。珍しい存在。

 さすがに千里ニュータウンでもっとも古いだけある。伝統が感じられるプールだ。後10年残るとは思えないが、残していきたいなぁ。

(カメラを忘れたので写真は携帯電話を利用)
posted by いなえしむろ at 16:28| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月29日

エキスポランド・カリビアンリゾート

曇りのち晴れ

 曇天の中、エキスポランド・カリビアンリゾートに突っ込んだ。開演は9:30。すでに着替えをすませていた(というか水着のままで現地に乗り込んだ)三女は当然ながら一番乗り。勝利のポーズである。

clb_01.jpg


clb_03.jpg もう小学校も高学年になると目玉の滑り台はおもしろくないらしい。

 ビーチを再現したプールが比較的すいているので、水中バレーを楽しむことにした。

clb_05.jpg 仲良くポーズだ。

 途中雨が降ったりもしたが、午前中はまだすいているのでしっかりと遊ぶことができたようだ。

clb_06.jpg 右端は力士ではない

 しかし、写真は正直だ。もっとダイエットしないといけない。

clb_sakadati.jpg 三女は逆立ちばかりしている。

 流水プールではこのように流されてひっくり返ることが多い。

clb_sakadati2.jpg その中でも成功したショットがこれ。

 水が汚いのか、曇天で光が不足しているのか、とにかく写りが悪いが逆立ち成功だ。

 ちなみにカリビアンはカメラが自由。ずっと首にぶら下げていたが全然OKだった。

clb_tenohira.jpg 今回の水泳ギアはこれ。

 S,M,Lと3サイズあって、なかなかいい感じだ。これは使える。来年が楽しみだ。

 効果も先のギアよりはるかによい。手への密着感がいいのだ。

clb_02.jpg カリビアンの目玉はこれ。

 複合遊戯施設というか、滑り台というか。

clb_04.jpg 実態はこのようにてっぺんの大バケツから落ちてくる大シャワーが気持ちいい。

 その辺を動画にしてみたので一度試しにアップロードしておこう。



 午後1時過ぎにはあがって、今度はエキスポランドで乗り物三昧することに。

 写真を撮る元気がなかったというよりも、こどもたちにデジカメを貸したため、久しぶりに電池が無くなったというのが正解。

 次女がダイダラザウルスに(半泣きで)はじめて乗ったことが今日の大きな収穫だった。がんばったね

 実はそのころ天気は回復し、暑いのなんのって。参った。さて、明日はどこにいこうかな?
posted by いなえしむろ at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月28日

ゼニガメ再び

今度はタマゴ付き

zeniga01.jpg 性懲りもなく再びゼニガメを買ってきた。

 3匹目のウーパールーパーを買うついでだ(なにがついでなのかだんだんわからなくなっている)。

zeniga02.jpg 今回は別途タマゴも調達している。

 およそ一月後に孵化するらしい。こんな経験はないので、とても楽しみだ。


posted by いなえしむろ at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真夏のテニス

プールにかわりテニス!

 プールに行く予定だったが、プールが終わっていた!

 そこで予定をテニスに変更。曇天で寒かったので正解だと思ったんだが・・・。すぐに晴れて地獄の暑さだった。ま、ダイエットにはいいわな。

k_tns_01.jpg いつもネットをつけずに遊ぶが、気分はプロプレーヤー。

 素足が気持ちいいのも手伝って、けっこうこのトンボも楽しいようだ。

k_tns_02.jpg 比較的テニスは苦手な三女もがんばって練習中。

 ま、あたらんわな。

k_tns_bath.jpg 最後は仲良くシャワーとお風呂に入って汗をすっきり流して、いつものくら寿司へ。

 もっといいものをと思うのだが、こどもたちはこれがいいもののようだ。

ban_tns_01.jpg 場面はかわって夕方の万博テニスガーデン

 次女も午前中の特訓でサマになっている・・・のかな?

ban_tns_02.jpg 全面的にコートを改装したそうだ。

 オムニコートかな? 砂が気持ちよい感じだ。

ban_tns_0foot.jpg 高感度撮影の練習に隣のフットサルを撮影。

 なかなか使えるなぁ。

ban_tns_moon.jpg 夕方のお月様も手持ち撮影でこの通り。

 高感度撮影はなかなか楽しめるということだ。

posted by いなえしむろ at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

9/16〜18は乗鞍へ

国立乗鞍青少年交流の家

 国立乗鞍青少年交流の家2回目の利用になる。初日は平湯温泉、中日に乗鞍岳を目指し、最終日は高山市内で遊ぶ計画だ。時間が合えば穂高にもいってみたい。楽しみだ。

 これから各種書類を作成しないといけない。がんばろう。
posted by いなえしむろ at 13:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

葉っぱのフレディ/いのちの旅

ミュージカルを見ることにした

 8月いっぱい夏休みをとった。最後のプールとその他諸々。

 最終日である8/31にはミュージカルを見に行くことにした。メルパルクホールだから比較的近所だ。

 タイトルは「葉っぱのフレディ」。短い絵本だ。ストーリーは単純だし、日本語訳がええ加減だと論争を呼んでいるらしいが、いいお話らしい。

 楽しみにしておこう。
posted by いなえしむろ at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月20日

プールと夏祭り

午前はプール、午後は夏祭り

 溶けるほど暑い週末。点検が終わったプールにいくことにした。

kanpu8200.jpg


kanpu8201.jpg どこから見てもプールとは思えない格好で次女が飛ぶ。

 若狭キャンプの成果なのか、シュノーケル&フィンがお気に入りのようだ。

 足はマリン・シューズではなくマリン・ソックスらしい。素材の進歩かな。

kanpu8202.jpg さすがに足に合うフィンがない三女はジャンプを鼓舞。

 飛べ飛べ天まであがれ!

 To be to be ten made agare.

 ジャンプに犬かきに潜水と水さえあれば何もいらない三女だった。

kanpufin.jpg パパはというと手のひらに太陽を

 要するに手用のフィンだ。平泳ぎはイマイチだが、クロールではけっこう効果がある。

natuma8200.jpg 午後(夕方)は小学校で夏祭り。

 お気に入りの浴衣でお好み焼き(200円)を食して大満足。

 O157騒ぎはなくなったが、夏は食中毒が怖いなぁ。

natuma8201.jpg PENTAX *ist DL の高感度撮影でノンフラッシュの絵がこれ。

 なかなかいい絵になっている。

natuma8202.jpg 太鼓も躍動感があっていいかな。

 ちょっとこの高感度撮影は癖になりそうだ。なかなかいいおもちゃだわ。
posted by いなえしむろ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月19日

新型パジェロ

期待はずれだ

 新型パジェロがでるというので見に行った。もちろんカタログだけだ。

 結果は期待はずれ。今のパジェロと性能はまったく変化無し。デザインが少し変わっただけ。これなら今のモデルを買いたたく方が賢いな。

 新型デリカは来年2月だそうな。こっちに期待することにしよう。

 久しぶりに三菱のサイトに行ったら、なかなかおもしろいものを見つけた。細かい作業が必要だが、夏休みの工作にいいかな?
posted by いなえしむろ at 10:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月17日

太陽系12惑星

長女の参観日を思い出す

 冥王星が惑星( Planet )から冥王星族( Plutons )という新しいジャンルの惑星に格下げになるらしい。

 そもそも最初から小さすぎるし、公転周期(200年)が長すぎたのだという。

 同時に発見当時冥王星の衛星と思われていた二重惑星カロンもこの新ジャンルの仲間入りだそうだ。

 ニュースはまだある。2004年に発見された太陽系第10惑星ゼナ(2003UB313)セドナを押しのけてこのジャンルに新登場だそうだ。

 長女が5年か6年の頃、理科の授業中に太陽系惑星はセドナを含め10個あると答えて失笑を買ったのがつい先日のようだ。(知識を出す場を間違えたとは思うが、長女は正しい知識を持っていたわけだ)。
注)セドナは今回惑星とはなっていない。

 さらに火星と木星の間にあるセレス(ケレス?)が矮惑星Dwarf Planet )として分類されるらしい。

 水金地火セ木土天海冥カゼナってな感じで覚えるんだろうか? それとも水金地火セ木土天海&冥カゼがいいのだろうか?

 まだまだ新しいことはいっぱいあるんだね。

12planet.jpg

 左から水星、金星、地球、火星、セレスNEW、木星、土星、天王星、海王星、冥王星、カロンNEWゼナ(2003UB313)NEW

by 国際天文学連合:Martin Kornmesser
posted by いなえしむろ at 16:33| Comment(4) | TrackBack(0) | 天体観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

ウォーターランド 大混雑!

すいているとの読みは大ハズレ

 平日しかもお盆だからすいていると読んだのだが大間違い。開場10分前の9:20にはすでに駐車場満員御礼。臨時駐車場に回ることに。中も当然いっぱい。

waterland.jpg


grgr1.jpg 気を取り直して、Amazonでゲットした新型遊具うずまきぐるぐる フロートを試験運転

 混雑時には迷惑になりそうだが、子どもたちは大喜び。

grgr2.jpg 標準系はこの通りぐるぐる巻きなんだろう。

 ほかにもストレートとか各種の技が楽しめる。いい買い物だった。

grgr_lunch.jpg お昼は少し早めにカップ麺(200円)。

 こどもはカップ麺が好きだからそれはそれでいいだろう。下手な調理よりも安心だ。

grgr_kansi.jpg 監視員はいつもの通り張り切っている。

 初めて見る女性監視員だ。ライフガードのTシャツがかっこいいね。

 ただでさえ混雑している中、徐々に深くなる海のプールではかなりの監視員が貼り付いていた。いいことだ。

 いつも思うが、ここの監視員はけっこういい感じだ。守っているという感じが前面に出ている。リーダーがしっかりしているんだろう。

grgr_hikitugi.jpg 交代での引き継ぎもけっこう真剣さが見える。

 ほとんど立ったままの警備だから疲れるんだろうなぁと思うが、若いんだから体力を鍛えよと言うことか。

 その割には色白なのが少しだけ気になる・・・。

grgr_shp11.jpg 9:30から13:30までたっぷりと遊んでから外でおやつタイム

 外は3つの出店。最初の店が氷、焼きそば、唐揚げと一番目立つ。

grgr_shop2.jpg 2番目はインパクトがない。

 次女が大学いもを注文したら「昨日のだからただでいいよ」といってくれたらしい。大丈夫か?

grgr_shop31.jpg がんばっているのがこの3番目。

 「氷が違うよ」「ふわふわだよ」「本物の氷を使っているからガリガリじゃないよ」「よそとは違うよ」

 かなり挑戦的かつ派手なセールストークだ。

grgr_shop315.jpg セールス・トークがとぎれなければ、どしどし客が集まる。

 家でかき氷を作るとがりがりになる経験は誰でもするものだから、本物の氷というのはわかりやすい。

grgr_shop32.jpg 2枚看板娘揺れるハートがいるんだから、そんなドギツイかけ声しなくてもいいのにと思うのはパパだけか。


 ちなみに、最初の店で見た氷の看板。最近はこんなに種類があるんだね。濃縮ミルクも込みで200円は安いかな。もっともふわふわじゃなくがりがりだけれど。

grgr_koori.jpg
posted by いなえしむろ at 16:07| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

破獄(吉村昭)

故人を偲んで

hagoku.jpg 先日亡くなった作家を偲ぶ。

 吉村作品に対するこれまでの私の感想は「あっ、そう」だった。淡々と進む筋を追うんだが、それは記録映画のノリでありそこに取りたてて感動はなかった

 初めて読んだのが「高熱隧道」。それ以外は「あっ、そう」状態だったのだ。

 今回の「破獄」は違った。けっこう感動的なストーリーだ。記録と言うよりも小説だ。私にとってはこれまでで最高作かな。

 360ページの作品で343ページから後が最高にいいと思う。17ページのためだけに残りの343ページが存在しているんだと思う。

 4回の脱獄のやり方はどうでもよい。ミステリーではないのだからそこに興味はない。主人公と言える破獄犯佐久間の心模様が本作の最大のストーリーだろう。

 佐久間が4回の脱獄を繰り返す間に日本は戦争に負け、刑務所の統治もアメリカ人となる。佐久間は府中刑務所に送られるが、そこの鈴江所長は佐久間を人情的対応で更生させようとする。

 所長が出張しているとき、所から緊急連絡が入る。「佐久間の脱獄か?」というところが343ページとなる。私としては人情的というような甘い処置ではだめだと思うので脱獄したのだと思ったが、実は全く違う用事だった。

 佐久間は「もう疲れた」といい脱獄はしないのだという。所長が偉いのは、佐久間の心変わりは、自分の人情的措置のせいではなく、たまたま佐久間が衰えてきた頃に当たったのだと考える。頭がいいというか謙虚というのか。私はその所長の言葉に感銘を受けた

 人は人が簡単に動かせるものではない。それぞれに意志がありそれぞれが個の動きをするんだと思う。個人的には、教育とか更生ってのは宗教的でどうも好きではないな。

 さて、物語は刑務所から仮釈放かなにかで世間に出た佐久間が映画館で倒れるところで終わる。2人も人を殺した殺人犯が世間へでるのかという素朴な疑問が残るが、それはそれで戦時中のことだからなぁ。

とにかくいい小説だった
posted by いなえしむろ at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月15日

今日は松屋の牛めし

350円みそ汁付き

 安いのはいいんだけれど、公式サイトによれば牛めしには2種類あるようだ。

 加えて地域・時間(AM11時)限定メニュー「国産牛肉100% 松牛めし」ってのもあるようだ。

 今朝食ったのは「新作 牛めし」なのか「牛めし(オーストラリア産牛肉使用)」なのかどっちなんだろう? 

 サイトによれば、「牛めし(オーストラリア産牛肉使用)」の取り扱い店舗の西限は福井県のようだから、店内でポスターを見かけた気がするが、今朝の牛めしはオーストラリア産ではなさそうだ。ま、いいか。

 お昼はなんばへ出て行って散髪してから中央軒皿うどん

saraudon.jpg


しかしこれで本当にやせるんだろうか?
posted by いなえしむろ at 08:19| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月14日

今朝は宮本むなし

朝からコロッケ?

 今朝も日本橋で途中下車し、先日のやよい軒に隣接する宮本むなしへ。変な店名の由来は社長の思い出らしい。

 朝からボタンの掛け違いで「ホクホクコロッケ定食」を食することに。ま、それはそれでうまかったのだが・・・。

 ハムと目玉焼の定食 380円、和定食(シャケと納豆)420円が朝定食として用意されているようなので、明日はこれにトライかな。

 なお、ここ数日写真がない。SViが故障したからだ。レンズバリアの開閉が思わしくない。もちろん保証期間なので現在修理中。そろそろXactiの出番かな。
posted by いなえしむろ at 15:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月13日

吹田市立 北千里市民プール

自分の町の市民プール

 10年ぶりだろうか。久しぶりに三女と北千里市民プールにいった。三女は初めてのはずだ。

 駐車場は無料。入場料は2時間制大人200円、こども100円だ。ロッカーのコインは専用コインでこれも無料

 これといった特徴もなく、水質も悪い。流水もなければスライダーもない。だから安全。つまり安全と安さだけが取り柄のプールだ。職員が多めなので、雇用のために開業しているんじゃないかと疑うほどだ。
(実際にそうだろうと想像する)

 かなり古いプールだが、これからもお世話になるときがあるだろうか? たぶん、もういくことはないだろうな。

 これまでヤナセなどで新車を物色していたのが、諸事情によりハナテン中古車センターでセコハンを物色せざるを得なくなった。こんな感じがするプール紀行だった。
posted by いなえしむろ at 16:53| Comment(2) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月12日

高槻市立 芥川緑地プール「ぷーるぴあ」

近隣都市プール巡り第二弾

 今日はあくあぴあ芥川(芥川緑地資料館)に近接する
芥川緑地プール「ぷーるぴあ」に出陣。

acta_slider.jpg 事前にスライダーの身長制限が120cmであること(つまり三女が使えること)を確認して2本あるスライダーに挑戦する。

 長さは160mタイプ(緑)と100mタイプ(青)だ。

acta_slider2.jpg 入り組んではいるが、スタート地点から着水地点が両方とも見渡すことができる構造で一安心。

 次あがってくるのがつらそうだけれど、とにかくスタートすることに。

acta_iza_slide.jpg 出陣前にハイポーズ。

 特に緊張感もなく、楽しみにしている様子だ。

acta_sluide_start.jpg 緊張のスタート!

 さて、スピードはどの程度出るのかな?

acta_slider_go.jpg ようやく許可が出て、まずは三女からゴー!

 体を寝かせてスピードを出す三女。慣れたものだ。

acta_slider_jijo.jpg 次女もすっとぶが、体を起こしている分だけスピードが出ていない。

acta_jaguji.jpg 楽しんだ後は、流れるプールで遊んでから、ジャグジーでゆったり!

acta_zouha.jpg 楽しみにしていた造波プールは浅くておもしろくないそうだ。

 これはミリカプールの方がいいかな。

acta_zouha2.jpg それでもけっこうな人出だし、そこそこ最前列で楽しんだようだが。

acta_shasinkyoka.jpg ちなみにここのプール内での写真撮影は許可制

 このカードがないと写真撮影ができない。いいアイデアだがどうかなぁ?

kansiin.jpg 監視員も眼が真剣だ。

 気合いが入っていることはいいことだ。

kabnsiin2.jpg トランシーバーに拡声器を駆使している様子はなかなか物々しい。

 プールでたっぷりと遊んだ後は、近くの河原で少し遊んでから帰ることにした。ディキャンプもできるこの河原はなかなか楽しそうだ。春か秋にはいいかな。三女がとてもうれしそう。

actagawa.jpg


 プールは10時開園の3時間制大人1,000円、こども500円。しかし、ファミリーセットというのを使えば大人一人とこどもで1,200円。不思議な料金体系だ。

 駐車場は400円/日と延長料金も含め先の茨木と同じシステムだ。もっとも今回は1時間超過したが見逃してくれたのでうれしい! 開園も10分早めてくれたし、高槻市は茨木市よりいい感じだ。
posted by いなえしむろ at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

久しぶりにうまい酒を@幸楽

昔の仲間と一献

 いいものだ。思い出話に、趣味の話。酒もあてもうまい。定期的に飲みたい。

kouraku.jpg
posted by いなえしむろ at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

任天堂ゲーム機研究

久しぶりにゲームねた

 こども用にLiteが3台ある。白、水色、ピンクだ。予備機として、NINTENDO DS 北米版もある。

 最近になって前から気になっていたミクロをゲットした。黒と青の2台。画面が小さいが、ポケットに入れておくにはちょうどいい大きさだ。

anyu.jpg そこで再び GBAline を使い出した。重いWebも健在だ。

manji.jpg さすがに64Mのカート(上、水色)は壊れているようだが、128Mのカート(下、クリア)は健在のようだ。

 今となっては容量が小さすぎるし時計機能もないが、まだ使える。

 こうなったらついでだとばかりに、EZ-Flash II と256Mのカートも探し出してきた。公式サイトはより発展し、すでにシリーズは4が最新だそうな。

nds_majikon.jpg ちょっと刺激されてしまったので、こんな本を買って研究を再開することにした。

 EZ-Flash III でも買ってみようかな。それとも、DS用のマジコンを買ってみようかな。う〜ん、楽しい研究材料ができたぞ。

posted by いなえしむろ at 14:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日の朝食

日本橋駅で途中下車

yayoiken_out.jpg 外食シリーズ。

 日本橋駅近傍を散策中。24時間営業のやよい軒日本橋店に決定。

yayoiken.jpg 朝の定食は「納豆、目玉焼、焼シャケ」から選択。

 今日は目玉焼ご飯おかわり自由という悪魔の誘いに玉砕

 昨夜飲み会だったので、多少気が大きくなったかな? ま、いいか。
posted by いなえしむろ at 09:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月07日

ダイエットにトライ

8月中に82kgに戻す

 禁煙前は82kgだったと思う(84kgだったかもしれない)。はかっていないが、今はもっとあるだろう。腹の出具合でわかる。

24mesi_out.jpg 朝食を外食にすることにした。

 少しでも摂取する時間を遅らせて、昼の量を減らす作戦。

 ここは会社の近所の24時間食堂「末富」だ。
(別に有名でも何でもない)

24mesi_in.jpg なかはふつうの食堂。

 今日の客は私一人。

24mesi_into.jpg こうした「採り放題」の環境がダイエットには悪い。

 したがってここには見向きしないようにする。

24mesi.jpg 朝定食鯖(焼き、煮付け)or鮭だ。

 今日は鯖にトライ。あまりうまくなかったが、500円だからよしとしよう。

 こうして、昼は麺類のみに限定している。米を食わない。これでダイエットできるだろうか? もちろんこれは自己流ダイエットであり、効果は全く不明だ。
posted by いなえしむろ at 08:43| Comment(6) | TrackBack(0) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月06日

若狭湾海の自然学校無事修了!

そしてお迎え!

wakasa_asa.jpg 翌日は朝早起きして、うまい朝食をたっぷりと食べてから出発。

 海は貸し切りだ。

wks_ikada.jpg とてもきれいな海。水もきれいだし生物も豊富だ。

 筏まで泳いでハイポーズ。

wks_hitode.jpg 最初の生け贄はヒトデ

 興奮して空気がいっぱいだ。

wks_yoko.jpg この横縞の小魚は何だろうか?

 筏周辺にいつもいる魚だ。

wks_fugu.jpg 浅いところにいるフグ

 汽水域専門のようだ。

wks_bera.jpg どこにでもいるベラ

 こいつはくちばしからすると雄のようだ(次女の判定)。

wks_kozakana.jpg 小魚たちも足下にうようよしている。

 アジかなぁ。

wks_bora.jpg こいつは少し大きめ。

 20cm以上はあると思う。ボラかな。

charg.jpg ということでがんばった証がこれ。

 捨てようとしたら、「洗って使う」んだそうな。

 大事な思い出がいっぱい詰まったスニーカーなんだね。

posted by いなえしむろ at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

若狭小浜の田烏漁村にて

ゆったりと民宿の旅

 次女を迎えに行くだけではもったいないので、家族で田烏漁村へ海水浴に行く。

 今回は民宿をとった。よすけさんだ。料理も最高においしく、広い部屋で大満足。ゆっくりするにはいいところだろう。

takarasu_map.jpg


 田烏といっても非常に狭いところだ。海に近いと言うだけで、海水浴場もきれいだとは言えないし、客が来るのが不思議なところだ。全体的には後3年持たないだろうな。

takarasu_jump.jpg さて、きれいとは言えない海水浴場でパパと三女は筏代わりの船からジャンプ。

 ママが撮ったジャンプ写真だが、なかなか上手に撮れている。

takarasu_naminori.jpg 次は波乗りに挑戦。

 さすがにたつことはかなわず、すぐにギブアップだった。

takarasu_tori.jpg ついでに写した鳥。

 猛禽類であることは間違いないのだが、種類は不明。

 この日はビールと冷酒が効いたのかバタンQでさくっとお休みモード。楽しみにしていた星座観測もなく休養の一日だった。

posted by いなえしむろ at 17:29| Comment(2) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

二人がここにいる不思議(レイ・ブラッドベリ)

巨匠の短編を手にする

2nin.jpg 楽しみにしていた短編集だ。

 SFの色もさることながら、ブラッドベリの人間味あふれる筋を読みたかった。

 でも、玉石混合というか石ばかりというか・・・。SFとして期待しない方がいい短編集だ。


 23の短編は以下の通り。

  • 生涯の一度の夜
     古き良き時代とでもいうのだろうか。でも、意味が不明なお話。

  • トインビー・コンベクター
     100年のタイムトラベルにより明るい未来を発見して帰ってきたトラベラー。彼の影響で人類は明るい未来に向かって邁進する。

     100年後、トラベラーは当時の自分と会うタイミングにさしかかる。しかし、何も起こらない。100年前の話は暗い未来ばかりを予測することへの反抗から起こした大きな作り話だったのだ。

     いい話だ。ストーリーには数多くの矛盾を抱えながらも、人類は明るい未来を与えればさぼらずに進歩するという健康的な立場に立ったエンディングは最高だ。

  • トラップドア
     ちょっとしたミステリー。可もなく不可もなく。

  • オリエント急行、北へ
     オチが楽しいが、これもふつうの幽霊話。強いていえば、信じてやると元気になるという幽霊がほほえましい。この意味でネバーエンディング・ストーリーっぽいかな。

  • 十月の西
     一人の体にたくさんの人格が・・・というSFっぽいテーマなんだが、消化不良。

  • 最後のサーカス
     趣のあるいい話なんだが、今ひとつ雰囲気が伝わらずに終わったなぁ。

  • ローレル・アンド・ハーディ恋愛騒動
     きれいなエンディングを見せるラブ・ストーリー。それぞれの家庭を持った二人が出会うシーンはバタフライ・エフェクトのラストを思い出した。

  • 二人がここにいる不思議
     亡き父母をレストランにに招待する。父から「おもしろくない奴」と告白され驚く主人公。父母は食事が終わると墓地に帰っていく。

     主人公はこどもとの会食をキャンセルする。意味が深くてわかりにくい感じだ。タイトル作だし再読の必要があるかな。

  • さよなら、ラファイエット
     ヴォネガットっぽい雰囲気。戦争体験が色濃く残る老人と隣に住む作家。老人は天寿を全うし、瞬間を切り取った写真が作家の手に残る。

     いい味なんだが、ラストがぴりっとしない。全体的にこんな感じが多いのは、作者より訳者のせいかも・・・。

  • バンシー
     オカルト作。なんだか意図不明。ひねりもないし直球すぎておもしろくない。

  • プロミセズ、プロミセズ
     事故死寸前の愛娘を助けるため、愛人との決別を神に約束する男。愛人はキリスト教徒で神に誓ったことを破ることができない。

     ジレンマは「なぜ私より娘を選んだのか」という叫びになる。おもしろいような、そうでないような・・・。

  • 恋心
     火星人が侵略者である地球人に恋をして、会いに行くのだが、結末はどうなるんだろうってな作品。イマイチ。

  • ご領主に乾杯、別れに乾杯!
     ワイン好きの老人が亡くなり、通夜の席でワインパーティーをという感じ。これもなぁ・・・。

  • ときは6月、ある真夜中
     意味不明。

  • ゆるしの夜
     なかなかいいタッチ。牧師が懺悔する感じ。

  • 号令に合わせて
     意味不明シリーズ。軍隊ごっこの父を持つ子の未来はどうなったのか。オチがよくわからん。

  • かすかな刺
     未来の自分と電車の中で出会う。未来の自分は妻を殺したという。ワクワクしそうなはじまり方なんだが、終わりが全然すっきりしない。

  • 気長な分割
     ブラックユーモアかな。離婚で資産を山分け。ところでこどもはどう分けるのってなオチはおもしろい。

  • コンスタンスとご一緒に
     これも意図不明。

  • ジュニア
     なんだがわからないシモネタ。

  • 墓石
     ミステリーかな。はっきりしたオチはあるが、おもしろいとは思わない。

  • 階段をのぼって
     ミステリーとしては非常によくできた内容だろう。ウルトラQにでれるぞ。でも古めかしい。

  • ストーンスティル大佐の純自家製本格エジプト・ミイラ
     意味不明。
posted by いなえしむろ at 08:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月02日

iPAQ Pocket PC rx1950 ゲット!

なんさんじゃんパラにて

 映画を見る直前に衝動買い。

 iPAQ Pocket PC rx1950だ。

 W-ZERO3代替をねらっているのだが、どうだろうか。これからカスタマイズを始めるところだ。
posted by いなえしむろ at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本沈没

流行のリメイク版

nc06.jpg 映画の日には残業せずに酒飲んでから映画を見る。

 こういう方針を打ち出した。先月の映画の日は土曜日だったので今月からスタートだ。

 職場におけるメセナの開始だ。

 天狗で1時間ほど酒を飲み、千日前セントラル日本沈没を見た。

nc0601.jpg ヒロインの柴崎コウ。過去何度か見たと思うが今回は美人に見えた

 本物っぽくしようという努力が見られる前半に比べ、後半はしらけたラブ・ストーリー

 要するに特撮も見どころはなく、役者を中心に据えた映画作りの感じ。役者のための映画かな。見ない方がいいと思う映画だった。
posted by いなえしむろ at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。