2006年07月30日

そうだ、水中カメラだ!

これで完璧

 水の中を写すのだから水中カメラを使えばいい。さっそく水槽につっこんで撮影。

siro2_up.jpg は〜い、私が新入りのシロメ2(名称未定)よ(雄だったか雌だったか?)。

 金色の先輩と違って真っ白い肌がキュートでしょ。

siro2_era.jpg 自慢のエラを見てちょうだい。

 まだまだ成長して大きくなる感じだわ。

siro1_era.jpg ちょっと、待ったぁ〜!

 先輩のエラも見てもらおう。威風堂々。完璧に育ったエラだ。

siro12.jpg まま、そういわず。

 仲良くこの水槽で暮らしていきましょうね。

kenko_mae.jpg ということで同じ仲間のイモリ君。すでに何匹か脱走してしまった。

 去る者追わず来る者食って生きようぜ。なかなか金魚の餌もうまいし、住み心地いいな、ここ。

dead_mae.jpg ザリガニにしっぽを切られたイモリ君の傷はまだ回復しない。

 長時間下半身を挟まれていたこともあり、かなりガリガリ。このままじゃ漢方薬になってしまう。がんばれ!

ebiebi.jpg こいつはついでのヌマエビ。

 フラッシュを浴びると透明になるようだ。研究の余地はあるな。

zari2.jpg そして拘束中の犯人たち。

 どちらがイモリ君を殺傷したのはまだ自白はない。

 同時に捜査当局もさすがにこの水槽に水中カメラを入れる勇気がない。

kame_ino.jpg 忘れるところだった。

 これが預かっているカメ君。

 おっと、うちの新入りゼニガメの写真を忘れた。参ったな。


7月31日追記
・ザリガニは1匹が罪を認めて自害
・共犯と思しきイモリは3匹が逃走、被害者の1匹はとうとう死亡
・新入りのゼニガメの元気がなくヤバイ・・・8/1永眠
posted by いなえしむろ at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

続・スリングショット

俗に言うパチンコ

sshoto3.jpg に言うパチンコの続編

 要するに2千円ほどで安物を一つ追加したという報告。練習する場所とタイミングがないのだが、楽しみにしておきたい。

 ちなみにスリングショットはここがけっこう安くて品揃えがよい。くりさんおすすめだ。私も何度か利用済みだ。
posted by いなえしむろ at 16:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は元気に市民プール!

茨木市立西河原市民プールへ

 今日は新しいプールを物色する予定。スライダーと流水プールが売りの隣町市民プールへ行こうと決める。

 開園前に長い行列ができている。加えてそれを仕切る警備員が極めて不手際。にもかかわらず、券売機のオープンは10時ぴったり。扉の中でだべっている職員に5分前にあけるという配慮のかけらはまったく見られない。
(ウォーターランドは9:30開園、券売機は9:20過ぎオープン)

 田舎の地方都市はこうなるんだろうか。仕方ないけれど、施設が勝ちすぎているんだろう。人よりモノが先行する田舎の悲劇だろうか。

iba_pool.jpg


 しかし、そうしている間に天気はぐんぐん快晴方向に! 見上げればでっかい入道雲に青空に大歓声! いい風景だ。

iba_side.jpg プールサイドは走らない・・・無理だわな。

 流れるプールで「恐怖の穴」(水の出口)捜し。流水が弱めで一周が少し狭いようだが、それなりに楽しむ。

iba_2f.jpg 次にスライダーと思ったら身長130cm以上

 調査不足!パパのミスだ。

 融通が利きそうにない監視員が交代するまで温水プールでごまかそう。

iba_2f2.jpg こっちは逆方向から。

 このプールは地上3階部分が温水プール。2階部分がレストラン。1階が屋外プールになっている。なかなかいいプールだ。

iba_hiru.jpg ついでに水着のままでお食事。

 窓際の四人席を一人だけで優雅に陣取る見学モードのママどもを排除すべきところだが、文句は言わずにラーメンと三女好物のきつねうどん。

iba_sl1.jpg ほとぼりが冷めた頃合いで監視の目をすり抜けスライダーへ。

 苦もなく監視をすり抜けて、まずは生滑り。

iba_sl2.jpg 続いて浮き輪を使ってのスライディング。

 こっちは少し恐かったそうな。

 たっぷり遊んで1時間の延長。駐車場は時間制ではなく一日いくらという料金だからいいんだが、プールの方は入場料が1,000円/3時間。延長は500円/時間

iba_hiru2.jpg 帰りは帰りでフレンドリーにてかき氷とアイスクリーム。

 長女/次女がいないので一人っ子状態だ。レジへ進むとここでは現金オンリーだって。知らなかった。

 今時そんなファミレスがあるのか。フレンドリー恐るべし。

《エピローグ》

 おもしろい絵が撮れた。滝が止まっている。今日水中カメラの出番はなかったが、なかなかふつうのコンパクトデジカメもおもしろい。

 ちなみに、ここのプールは写真撮影禁止だそうだ。後で気がついたのだが・・・。

iba_taki.jpg
posted by いなえしむろ at 16:07| Comment(2) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月29日

カメを預かったので

ペット増殖中

 友人一家が旅行なのでカメを預かった。それをきっかけに(意図不明)増殖中。

zari.jpg まずはザリガニ2匹(@150円)。

 金魚の餌を食うわ食うわ! 大食漢だったことを思い出した。一緒にイモリ(後述)を入れたら一気にはさみでしっぽを切って胴体も切断寸前に。あわてて救出した次第。どこが人畜無害か・・・。

imori.jpg 被害者イモリ

 飼い方は簡単だが、脱走が問題。フタのない環境でいつまでもつかが心配だ。全部で5個体(@180円)。

uper.jpg 本日の目玉白い目玉ウーパールーパー(正式名アホロートル)。

 夜になってから撮ったので非常に写真が悪いのだが、仲良く先輩とツーショットである。

dojo.jpg ちなみに、夜でもじっくり撮れるのんびり屋のシマドジョウも水槽に同居中。


追伸)
 今日の主役「ゼニガメ」君は明日(以降)の登場。要するに写真を撮るのを忘れたから。かわいそう・・・。
posted by いなえしむろ at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ETC無料キャンペーン

阪神高速ETC化キャンペーン

tru.jpg 適当に送ったら適用になった。なんでもスルーウェイカード販促だそうな。

 カードはさくっと解約ってな反則は通用するかしらん?

 取り付け費用がかかるというのが落とし穴。3〜5千円かかるそうな。軽自動車につける予定だけれど捨てようかなぁ。それとも一体型だし電源取るだけだから自分でやろうかなぁ。無理だろうなぁ。
posted by いなえしむろ at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 自動車 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緑地ウォーターランド&吹田まつり

3年連続だが三女だけ

 2004年2005年に続き、今年もウォーターランド

 しかし、参加者は三女のみという寂しい状況。これからもこんな状態が続くのだろう。寂しくなるなたらーっ(汗)
wl01.jpg


wl_river.jpg 今回も川のプールからスタート。開演(9:30)と同時に入っただけに最初はすいていた。

 まずは水中で、はいポーズ!

wl_river2.jpg ところがすぐにこの状態。

 家族に中高生にと大にぎわい。さすがにこの状態では水中カメラは使えず、光学5倍ズームでお茶を濁すことにした。

wl_umi.jpg 海のプールへ逃げ込んでも結果は似たようなもの。

 それでも水が温かいし、滝は打たせ湯いい気分(温泉)のようでよかったわい。

wl_suberi.jpg もちろん、滑り台も3回トライ。

 3コースを試しておもしろかったそうな。なかなかちゃんと撮れている。実はこの絵は水中カメラで撮ったもの。さすがに新しいカメラはシャッターチャンスに強い。

 結局2:30までプールにいた。パーキングは900円。入場料大人1,000円、こども500円に昼食がカレーとピラフと焼きそばで1,500円程度。

 昼食時間を含め約5時間のプールだったので三女も大喜び。帰りはマクドナルドに立ち寄って、大好きなチョコシェイクを食べて無事帰りました。

s_mtr_street.jpg 続いて夕方からは吹田まつりに。37回目だそうだ。

 夜店を楽しみに自転車で現地に向かった(約5分だが)。

s_mtr02.jpg 変わったお店はTDLよろしく光り物専門店

 ハキハキした若い娘が感じよく売りさばいている。でもTDLって柄ではなかったな。

 きっとすぐに電池が無くなるんだろうなぁと思いながら、300〜500円の小物をゲット。ペンダントやヨーヨーが光るのは楽しいみたいだ。真剣に物色中

s_matr_tori.jpg 人気は定番焼鳥屋

 炭火に炎に煙+ビールビールが最高だった。

s_mtr01.jpg きれいさでは「こんぺいとうの店」。

 カラフルさが伝わるかなぁ。夜になるとライティングを考えないといけないだろうなぁ。人ごとだけれど。

s_mtr_potato.jpg きれいでいうなら今大会ナンバーワンはこのお店だろう。

 親子だろうか? いい味がでていたね。

posted by いなえしむろ at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Optio SVi ズームの性能は?

とにかく設計が古いがギリギリ合格

svi_siken.jpg 衝動買いOptio SVi の性能試験をしてみた。

 上からW端、T端(5倍)、デジタルズーム(4倍で合計20倍)だ。

 デジタルズームは使用に耐えない。荒くなりすぎる。よっぽどの晴天なら使えなくもないが、やはりしんどいレベル。

 T端の光学ズームはかろうじて合格レベル。これだけが魅力だもんなぁ。

 そもそも電池の持ちが悪く、レリーズも遅いという前世代のデジカメだから仕方ないが、1万4千円という価格で我慢しようか。
posted by いなえしむろ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

シャーロック・ホームズの思い出(コナン・ドイル)

二番目の短編集で一応のエンド

omoide.jpg 「シャーロック・ホームズの冒険」に続く二番目の短編集

 ここでホームズは死に一応シリーズは終わるが、強い要望により「シャーロック・ホームズの帰還」で復活することになる。

 すでに後期三部作は終わっているから、次は初期三部作の残り「冒険」「帰還」を読みたいな。

 ちなみにすでに読了している後期三部作は次の通り。

 「シャーロック・ホームズ最後の挨拶」「シャーロック・ホームズの事件簿」「シャーロック・ホームズの叡智」。

 そして今回の作品は以下の通り。
  • 白銀号事件
     有名な競走馬が行方不明になるという筋。真犯人はウマだったというのがなかなかおもしろい。

  • 黄いろい顔
     こどもの頃に読んだ覚えがある。なぜかよく覚えている。黒人のイメージが強かったからかなぁ。

  • 株式仲買店員
     この手のアイデアは使い尽くされており、ちょっとマンネリ化。

  • グロリア・スコット号
     ホームズが探偵を志すきっかけとなった事件とのふれこみで、けっこう貴重でかつおもしろい作品だ。暗号という手法もあるし、謎解きの楽しさがここにある。

  • マスグレーヴ家の儀式
     同じく宝探しの色合いが濃い筋でなかなか楽しめる作品だ。

  • 背の曲った男
     よくある話で密室殺人となるんだが、イマイチかな。

  • 入院患者
     被害者が実は悪党の一味だったという筋だが、同じようなアイデアが続くので飽きてくる

  • ギリシャ語通訳
     兄のマイクロフトがはじめて登場する話。すっきりしないラストはもっともらしくていいんだが、切れ味という意味では今ひとつ。

  • 海軍条約文書事件
     これが一番おもしろかったかな。なんか複雑な動機と犯人候補があって、読者としては犯人捜しの楽しさが味わえた。いい作品だ。

  • 最後の事件
     ホームズ最後の作品のはず。すでにアイデアも枯れてきたと見える頃なので、この辺でホームズものを終わらせるつもりだったんだろう。結果的には終わらなかったし、この後にもすばらしい作品があるのだが、一応の区切りはここだろう。

posted by いなえしむろ at 08:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月26日

スリングショット

俗に言うパチンコ

sshot.jpg ゲットした。野良猫・カラス対策とするには大げさすぎる。

 かなり強力なもののようで、購入時(3千円ちょっと)には身分証明書の提示が必須だ。

 ここまで大げさだと使えない。玉は軽いものにしないといけないな。

sshot2.jpg ものとしては、しっかりとした説明書がついているし、箱の内側にもしつこいほどの説明がある。

 まぁまぁ許せるおもちゃかな。
 

posted by いなえしむろ at 09:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月25日

なんば昼食ツアー

自由軒名物カレー

10tei2.jpg 今日は出張。

 日本橋をうろついて、カーズのDS用ゲームを買ってからなんばに到着。

 どこで昼食しようかとぶらぶら重亭がお休みだったのでまた迷う。
(後ろは来月の宴会場所NIJYU-MARU 千日前店

jyk0.jpg 老舗自由軒が近いので名物カレーに決定。

 さすがに平日だけれどお客さまが多い。

jyk2.jpg 店内は飾り物が多い。

 写真は台所方面。懐かしい昭和の食堂の雰囲気だ。

jyk1.jpg こっちはレジ側。

 名物おばちゃんも健在のようだ。飾り物もたっぷりとある。


 そして待ちに待った、名物カレー。辛めだけれどおいしい! 650円は安いよね。

jyk.jpg
posted by いなえしむろ at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

今日も負けずに衝動買い!

デジカメ増殖が止まらない

 先にコンデジを買ったところなのだが、ただ小さいだけで芸がないことを発見。もちろん、小さいことはそれだけで芸なんだが小さすぎて持ちにくいことも発見。

optio_svi_l.jpg さくっと処分し、発売時期からいえば旧タイプに属する別機種をゲット。

 古いので操作系がこなれていないだろうが、スナップオンリーの常時携帯コンデジなので固定モードで使うだろうからよしとしよう。

 今度の Optio SVi91.5x56x28mm(150g)と大きさと引き替えに光学5倍ズームと3cmマクロが売り。

 個人的に、常時携帯コンデジには大きな液晶画面のモデルは不要だと思う。常時持ち歩くことを考えるとどうしても「傷が付かないか」とかいらんことを考えてしまって使い切れないからだ。貧乏性かな。

posted by いなえしむろ at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メド・シップ 禁断の世界(マレイ・ラインスター)

テレビ・シリーズにしたら楽しいだろうな

kindan.jpg B級とはいえないまでもそれに近いSF。

 医療宇宙船メド・シップに乗った一人の人間と一匹のペットが、辺境の植民星を旅しながら、それぞれの持つ難問を解決していくというもの。

 1960年の発表だけに古さがぬぐい切れていない。やっぱりB級だな。
posted by いなえしむろ at 14:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月23日

若狭湾海の自然学校 はじまる!

待ちに待った14泊15日

 参加者である次女を見送りするため、MapFan WebるーとMapを用いて事前準備し、ママと三女を乗せて一路若狭へ。

 小浜西IC経由で現地までノンストップで約2.5時間と予想外に早くついたので、プライベート・ビーチで遊ぶことに。

wks01.jpg まずは少し沖にあるまで泳ぐことにした。

 三女も浮き輪を使って挑戦。それはそれで満足のようで、何度もトライしていた。

wks02.jpg 次に水面をスイスイ泳ぐ若狭湾の稚魚たちを捕まえる遊び。

 水中めがねにたっぷりと稚魚をすくい取ることができた。こいつはホウボウだろうか? 後で調査してみよう。


 プライベート・ビーチの全景はこんな感じ。写真手前から、筏遊び・水泳・シーカヤックのエリアとなっているようだ。

wks04.jpg


wks07.jpg 写真手前にはタイド・プールがあり箱めがねを利用した磯の生物観察ができる。

 魚にヤドカリにとけっこう見つかるもので、三女も大喜び。

wks05.jpg ちょうど団体さんがやってきた。

 どこかの小学校のようだ。筏の訓練をしている。楽しそうだ。
(奥はタイド・プール)

wks06.jpg こっちは水泳。奥にはシーカヤックの準備が見える。

 この日は大阪府、京都府、滋賀県から小学校が入ってきていた。

 して、わが子はどうなったのか? 毎日出してくれるレポートが唯一の便りだ。最初はガチガチに緊張していたようだが、夜には笑顔も見えている。

 大きくなって帰っておいで。なんせ、14泊15日は日本最長のキャンプらしいから。

雨よ、早くあがっておくれ!
posted by いなえしむろ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月22日

ほしい・・・

L1よりもLX2

pana22s.jpg パナソニック・アメリカで新型デジカメが数多く発表されている

 目につくのはこれ「LX2」だ。

 そもそもLX1にとても興味があったので、新型はより魅力的に見える。

 でも、新型はかなり性能が上がっているようだ。つまりかなり高くなりそうと言うこと。結果的に旧型となるLX1を安く買う方が賢そうだ。
posted by いなえしむろ at 14:28| Comment(2) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月17日

カーズ

文句なしのそつない仕上げ

cars.jpg ここまでくると様式美

 トイ・ストーリーバグズ・ライフと続いてきた雰囲気がそのままPIXAR正常進化

 公式サイトでは、トイ・ストーリー、ファインディング・ニモが前面に出ている。でも似ているのはバグズ・ライフだと思うな。

cars4.jpg 次女がお気に入りのかわいいラブストーリーもあるし、みんなが集まってハッピーエンドっていう感じやエンディングもよく似ている。

 ちなみに主人公マックィーンのガールフレンドはポルシェのサリー。これってやっぱりこのお話?って思ってしまうね。

 次女はマックィーンとサリーのドライブシーンがよかったとのこと。お年頃だからね。好きなのはレッドだそうな。はにかみ屋の消防自動車レッド。

 三女はもちろんたくさん大好きな車がいるが、緑のひげの車は嫌いなそうな。

cras2.jpg どちらにも愛されたのがメーターだ。いい味を出しているのがわかるんだろう。

 この味は映画スタッフたちの雰囲気をも表しているような気がする。

 エンドクレジットではトイ・ストーリー、バグズ・ライフ(の芋虫役)で活躍した声優が亡くなったというような表示がでていた気がする。そうなら冥福を祈ろう。

cars3.jpg エンディングでカーズの仲間たちがトイ・ストーリーやバグズ・ライフの物まねをしているのはその辺にも理由があるのかもしれないが、詳細は不明。


ticket.jpg
 今回はWebでもらえる割引チケットを使った。次いくときのために貼り付けておこう。
(クリックで拡大)

cars1.jpg なお、今回はいつもより少し大きめの部屋だった。

 *ist DL自慢のISO 3200の威力でけっこう映画中でも写真が撮れるものだ。こっちにも感動


《エピローグ》


 7/18。気になったので調べてみた。亡くなったのは、今回はレッドの役をしたJoe Ranft って人。

 1960.3.13生まれだから、私と14日違いの同い年。2005.8.16に交通事故で亡くなったそうな。

 トイ・ストーリーとバグズ・ライフの脚本家かつ声優とのこと。wikipediaも詳しい。ようやくエンドロールの意味がわかった。気づいた人少ないだろうな。

合掌
posted by いなえしむろ at 16:28| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月15日

前哨(アーサー・C・クラーク)

最高の短編集

zensho.jpg 傑作集だ。文句なし。

 表題作の前哨は「2001年宇宙の旅」の元ネタだと言われている有名な作品。

 前に読んだ短編がイマイチおもしろくなかったこともあり、今回は非常に楽しく読めたことがうれしい。

 作品は以下の通り。
  • 第二の夜明け
     オープニングは私好みではない。異星で異生物が進化していく様を描くが、ギリシャ神話的&絵画的イメージが伝わるだけで筋がおもしろくない。

  • おお地球よ
     たった7ページの超ショートショートだが、最高にいい感じだ。地球を失った子孫たちが月から地球を見る。その何とも言えないシュールさがとても良い味を出している。

  • 破断の限界
     酸素が漏れだした宇宙船。2人の乗組員が生存する。2人では酸素が不足し、1人では何とか生存できる。

     どこかでみたような設定だ。どう解決するのかがもっとも楽しみなわけだが、SF的ではなくミステリー的な味付けとあまりぱっとしないラストはイマイチだった。

  • 歴史のひとこま
     氷河期を越すことができなかった地球人。その最期の遺産を金星人が発見する。地球人を解読しようとした金星人が見たものは何か。

     なかなか楽しいラストだが、ディズニー映画というイメージがアニメイメージが先行する日本と外国では異なるだろうから、おもしろさが伝わりにくいなぁ。

  • 優越性
     ユニークだ。最期のオチもなかなかだし、技術におぼれてどんどん戦局を悪化させていく様子が淡々と語られるあたり、とても自虐的で楽しい。いい作品だ。

  • 永劫のさすらい
     自ら冷凍睡眠で未来にワープした好戦的な支配者と未来人の出会い。それは一瞬にして支配者の抹殺で終わったという話。

     もう少し脚色すればいいテーマだと思うが、シンプルすぎてわかりにくいのが惜しい。

  • かくれんぼ
     絶品だろう。大きな宇宙空母と小さな星フォボスに降り立った一人の人間とのおいかけっこ。地表側の視点でしか描かれていないが、それぞれの行動なり焦りがうまく表現されており、わくわくする。

     挿話の形で語られる雰囲気もフィットしており、短編としてとてもいい感じだ。

  • 地球への遠征
     前哨の先駆けとも言える作品。宇宙の果てから同じ人類を探す旅に出た科学者たち。ようやく見つけた同じ人類はまだ進化途上だった。

     ロボットなどを駆使し、文化や技術を教えようするとが時間が足りない。科学者たちはやがてその地を去る。後世にバビロンと呼ばれるその地を。

     う〜ん、うまいの一言。

  • 抜け穴
     生命力が強く、決して進化をあきらめない人類を描いたとても楽しい作品。

     短編だからできるこの通信文のやりとり風の文体は、新鮮であると同時にアップテンポだ。

     原子力を発見したとたんに火星人から脅迫され、これに降伏した地球人だが、宇宙には出て行かないという約束を守りながら、火星の首都に爆弾を送り届けるという離れ業で逆転する。おもしろい!

  • 遺伝
     これもなかなか短編向け。

     パイロットの子はパイロットだなぁと思う。きっと作品のテーマは異なるんだろうが、私はそう感じた。

  • 前哨
     モノリス発見の短編だ。確かに原作といえなくもない。

     私訳を読んでみるもの一興だろう。よくできている。
posted by いなえしむろ at 15:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3連休はプールで開始

どこもいかない3連休

0715_kanpu.jpg 長女が中学生になるとクラブ活動やら何やらで家族旅行になかなか行けない。

 この3連休もどこにもいけない。よってまずはプール!

shu_sho.jpg 今日は若狭に備えてシュノーケルの練習。

 室戸でもやった経験があるのですぐに慣れたようだ。今日は平泳ぎで200m完泳!

shu_noko.jpg 三女は特に予定がないのだが、今後のために練習。

 何の苦もなくサクっと使いこなしている。強いわ、三女は。

jump_noko.jpg ジャンプ大会も実施。

 スポーツモードで撮ると、なかなか迫力ある絵が撮れた。いいなぁ、PENTAX。

waterplay2.jpg 帰ってきてから三女は男の子連中と家の前で水遊び。

 夏場の水道代が高い理由はこれ。

waterplay.jpg たっぷり水浸しになってハイポーズ

 家に帰ったらしかられるんじゃないのぉ? 大丈夫かなぁと言いながらも水をぶっかけているのはパパだったりするからどうしようもない。
posted by いなえしむろ at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月13日

プール参観

次女と三女のプール参観

poolsankan1.jpg プールを見に行くわけではない。体育の水泳の参加日だ。

 ちょうど二女・三女が連続だったので助かった。みんな元気に水遊び。こどもは水が大好きだ。

 三女には小さすぎるプールなので、午後からはまた定番のプールに行こうと言うだろうな。宿題がなければそれもいいだろう。

aosagi1.jpg 帰りにいつもの田んぼ近くの王子池でアオサギ発見。

 あいかわらず遠いが、今度はデジイチ(*istDL)で撮影。ちょっとはましか。

 この辺に棲んでいるようだから、いずれフルショットが撮れるだろう。
posted by いなえしむろ at 14:04| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月12日

ダイアモンドよ永遠に

Shine On You , Crazy Diamond

冥福を祈る
posted by いなえしむろ at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月11日

里山の自然学校 紀泉わいわい村 里山キャンプは?

夏休み 里山キャンプは三女向き?

 わが家の定番「紀泉わいわい村」でも小さなキャンプが計画されている。あまりに小さいのでどうかと思うが、三女にぴったりのキャンプがないので、これにしようかと思案中。

 相変わらずここの村民は Web の使い方が悪くて、Web だけではなにもわからないシステムになっている。メールを出しているが、メールも危険意味深長)だし、電話で聞いてみることにしようかな。
posted by いなえしむろ at 20:42| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

14泊15日 海の自然学校@若狭湾

次女が楽しみな15日間

 国立若狭青少年自然の家主催行事「若狭湾 海の自然学校」に当選した。

 小学5・6年生だけ20名のチャレンジャーだ。聞くところによると遠くは中国上海、徳島、愛知、奈良からの参加申し込みがあったそうな。

 長女は国立立山青少年自然の家の「真夏のチャレンジ立山&富山湾」で大きくなった。長女が6年生の時、もう2年前のことになる。

 次女は若狭で大きくなって帰ってくるだろうか。

とても楽しみだ

posted by いなえしむろ at 10:24| Comment(4) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月09日

さよなら、コンデジたち

一気に処分セール

 まずはCOOLPIX775。去年の暮れに買って結局一度も使わなかったというのが本音。デザインが好きだったんだけれどなぁ。

namida1.jpg 次にはRICOH Caplio G3。悪くなんだけれどなぁ。

 起動の遅さが気になったかな。

 この通り超強力マクロでけっこういい絵が撮れるのに。

 そろそろ、Xactiがやばいかなぁ。出番ないしなぁ。

 今愛用しているのは、デジイチが3台

 5万円キスデジ+標準レンズセット(今は標準レンズを処分し、望遠専用となっている)、同じく5万円4万円*ist DL 標準レンズセットがふたつ。

 そしてコンデジが3台

 1.8万円の動画デジカメ DMX-C1防水デジカメ Optio WP、1.6万円のカードサイズデジカメ Optio S5z

 さ、どう整理しようかな。
posted by いなえしむろ at 21:01| Comment(2) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《続》ようこそ テレコンワールドへ

理論上は900mm?

 新しいレンズをゲットした。SIGMA 70-300mm 1:4-5.6 DL MACRO SUPER だ。SIGMAのWebにも載っていない旧型レンズ

 デジキスで使えば1.5倍になるはずだから、焦点距離は450mmになる。

600-3.jpg 加えてテレコンもゲット

 KenkoデジタルテレプラスPRO300Webにも載っている現役モデルだ。

 このふたつを合体させると焦点距離は900mmになる。

600-1.jpg 早速試したのがこの絵。

 手持ちなので多少の手ぶれがあるが、くっきりと写っているのは感動もの。

tcon04.jpg 前回のテレコンワールドの際の画像を再掲したのがこれだ。

 計算上は714mmの絵。今から考えればコンデジ+安物テレコンだからよく頑張っている。

 ということで、前回TAMRON+Kenkoテレコンは画質がぴりっとしなかったが、今回のSIGMA+Kenkoテレコンはまだましであることがわかった。

 すでにTAMRONは処分したのは正解だったようだ。SIGMAはいいなぁ。

600-2.jpg テレコンをはずして450mm相当。

 手持ちなので、思いっきり手ぶれだが、準備しておけば月もきれいに撮れそうだ。

 前回とは雲泥の差だ。楽しみ。

posted by いなえしむろ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月08日

ヴァイタル・サインズ -妊娠徴候-( ロビン・クック)

久しぶりのクック

vitalsighns.jpg 故意に卵管を詰まらせて不妊にし体外受精プログラムでもうけをたくらむ悪党との戦いを背景に、不妊のメンタル面を描いている。

 女性側から見た不妊の感情面を描いているので、取っつきにくい面があるように思う。

 要するにテーマが私好みではなかったということ。

 お話としてはオーストラリアあり、香港あり、中国ありで楽しいのかもしれないけれど、三流サスペンスものの印象が強く駄作と思うなぁ。

 アウトブレイクのヒロインを再登場させたのがより悪いと思う。別の新しいキャラで描くべきだったと思う作品。
posted by いなえしむろ at 11:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月07日

今日も元気に衝動買い!

デジカメ増殖中

s5z_s.jpg まずはコンデジ1万6千円

 コンパクトデジタルカメラ/Optio S5z。 

 小さいのがほしかったことと、PENTAXの操作性が気に入ったことで購入。

 83×55×21.5mm/105g(電池込み120g)は十分にコンパクト。


ist_dl_body.jpg 続いてデジイチ4万円

 2台目*ist DL だ。前回より1万円も安いので発作的に購入。セットの標準レンズは売り飛ばすことにしよう。
posted by いなえしむろ at 08:35| Comment(2) | TrackBack(0) | カメラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

シャーロック・ホームズ傑作選(ドイル)

とってもスピーディーな集英社版短編集

hmz_kessaku.jpg 作品も選択もさることながら、集英社版は解説や年譜が豊富

 ここだけでも保管しようと思う。

 そもそもホームズは短編の方がいいと思う。

 スピーディーだし、贅肉がそぎ落とされている感じかな。

 これまでは新潮文庫版(延原 謙訳)だったので、集英社文庫版(中田 耕治訳)との和訳の違いも楽しみだったが、読み比べたわけではないのでよくわからないというのが実感。

 しかし、字の大きさや仮名遣い等は新しいだけあってさすがに後者の方が洗練されている。

 集英社文庫版の本領は最後の付録である「解説・鑑賞・年譜」だ。

 訳者である中田耕治氏の解説は「翻訳」にかける意気込みが大いに伝わってくる。小説の楽しさ、翻訳の話をして「不意にあぶり出しが見えてくるような感覚」という表現は最高だなぁ。

 加えて巻末のドイル年譜も抜群のできだ。ドイルが生まれた1859年ダーウィンが進化論を体系づけたなんて本当に新しい発見だ。

 加えて、高橋克彦氏の「鑑賞」がよい。
ホームズは長編を飽きずに読ませるだけの人物的魅力を備えていない。

 こう来る。ホームズは短編がいいと私はいつも思うのだが、その理由として新しい説だろうと思う。

 もっとも私自身は、ただ一点のみにおいて抜群の才能を発揮し、人を常に小馬鹿にしたような態度をとる自信過剰の天才というキャラクターは全然嫌いではなく逆に大好きなんだが。
(才能を抜けば自身と似ているのかもしれない)

 さて、次は何版にしようかな?

 作品は以下の通り。
  • ボヘミア王家のスキャンダル
     ホームズ初めての短編がこれだったそうだ。いきなりホームズが女性にしてやられるという画期的なストーリーが楽しい。

     ハッピーエンドでも何でもないが、ホームズが自慢の鼻を折られる感じが何となくいい感じだ。

  • 赤毛連盟
     多くの映画などでこの作品がヒントになっていることだろう。同じようなアイデアはほかにもあるが、この作品がもっとも単純明快でおもしろい。まさに傑作だ。

     ドイル自身も「三人のガリデブ」で同じアイデアを踏襲している。年譜によればすでに66歳の頃の作品だから、赤毛連盟のことを忘れていたんだろうか? まさかね。

  • 花婿の正体
     筋書きが読めることも手伝って、イマイチの作品だと感じる。傑作選というからにはちょっとなぁ。

  • 五つぶのオレンジの種
     結論にロンドンの霧をかぶせるようなエンディングが映画的で美しいと感じる。確かに文学的には傑作だ。ただし、推理小説としてはもうひとひねりほしいところ。

  • ゆがんだ唇の男
     タイトルにもうちょっと凝ればいい作品になっただろうと思う。乞食家業から抜けられなくなった男の話をユーモアを交えながら語る。

     私が好きな映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」で主人公がオープニングで麻薬窟にいるシーンがある(と記憶している)が、そのイメージがこの作品の阿片窟とどうしてもかぶってしまった。

  • まだらの紐
     いわずもがなの傑作。短編の魅力を一気に爆発させた感じがする。アップテンポのミステリーは、現代はもちろん当時の読者を熱狂させたことだろう。
posted by いなえしむろ at 08:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

999円MP3プレーヤ増台

やってしまった

 お昼休みにどうしようかと検討していたのだが、やはり出張を作っていくことに。

vpara1.jpg DOS/Vパラダイスを覗くと店頭に! さっそく買ってしまった。

 送料が節約できるのでついでに、前から気になっていた右側の一石二鳥ギアもゲット。

vpara2.jpg 少し店にはいると、そこには999円プレーヤが山積みだった。

 色は黒とピンク

 われながら判断が早いというか、いったい本当に仕事しているのかと疑われるような速攻買いだった。
(実は本件で興奮し、出張の用事を忘れたのは内緒)

kokesi.jpg せっかくだからこけし(06-6633-4956)でとんかつ丼を食って退散。

 この近傍に来るとついつい食い過ぎてしまう。ダイエットを宣言したのはいつだっただろうか? 思い出せない


《閑話休題》

 SONYのT5が19,800円にかなりそそられたので、明日にでももう一度いこうかなぁ。価格.comでも最安値だし。

posted by いなえしむろ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とうとう禁煙二ヶ月突破

5,6月は完全断煙

 ほぼ60日間たばこを断っている。

 吸いたくなくなったとはいえないが、吸わなくても大丈夫になりつつある。次は本格的にダイエットを始めないといけない。

 肥満に加え運動不足というのは最悪の状況。がんばってダイエットに励もうと心では思うのだが、具体的に何をするかというとアイデアがない。どうしようかなぁ。
posted by いなえしむろ at 13:25| Comment(8) | TrackBack(0) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

悪くない999円 MP3プレーヤ

ヘヴィに使えるから気楽な999円

mikey_mp3.jpg 上海問屋で売っている有名な999円プレーヤ

 同時購入のBluetoothアダプタに出番はまだ無いが、こっちは捨てたもんじゃない。なかなかお気に入りだ。わーい(嬉しい顔)
(写真のヘッドホンは別売)

 とにかく999円だと思うと気楽に扱える。プールでもどこでもOK。SDメモリは転送速度が遅くても問題ないから、512MB/980円ので十分。

 さすがに付属のヘッドホン音楽最悪の音質だし、このプレーヤ本体を使ってSDメモリにデータ転送をすると恐ろしく時間がかかったりするちっ(怒った顔)ものの、ともに解決可能な問題なのでOK!

 何色かでているようだし、SDメモリはたっぷりとあるから、もうちょっと買いだめしようかな。
posted by いなえしむろ at 12:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

四つの署名(コナン・ドイル)

2作目だが、やはり長い

4tushomei.jpg ワトソンが依頼者と結婚するというサブがあるものの、やはり長すぎて飽きる

 コカイン、モルヒネといった麻薬を常用するホームズという設定も含め、少し暗すぎる感がある。

 ホームズものの真骨頂は、やはり3作目以降なんだろうなぁ。
posted by いなえしむろ at 17:53| Comment(7) | TrackBack(1) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。