2006年04月30日

眠い目をこすって禁煙2日目

おやつを食べて、爆睡して

 極度に眠くなるので、無理はしないでお昼寝。好きなときに好きなものを食べて飲んで寝る。肥満が怖いが、初期段階は仕方ない。

 明日は3日目。家族は全員学校があるので、私一人で外食を楽しむことにしよう。
posted by いなえしむろ at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

デスクトップパソコン増台

富士通一体型完成

Fujitsu_FMV6566CX5C.jpg FMV6500CX4eを中古本体のみ4,999円ゲット

 CPUを PentiumIII/500MHzから同866MHz(中古特売980円)に交換、メモリを128Mから256M×2=512Mに増設(中古で980円×2枚)、HDDを手元の40Gに交換して、WindowsXPを導入。

Fujitsu_FMV6566CX5C_2.jpg ノートパソコンだったら耐えることができる1GHz以下の速度だが、デスクトップだとなぜかとても遅く感じる。オリジナルのPenIII/500MHz/128Mではとうてい使い物にならない。

 WindowsXPをやめてWindows2000にすればまだましだろうが・・・。ま、禁煙の気晴らしにしては、金もかからずにそこそこ生産的な仕事だったと自己満足しておこう。

 後は、起動時エラーで止まらないように BIOS のアップデートを行って、キーボードとマウスを買ってくることかな。
posted by いなえしむろ at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

禁煙再チャレンジ一日目

久しぶりに禁煙

 ちょうど連続何連休というタイミングなので、昨日会社で宣言した。

 もう戻れない。予想したとおり、今日はとてもつらい一日だった。明日はたぶん少しましだろう。あさってが苦しい。
posted by いなえしむろ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月28日

天の向こう側(アーサー・C・クラーク)

クラークの短編集(イマイチ)

tennnomukou.jpg なんと1957年の短編集。アイデア一本勝負のSFだ。

 最後の数行でオチをつけるという感じの短編集だが、それがあまり決まっていないものが多い。当時は先鞭だったのだろうが、今となっては「どこかで見た感じ」と感じる。

 洋モノ星新一ってな感じの本作だが、長編の元になる「遥かなる地球の歌」はまさにクラーク節だし、宇宙の風景はモノクロの紙面がフルカラーに見えるすばらしさは天下一品。

 月面から地球を見る。夜明けとともに山の頂上が明るく輝き、次いで昼と夜の境界線がじわじわと山の斜面を登っていく。こんな表現はクラークならではだな。

 作品は以下の通り。
  • 九〇億の神の御名
  • 密航者
  • 天の向こう側
  • 暗黒の壁
  • 機密漏洩
  • その次の朝はなかった
  • 月に賭ける
  • 宣伝カンパニア
  • この世のすべての時間
  • 宇宙のカサノヴァ

  • 太陽の中から
  • 諸行無常
  • 遥かなる地球の歌
posted by いなえしむろ at 09:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

無料ウィルス対策ソフト avast! 4 Home Edition

ようやく導入

 ようやく常時使っているノートパソコンにウィルスソフトを導入した。デスクトップはノートンを使っているが、ノートは無防備だった(もっともウィルス被害の経験はない)。

 使ったのは、avast! 4 Home Edition。英語のページだが、日本語のインストールソフトをダウンロードすることが可能。

 当面はこれでしのぐことにしよう。
posted by いなえしむろ at 12:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

はだかの太陽(アイザック・アシモフ)

鋼鉄都市の続編

hadaka.jpg ひさしぶりのアシモフだ。古い作品だが、アイデアがいいといつまでも新鮮だという証拠か。

 鋼鉄都市の続編ということになっているが、続編として読まなくても楽しめる。

 SFというかロボット三原則を背景にしたミステリーと考えた方が楽しい。

 舞台こそ宇宙だが、筋はまさに推理小説だ。アシモフはなんでもできるんだなぁと改めて感心してしまう。

 主人公がラストで関係者を集めて謎解きをするあたりや、エンディングで本当の真犯人が明らかになるあたり等、現在のミステリーの骨格がここにあるといってもいいだろう。

 ロボット三原則の論理矛盾を題材にしたものはたくさんある。中でも本作はロボットがあまり関与しないという意味でより推理小説っぽい。なかなか楽しい作品だ。
posted by いなえしむろ at 13:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

超安物WebCAMゲット

1,000円のWebCAM

webcam.jpg 2つほしかったので、安物を買った。今回もELECOMの製品

 画質は望む方が酷。デスクトップ用と箱にあるように、ノートの液晶にはちと不釣り合い(要するに大きすぎる)。ま、価格で我慢か。

 WebCAMの購入はソフマップだが、ほかの店では10万画素で1,980円が相場のようだ。中にはイヤホンマイク付きもある。

 この市場はそれなりに活発でピンキリの様相を呈している。はやりはノート用のコンパクトなタイプ。室内利用がほとんどだと思われるので、特化したものが多いようだ。

img014.jpg 30万画素になるともう少し高くなる傾向がある。

 比較的安いのを見つけたのはDOS/Vパラダイス。液晶画面に挟み込むタイプではなく据え置くタイプなので安いそうだ。

img015.jpg おもしろいものも発見。

 SDやminiSDなどをUSBフラッシュメモリ化するパーツ。リーダーとしても使えるから一石二鳥かな。
posted by いなえしむろ at 13:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

ザスーラ

明るく楽しいお気軽映画

zathura.jpg ザスーラジュマンジのSF版(or続編)と聞いていたのだが、いい意味で裏切られた

 アメリカでありがちな仕事中毒による離婚家庭を背景に兄弟の絆を明るく楽しく描いている。

 筋は単純だしジュマンジほどひねったエンディングはないが、シンプルでわかりやすい秀作。切り口が違うからこれらは別の映画と思った方がいい

 小学校4年生という設定の兄と3,4つ年が違う弟はいつもけんかばかり。ともに親に遊んでほしい年頃だから、けんかが絶えないんだな。似たような境遇のわが家だからその情景が目に浮かぶようだ。

 この兄弟には中学生程度の姉がいる。ストーリー上、この姉の存在意義というか役割がイマイチ理解できないのだが、とにかく3人ともとてもかわいい

 ドアを開けたら土星の輪の中にいたとか映像がSFチックなんだが、中身はまったくSFではない。でも、ナルニア国物語みたいな感じの兄弟冒険談って感じのポップでライトなシネマだった。満足だ。

 エンディングでは、パパとの週末を終えお迎えにきたママの車に駆け寄る3兄弟のバックに Loves Me Like A Rock/Paul Simon が流れるが、これが後味にジャストフィット。約100分があっという間のおすすめ映画。
posted by いなえしむろ at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

懲りずに MP3プレーヤー

ヘッドホン型デジタルオーディオプレーヤ PLP-H01

elecom_head.jpg アマゾンで衝動買い。1,980円

 ELECOMの製品だ。

 miniSDを使うということで敬遠していたが、すでにW-ZERO3用にminiSDがあるから大丈夫。すぐ飽きるだろうけれど、この価格ならよしとするか。

《インプレッション》
  • ソフト不要のMP3ダイレクト転送がとても便利
  • 耳にフィットしない形状は実用性にはほど遠い

 ということ。USB接続だけで充電もできるし、ファイル転送もできるというメリットは非常に大きいので、イヤホンの形状が悪いのがとても惜しい。なんとか改造して使おうと思う。
posted by いなえしむろ at 11:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

17インチはとても便利

もっと早く決断すべきだったかも

 先日購入した17インチ液晶モニタをセットしてみた。

 画面が 1280×1024 ととても広くなり、とても使いやすい。ふだんはノートパソコンのSVGA(800×600)を使っているからよけいにそう感じるのかもしれない。もっと早く決断すべきだったかも。

 では、19インチはどうかというと、Webブラウズに関していえばあまりメリットがないように思う。Webに関してはまだまだXGA(1024×768)で最適化されているものが多いようで、それ以上に広い画面があっても多くの場合余白ができるだけになる。

 結果的に、小さめの窓をいくつか開けるという使い方になる。これはこれで便利なんだが、そのメリットは劇的とはいえない。わが家の利用の大部分はWebアクセスだから、17インチが最適だろう。

 余った15インチは、お蔵入りしているDVDプレーヤーに接続しようかな。

《追記》
 後の調査で19インチの解像度(広さ)は17インチと同じであることがわかった。つまり、広さは一緒だけれど文字が大きくなるということ。画面が広くなるのは20インチ以上となる。

 従って、同じ広さで、文字が小さくてもいいなら17インチ、大きな文字がほしいなら19インチ、そもそもより広い画面がほしいなら20インチ以上という選択になりそうだ。

 もっとも、19インチ以上はまだ高いから手が出ないのだが・・・。
posted by いなえしむろ at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奈良とエキスポランド

フル活動の土日

◎土曜日

 長女が金曜日夜から発熱。しかし、土曜日の朝には「熱で寝ていてくれ」と思うくらい元気に。

 夕方から奈良へ。すき焼き食べるだけ。たっぷりとすき焼きを食べて、早めの就寝。そもそも観光ではなく、すき焼きを食べに行ったので満足。

◎日曜日

mini_coast.jpg 二女・三女とエキスポランドへ。

 次女は苦手だったジェットコースターを少しだけ克服し満足。三女は宙返りコースターまでOKに。

 連続3回乗車を含め、楽しい体験をたっぷりとしたようだ。

 その宙返りコースター「スペースサラマンダー」は圧巻。なかなか楽しいコースターだった。逆さま状態での写真は下。

orochi.jpg


 この辺までは写真撮影可能。この後、オロチ風神雷神IIと続けたのだが、前者は写真どころではない。最高時速90km/hはダテではなく、なにがなんだかという間に体が振り回されて終わった。

 その割には後者はさほどではない。体重の3倍が足腰にかかるというふれこみではあるが、さすがに立って乗るコースターだけに逆さまになったりということはない。まぁまぁ珍しい体験という程度。
(もちろん、このふたつはパパのみ乗車)


 やっぱオロチが最高だな。

 こどもたちはというと、相変わらず回転ものと動物ふれあいが大好き。たっぷりと遊んでぐっすりと眠い一日だ。
posted by いなえしむろ at 20:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

ベクター -媒介-(ロビン・クック)

いつもの大衆娯楽小説

vector.jpg 約600頁ある1999年の最新作。

 主人公は監察医ジャック、ローリー。

 おなじみのメンバーも登場する。単調にならないようにとの配慮か、今回はローリーの恋人話(破談に終わる)がサイドストーリーとなるが、この部分はまったくおもしろくない

 ワンパターンだが、それなりに読ませる技術は相変わらず。でも、医学的要素はどんどん少なくなっているのが残念。

 話は生物兵器炭疽を用いたテロ勃発がメインなのだが、筋書きがけっこう読めてしまうことや先に書いたローリーのよけいな話が出てくるので少し興ざめ。

 ジャック&ローリーに感情移入ができて、彼らのファンなら楽しいのかもしれないが、使い捨ての登場人物でもいいから筋をきっちりとしてほしかったなぁ。

 総じて悪くはないけれど期待通りではないという評価かな。


 ただし、巻末の編集部による「ロビン・クック作品解説」はこれまでの作品20作を網羅的に紹介しており、便利かつ貴重だと思われる。これは価値ありだな。
posted by いなえしむろ at 12:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

スカイプは楽しい!

今日は4人で会議

 sonnyさん、丈世さん、もりまささんと一緒に会話を楽しんだ。

 音量の調整などもできたし、USB接続はピン接続に比べ格段に音がいいこともわかった。パソコンのCPUパワーとメモリも必要であることも再認識。

 ま、頻繁に使うものではないが、大人のルールで使えばけっこう楽しめる。後は仲間を増やすことかな。
posted by いなえしむろ at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帯に短し、たすきに長し《イヤホン編》

どっちもどっちの安物イヤホン

head_p2.jpg W-ZERO3用に平型ジャック対応(変換アダプタが付属しているだけ)ヘッドホンを買った。1,480円@ビックカメラ

 このタイプは見た目はいいけれど、高音も低音も逃げていく感じがする。

head_p1.jpg 次は980円@DOS/Vパラダイス

 インナー・アウター両用タイプ。どっち向きでも使わない方は他人の方に向く。つまり音がじゃじゃ漏れ。冗談のようなイヤホンだった。
posted by いなえしむろ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カレー三昧

カレーライスの一日

c_kokesi.jpg お昼はこけしでカレー! やっぱり日本橋に行くと食べたくなる。

 量が多くて食べきれないかなと思ったけれど、お茶とたくあんのおかわりがどしどし来る中で食べきった。

c_ind.jpg 夕食もカレーを食べたくなった。

 今度はインデアンカレー

 私にとって、ここのカレーが最高にうまいと思う。

 ここと勝負するのはまる栄くらいだろう。うん、明日はまる栄にしようかな

 ちなみに写真はいずれも W-ZERO3 だが、やはりあんまりうまそうに写らないな。
posted by いなえしむろ at 21:19| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

Online微修正

微修正した

 左上にスカイプを、バランスを考えて右上にイラストをくっつけた。
(イラストはsonnyさんの作品)

 スカイプはインストールするだけでチャットとファイル送受信が可能になる。ヘッドセットやハンドセットがあれば電話も可能。けっこう便利。
posted by いなえしむろ at 22:50| Comment(0) | TrackBack(1) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

創世記機械(ジェイムズ・P・ホーガン)

さすがホーガン

souseikikai.jpg にホーガンの没落を嘆いたが、今回は面目躍如。

 話の筋には大きく影響しない部分だろうが、仮説となる統一場理論の記述が最高にいい。

 科学者が政治家に利用されているふりをしながら戦争の終結策を自身が開発した科学機械で実行するという筋そのものよりもこっちが感動もの

 主人公たる科学者は統一場理論を基にして新しい理論を展開する。要約すると、人工重力を作り出すことができるというものだ。

 人工重力のアイデアはバクスターにも見られるごくありきたりのSFツールだが、それを架空の理論で脇を固めながら真剣に論じているのは本書だけだろう。

 人類は火を自由に作り、動かし、消すことを知って発展した。同様に、人類は重力を自由に作り、動かし、消すことを知ることで限りない発展が期待できるだろう。

 このような趣旨のことを作中で主人公たちにいわせているが、まさにその通りだろう。本当に人類は重力を作り出すことができるのだろうか? もしそうなれば土木建築は根本から変わるだろうし、流通だって飛躍的に変わるだろう。時間をさわることが不可能でも、重力なら何とかなるんじゃないかと思わせる秀作だ。
posted by いなえしむろ at 13:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シャーロック・ホームズの事件簿(コナン・ドイル)

正統派ホームズ再び

sjikenbo.jpg ドイル作品の本物ホームズだ。

 ホームズはこどもの頃すべて読んだと思っていたが、違っていたようだ。はじめて読む気がする。贋物だと思って購入したのが本物だったわけで新鮮な驚きだ。

 1887年「緋色の研究」で登場したホームズの、そしてドイルの最後の短編集ということになっている。4長編56短編の最終章というわけだ。

 さすがに最終章だけあって、語りがホームズ自身であったり、第三者であったり、引退後の話であったりと話法に工夫が見られる。全10編だが、久しぶりのホームズ・ワールドを楽しむことができた。

 余談だが、「ライオンのたてがみ」だけは駄作だ。最初の数行で結末がわかってしまった。私自身が幼い頃、若狭の海でクラゲに刺された経験がものをいったのかもしれない。

 作品は、以下の通り
  • 高名な依頼人
  • 白面の兵士
  • マザリンの宝石
  • 三破風館
  • サセックスの吸血鬼
  • 三人のガリデブ
  • ソア橋
  • 這う男
  • ライオンのたてがみ
  • 覆面の下宿人

posted by いなえしむろ at 12:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

17インチ液晶モニタ購入

これも久しぶりのPCパーツ

 先週の話だが、衣類乾燥機をケーズデンキ上新より5千円も高く購入した(上新は取り寄せだったのであきらめた)り、160枚収納タイプのDVDケースを迷った末買った(990円)ら、もっと安いのがあった(850円)とかで悔しい思いをしていた。

 そこで今度は得したいという思いを込めて、17インチモニタを買った。19,800円

 何度か購入している近所の店だったので、ラーメン食って帰りに持ち帰ってきた。広い画面が楽しみだ。
e-yama.gif
posted by いなえしむろ at 17:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりの神座ラーメン

最高のラーメン

kamukura.jpg 確かにうまいと思う。神座のラーメンだ。

 今日は私の体調によるのか麺が堅く感じたが、相変わらずスープは甘くうまい

 店内を見渡すと、大画面液晶テレビでJPOPなんかを放送していた。時代の変遷だなぁ。10年以上前のあの小さな店舗から想像できないね。

 メニューはというと、なんか雑炊というメニューもできたようだ。次回の楽しみにおいておこう。
posted by いなえしむろ at 13:57| Comment(2) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Pocket の手 for W-ZERO3 Ver.1.7 は危険?

便利なユーティリティ

 ここからダウンロードさせていただいた。とても便利だ。ここの紹介の通り、ZERO3がマスストレージになったのでUSBケーブルを用いてパソコンとつなぐことができるとか、いろいろ設定ができる。

 しかし、欲張っていろいろとさわると動作が不安定になりリセット回数が激増するデメリットも。

 そこでマスストレージ変更だけにして恐る恐る使っているのが現状だ。ま、安定するようならあちこちさわってみることにしよう。

 同じ場所でタスク切り替えも導入した。タッチペンを使わずにスクロール・サークルを使うのだが慣れれば便利かも。

やはり慣れないので削除

 ついでなので、先にカスタマイズをしたのだが、多少の変更をすることにした。

 TomboVGA と W-ZERO3 UtilityPlus の削除だ。前者はあまり用途がなく、後者は複雑すぎてメモリと速度への影響から考えるとマイナスだと判断した。環境構築に凝るつもりはないが、少しだけ使いやすくなったことは事実だ。
posted by いなえしむろ at 09:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

健康の話

ダイエットしよう

 過去数10年、尿酸値を除き、検診結果に変化はない。
(尿酸値の低減は投薬によるもの)

 しかし、血管の健康と加齢を考えて、本来は禁煙だが、よリ組みしやすいと思われる減量にトライすることとした。

 元々自分は中性脂肪が高いので、まずここから手をつける。目標は250だ。

 過去は200から500の間。体質もあるが、異様に高値であることは事実だ。

 身長・体重は過去10年変わることなく、181cm/84kg。この体重は、なんとか80kgまで落としたい

 さて、新カテゴリー「健康管理」を追加してどうなることやら。
posted by いなえしむろ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康管理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

スカイプ大失敗

まさかの設計ミス

 先にスカイプの利用目的を以下の通りとした。
パソコンとW-ZERO3の間で気軽にファイル送信をしたかったから。従って、パソコン用とW-ZERO3用にふたつIDをとって運用中。

 大失敗である。WindowsMobile環境下のスカイプは、ファイル送受信ができない仕様となっている。つまり純粋に電話用途しか使えない。参ったな

skype_usb.jpg ま、こうしてせっかくUSBタイプのハンドセット(2,980円)も買ったことだし、相手探して使うことにしようか。
posted by いなえしむろ at 09:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

最強のW−ZERO3

動画はさっくり、Skypeも万全

■動画再生

 1GのminiSDを購入し、手元のDivX動画を再生してみた。特になにもする必要なくさっくりと動画が再生できた。

 再生にはご存じ TCPMP を利用。これはとてもよくできたソフトだ。

 3.7インチ液晶があれば字幕も困らない。もう少しCPUパワーがあったほうがいいような気がするが、普段のDVDやテレビ番組鑑賞には十分だ。

■Skype

 同時に Skype もインストール。

 モバイル環境で無料電話をするため? いえいえ。ZERO3のパワーではちょっとつらそうだ。パソコンとW-ZERO3の間で気軽にファイル送信をしたかったから。従って、パソコン用とW-ZERO3用にふたつIDをとって運用中。

 この「いなえしむろ Online」にもSkype用発信ボタンを取り付けた(下図参照)。左サイドバーの一番下だ。自分では実験しにくいが、まぁアソビでいいだろう。

My status


 さて、今日は久しぶりのSTE関西METだ。みんなと会うのが楽しみだ。
posted by いなえしむろ at 09:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

シン・シティ

アニメの暗い映画化

scity1.jpg なんとなくアクション映画を期待したんだが違った。全編モノクロもどきの暗い映画。

 娼婦が仕切り常に雨が降る近未来の犯罪都市「シン・シティ」で起こる様々な事件という切り口だ。

 エピソードが3つあるオムニバス形式で、それぞれ殺人犯や定年前の刑事が一人の女性を守るために戦う。

scity2.jpg 映画そのものはあまり好みのタイプではないのだが、3番目のエピソードのヒロインが美人なのが救いで、なんとなく陰と陽ってな感じのコントラストで楽しめたのは事実。

 ブルース・ウィルスも渋い感じを前面に出して、それはそれでよかったし、雑に思われるタッチもそれはそれで味なのかも。加えて、それぞれのオムニバスが各所でつながっているところがなかなか凝っているかな。

 ま、好みではないが一見の価値がある変わった映画であることは確か。
posted by いなえしむろ at 22:30| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

The Cave

モンスター・パニック

cave.jpg 洞窟調査隊を襲う謎の生命体と主人公たちとの閉所での戦いを描くB級パニック映画

 2名の女性がいずれも美人であることで、けっこう楽しめた。おきまりで、生き延びるのは主人公とヒロインと後一人なんだが、ヒロインが地上に出てから変異する(予感)というラストは、(読めたが)クール。

 NHKスペシャルでの洞窟から「この映画を見よう」と思ったわけだが、やはり真実とフィクションでは全然違うな(もっとも真実の方も怪しいが・・・)。

 映画そのものは単なるパニックではなく、モンスターの正体は30年前に生き埋めになった金鉱発掘人(?)が寄生体の力を借りて変異したものであるとか、洞窟は閉じた系でありすべての生物は寄生体により変異が加速されているであるとか、ちょっと色が付いている。でも、B級は確かだな。



posted by いなえしむろ at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都市と星(アーサー・C・クラーク)

クラーク・ワールド満喫

tositohosi.jpg 最高だ。

 久しぶりに味わう絵本のようなサイエンス・ファンタジー

 日本語訳は山高昭、巻末の解説は堀晃の豪華コンビ。

 10年かけて執筆した「銀河帝国の崩壊」を8年かけて全面改訂した作品が「都市と星」。なんと1955年の作品だ。

 主人公は地球最後の都市「ダイアスパー」に住んでいる。ここは人間そのものをメモリーバンク化して合成した物理的肉体を与えるシステムを持つといった科学技術の粋を結集した未来都市だ。

 主人公は、単なる好奇心から地球上のもうひとつの都市を発見する。そこは自然との共生を中心としたひとつの理想未来都市であり、住民もダイアスパー人とは大きく異なっている。

 人類がふたつに分かれた理由は何か。それを知るため旅に出た主人公は、遙か昔に自らの祖先が地球を銀河を捨てて遠い宇宙に旅立ったことを知る。

 主人公は祖先の遺物である宇宙船を発見して、銀河を探し回るが生命体の痕跡しか見あたらない。しかし、唐突に物理的肉体を持たない幼稚な知的生命体と遭遇する。

 この知的生命体は人類が2番目に作り上げたものだという。そして、銀河帝国の崩壊は最初に作った知的生命体が失敗作だったからだという過去が明らかになる。

 主人公は宇宙船に先祖の消息探査を指示し、自らは地球の復興を進めながら、所在が不明な最初の知的生命体と今や人類の友となった2番目の知的生命体の戦いを待つのだった。

 いやぁ、壮大。クラーク作品を上手につなぎ合わせてクロニクルを作れば、アシモフのファウンデーションやバクスターのジーリーみたいなものができるだろう。

 人類より遙かに高度な知性を持った生命体が宇宙に必ず存在する。クラーク作品における最大かつ永遠のテーマはここにこそにあると思う。
posted by いなえしむろ at 08:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月11日

1GのminiSD購入

W−ZERO3で動画を見る(予定)

KM-MNSD1G.jpeg とうとう買ってしまった。4,800円

 動画を見ることができるかどうか不明だが、一度はトライしたかった。

 W-ZERO3はイヤホンが特殊形状なので別途購入しないといけないのがつらいけど・・・

 同時におもちゃも購入。電子スケジューラー1,480円

 絶対に数時間で飽きると確信できるのだが、やはり見ると買ってしまう。買ったのは赤。ちゃちぃんだろ〜な〜。

 ま、電卓か使い捨てラジオにはなるか・・・。

podder.jpeg
posted by いなえしむろ at 10:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんにゃくイモ

イモからできる

 こんにゃくはイモから作られる。意外と簡単にできるらしい

 こどもにとって、こんにゃくがイモからできることが新鮮な驚きだったようだ。朝のNHKニュースで、こんにゃく田楽とかいろんな映像を見て喜んでいた。

 そこで三女の言葉。

こんにゃく指輪もあるよ」

 それは、婚約指輪でしょうが・・・。
posted by いなえしむろ at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月10日

StarWars EP3 シスの復讐

すべての謎が解ける最終話

 オビ=ワン、アナキンの師弟コンビ大活躍。同時に、EP4,5,6,1,2のすべての謎が解けることが気持ちいい。

ep3_1.jpg


 共和国議長救出に向かう師弟コンビ。しかし、議長の正体は悪のシス卿であり、共和国を銀河帝国に改造してしまう。もちろん、前作のクローン兵も悪の側に。これ以降の作品で出てくる白い兵はすべてクローン兵だということがわかる。

 EP1に端を発した反乱勢力を鎮圧するはずだったのに母屋を乗っ取られたという感じだ。この流れはEP4以降へと続き、いかにしてデス・スターを有する帝国を倒すかが争点になってくる。

ep3_yoda.jpg もちろんヨーダも大活躍。前作にまして強い。

 後半の「オビ=ワン vs アナキン」と平行する「ヨーダ vs 皇帝シス卿」はシリーズ最大のクライマックスだろう。

ep3_vdr.jpg 初めて誕生するベイダーもいい。

 ラスト・スタンドで片手・両足を失い、大やけどを負って改造人間になるという筋書きだが、もっとも大きな痛手はこころだったという設定もクール。


 当然ながらSFXは新しい分だけシリーズ最高のできとなっている。多少目が慣れてしまっているが、新鮮さはないものの緻密さがそれを補っていると思われる。

ep3_sf.jpg


 振り出しに戻った観がある最新作&最終話だが、私なりにおもしろかったことがある。「アナキンの暗黒面とは(母親の死でも妻の死でもなく)実は師匠そして社会構造への憎しみだった」「ドロイド(機械)とクローン人間を兵にすることで(星間)戦争の悲惨さを強調した」ってところか。

 いずれにしても、EP6のエンディングにおける大団円が本作を見ることでようやく理解できたと考えるべきだろう。いやぁ、よかったなぁ。次はEP3.5をみたいなぁ。

ep6_last.jpg


PS)
 スターウォーズについては、ここが非常に詳しい。
posted by いなえしむろ at 08:13| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。