2005年01月29日

6歳おめでとう!

三女6歳

noko6.jpg


 大好きなチョコレートケーキでおめでとう! 次女が不在だったが、今日は奈良へお泊まりなので早めのバースデーパーティー。結果的にこれがよかったことになる。この後、奈良へ鹿を見に行くことにしたのだが、途中で発熱・嘔吐。夜のすき焼きもほとんど食べることができず、悲惨な一日がこの後彼女を待っていたのだった。

 ところで、不在の次女はというと友人とお茶会へ。みんな着物だが、うちはそんなもの持っていない。普段着で参加したが、次からは参加しないようだ。そりゃ退屈だわな。帰りは意気揚々と、長女が落とした運動帽を見つけて帰ってきた。それだけで収穫だ。

tea_met.jpg


 結局、奈良へはすき焼きを食べに行っただけになったが、一応鹿にも挨拶はできた。ちょっとこわごわだが・・・。

sika.jpg


エピローグ

 三女は翌月曜日だけ休んで火曜日には元気に登園したとさ。
posted by いなえしむろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月28日

星ぼしの荒野から(ジェイムズ・ティプトリー・Jr.)

ネビュラ賞らしい短編集

hosibosi


 1981年の作品。特長がいくつもある。作者は女性である。10年もの間、男性であるとして読者ほかをだまし続けたらしい。女性名でも作品を発表していたそうだ。とにかく、星へのあこがれがすべてのお話のテーマになっている。

 原題は Out of the Everywhere, and Other Extraordinary Visions である。これをこの邦題にしたのはさすがの一言である。久しぶりに超訳をみた感じだ。

 短編それぞれに関して言えば、意味不明(とまで言わないけれど)の物語も半分くらいある。1977年ネビュラ賞の「ラセンウジバエ解決法」は、まぁまぁそれなりだ。むしろ、タイトルになった「星ぼしの荒野から」の方がいい感じがする。しかし、私が選ぶ最高作は「われら<夢>を盗みし者 We Who Stole the Dream」かな。とてもいい味が出ている。

 とにかくカバーの少女漫画チックな雰囲気に驚いたが、機会があればまたほかの作品も読んでみたいと思う作者であった。
posted by いなえしむろ at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月26日

Mac mini はWindowsもOK

sonnyさんの言うとおり

 そろそろ話題の Mac mini について情報が出てきだしたようだ。私は「Winのキーボードは使えない」と書いたが、これは大きな間違いで、sonnyさんご指摘の通り「一部のキーは代用することになるが、そのまま使える」が正しい情報だった。

 ALTキーをコマンドキーに読み替えるのだろうか。とにかく操作性は別にして使えることは使えるようだ。それならコストも抑えられるかもしれないな。取り急ぎ間違いの訂正情報だけでもあげておこう。
posted by いなえしむろ at 16:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本レジストリサービス

JPドメイン名登録完了

 登録が完了した。「いなえしむろ Online」は、以下のURLでアクセスできるようになった。

http://いなえしむろ.jp

posted by いなえしむろ at 11:49| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

朽木スノーパーク(日帰り紀行)

たっぷりと遊んだ雪

 宿が取れなかったので日帰りである。いつもの通りのコースで朽木へ向かう。途中チェーン脱落の車を横に見てスイスイ到着。午前中パパと三女はキッズウェイでそり遊び、午後ママと三女はゲレンデで特訓。長女・次女はずっと滑りっぱなし。写真担当はパパなので、今回は三女の写真がない

 本日は私立中学校の入試の日である。友人達は入試なのに、
こっちは一足お先にスキーで滑っている。ほかの友人も
ソロバンの試験だそうな。お気楽なわが家であった。


 まずは、琵琶湖を望む朽木自慢のコース、いつもの生き埋めごっこ、頂上の展望台からのショットと続けよう。

kutuki_co
頂上付近は雪質が良く快適

kutuki_ikiume.jpg
フカフカの雪はいつも楽しい

kutuki_tenbou.jpg
頂上の展望台でおやつタイムわーい(嬉しい顔)


 帰りは茨木ICで降りて和食のさとへ。初めてのお店だが、まぁまぁメニューが多彩でいいかな。

 今回は朝8時頃の出発。現地を4時頃出て、ゆっくりして帰宅が7時だから、朽木なら十分日帰りコースかな。現地でビールが飲めないのが残念!

 最後に、今回は登場しなかった三女の作品をご披露しよう。さとでのワンショットである。撮る方も撮る方だが、撮られる方も・・・。

noko_camera.jpg
posted by いなえしむろ at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月20日

ローズウォーターさん、あなたに神のお恵みを(カート・ヴォネガットJr.)

絶賛

 1965年に発表されたすばらしい作品である。先に読んだ「タイタンの妖女(1959年)」が冗長に感じる。テーマは金と愛である。

 もしわれわれが、人間を人間だから大切にするという理由と方法を見つけられなければ、そこで、これまでにもたびたび提案されてきたように、彼らを抹殺したほうがいい、ということになるんです

 主人公のよき理解者である(作品中の)SF作家の言葉である。作者は主人公だけではなく主人公を含め全員を使い捨てにする(この点はアメリカ的だと思う)代わりに、登場人物には自らの意見を堂々と述べさせることに成功している。まだ2作しか読んでいないが、きっと彼の作品は徹底し、統一されたこどもっぽい「反現実」的なテーマがあると思う。

 私はSFの世界ではアーサー・C・クラークが大好きだし、日本では掘晃が好きである。しかし、作者であるカート・ヴォガネットJr.はSFというジャンルでは捉えきれないものがある。SFは彼にとって主題を演奏するための舞台に過ぎない。

 いやぁ、久しぶりにいい作品に巡り会えた。少し時間をおいてから、彼の他の作品も読んでみたいと思う。

jr
posted by いなえしむろ at 23:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月18日

お誕生日おめでとう!

次女9歳

 小さい頃からアトピーで苦しんだ次女の望みはケーキでは無く「納豆巻き食べ放題&なめこ汁」である。オプションでシューマイ入りおでんもつけて夕食パーティー。

sho_birth2


 口いっぱいにほおばった納豆巻きで満足の顔を見よ!

sho_birth


 誕生日のプレゼントはPUMAシリーズ。おそろいの黒のトレーナーやGジャンがあるので満足のよう。

sho_cap


 夕方までは数人のお友達にノートなどのプレゼントをもらってゲームをして楽しいひとときだったらしい。家族での夕食はささやかなお誕生日パーティーだった。
posted by いなえしむろ at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

タイタンの妖女(カート・ヴォネガットJr.)

不思議な感じ

 全宇宙の全能者が人類を手足のように動かし、未来を作ろうとする。主人公は「手足のように動かされる被害者」なんだが、実は全能者こそが「動かされていた」ことに気づく。とにかく奥が深く、どこかで読んだ感じのする不思議な作品だった。

titan


 驚くべき事は、この作品が1959年に発表されたこと。当時はあまり売れなくて、ヒューゴー賞候補になったものの、私に言わせれば他にたいしたライバルもいなかったのに見事落選したそうな。

 どこがで読んだ感じがする不思議な作品と私が思うのは、きっとこれにインスパイアーされたほかの作品があるからだろう。残念ながら、今はそれを思い出せないのだが・・・。

 とにかくこの作品は、一気にスタートダッシュし、途中数年を一気に飛ばしながら、しっかりと戦争をテーマとした主題を語り続けている。全能者の目的などの謎は一気に最後に解き明かされ、エピローグもまた十分に読み応えがある内容に仕上がっている。

 そうか・・・。今思い出したが、これはあの作品に似ている。「アーサー・C・クラークの宇宙のランデブー」である。大いなるテーマを持って主人公が最後を迎える辺り、非常に似ている感じがする。このランデブーが1973年だから、クラークも「タイタンの妖女」を読んだのかもしれないな。

 ついつい、おもしろくなって、カート・ヴォネガットJr.の別の作品を読んでみることにした。私に言わせればタイタンの妖女はヒューゴ賞を取ってもおかしくなかったな。

エピローグ
 この作品を手に取ったのは、NASAカッシーニが土星の衛星タイタンの映像を送ってきたからである。

 折しも、本日太陽の活動が盛んになっているらしい。全能者も太陽活動の活発化でその終焉を迎えるが、なんとなくタイミングがいい気がする。
posted by いなえしむろ at 18:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月17日

Mac mini 断念

や〜めたっと

 見送ることにした。液晶モニタも2つ余っているし、たとえば職場と自宅の両方で使う環境は整っているのだが、コストパフォーマンスが低いと言うことで今回は見送り。

 一番の理由は自分でHDDの交換などができないことかな。一つしかないメモリスロットだから、最初からメモリを増やしておかないと使い物にならない。CPUが遅めであることは多少目をつぶることができるが、メモリはどうしようもないから。また、HDD容量が極めて少ないため外付けHDDが必須になる。

 パソコンの基本部分である、CPU、メモリ、HDDの3要素が標準では貧弱であるため、これらをある程度満足できるレベルまでにするとかなり価格は高くなってくる。となると、iBookを買う方が現実的になる。

 もう少し大きくてもよいから、3.5インチのHDDを搭載し、メモリとHDD交換程度は自前でできるMacでないと予算が苦しいなぁ。iBookの安売りを期待しようかな。そもそも、Macに期待するのは音楽と写真だから、HDD容量が必要とされる。この意味ではノートよりデスクトップがいいのだが、デスクトップはいずれも高いからなぁ・・・。
posted by いなえしむろ at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポケモン 裂空の訪問者 デオキシス

もう飽きた!

 三女はそれなりに楽しかったみたいだが、次女は言うに及ばず長女も飽き気味。所々、笑っているものの、興味は「このCDほしい!」ってことかな。音楽は「L・O・V・E・L・Y 〜夢見るLOVELY BOY〜」ってことで、シングルCDをどこかで買ってくる約束をしたものの、これもすぐに飽きるんだろうな。

 映画そのものは特段変わったストーリーではないが、これといったテーマも見あたらない。ま、一言で言えばおもしろくなかったと言うことか。もう終わりかな、ポケモンは。
posted by いなえしむろ at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月12日

三女おたふく風邪

このほっぺを見よ!

otafuku

 問答無用である。昨日は38度をうろうろしていた熱も下がり、今日は元気そのもの。お絵かきに、マリオパーティーにと暇をもてあましている様子。元気になってよかったね。
posted by いなえしむろ at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

脱Macから1年〜Apple再び

やってくれた!

 まさに私が望んでいた結末だった。LCからはじまり、Cubeで一応の完成を見たと言えるあのスタイル[Mac mini]が登場した。これは買うしかないだろう。待ってよかった。本当によかった。やっぱりAppleは最高である。

Macmini


 同時発表のiPodについては、まぁこんなもんか程度だけれど、ついでに買ってもいいかなと思うな。

posted by いなえしむろ at 16:07| Comment(8) | TrackBack(3) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月11日

シャーロック・ホームズのクロニクル(ジューン・トムソン/押田由起訳)

一級品の贋作

 シャーロック・ホームズが帰ってきた。「シャーロック・ホームズの秘密ファイル」から始まる3部作の2作目である(秘密ファイルはゲットしていない)。天下茶屋の古本屋で見つけたのだが、なかなか楽しい。創元推理文庫はハヤカワと並んで私のお気に入りである。

homes


 先週末からこの「クロニクル」を読み始めた。楽しくて止まらなかった。今朝読破し、明日から3部作の最終版へと移る。もっと続けばいいのにと思うが、久しぶりに本物のシャーロック・ホームズを読みたくなった

 ところで、今のこどもたちは
名探偵ホームズや怪盗ルパン
を愛読しているんだろうか?


 私が小学生だった頃、ルパン対ホームズとかとても楽しみだったと思うんだが・・・。今なら差詰め、名探偵はコナンであり、怪盗はゾロリなんだろうなぁ。一度こどもにも読ませてみよう本物の名探偵と怪盗を
posted by いなえしむろ at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

吹雪の初滑り

朽木&箱館山は吹雪だった

■初日:朽木スノーパーク

 初滑りは吹雪の中だった。いつもの通り適当に起きて、8時頃自宅を出発。一路朽木スノーパークを目指す。京都東ICや湖西道路はスイスイ。真野ICで降りて「途中トンネル」からが大雪。スタッドレスをはかない2WDの車は軒並みチェーン装着渋滞
「このくらいなら、立山よりましだ」

 と判断したわが家はそのまま朽木を目指す。朽木に入ってからは道路に水がまかれているので安心。途中で挫折する車も多々あれど、わが家は最後の坂も難なく登ってスノーパーク到着。スタッドレス+4WDは最強である。

kutuki0


 ジャッピーランドからゲレンデを臨む。リフトは待ち時間無し。多少吹雪いたものの、快適な初滑りだった。長女も次女も今日に備えて買った新しい板でルンルンみたい。

kutuki1


 二人仲良く全長600mを越えるリフトに乗って、パラレルやシュテムの練習に励んだ。ここで気づいたが、朽木は今シーズンからスノーボード解禁になったようだ。練習する人が目立つ。もちろん、チャレンジコースではハイスピードのテクニシャンの姿も見える(2,3人だが)。

kkama


 少し遊ぶと今度は握っても雪玉が作れないふかふかの雪で遊びたくてしょうがない。二人で他の家族が作ったかまくらに入ってハイポーズ!

kikiume


 それでも飽きたらず、今度は生き埋めごっこ。意外と中は暖かいそうだ。ホントかなぁ。吹雪くので長女は体力消耗。早めに切り上げて、大津のお宿へ。今日はみんなが大好きな定食だ。寒さでばてた長女共々さっさと寝て明日に備える。

■二日目:箱館山

 昨日にもまして吹雪く雪山。朝6時に吹田を出て、今日から合流する友人一家は、駐車場に入ってからチェーンを巻いたらしい。雪はますます強くなる。でも今日箱館山スキー場の主役は三女。少し特訓してからスクールに入る。みよ、この勇姿!みんなと一緒に行動できるだけでも感動ものだ。

hknoko

sch1


 でも、途中の休憩タイムになれば、やっぱり主役は雪。みんなでTDLの話やテレビ番組の話をしながら、楽しくお山で遊んでいた。

sch2


 長女も次女も吹雪いて練習にならない。三女もちょっと様子が変(今日の記事の最後に真相が!)である。今日は昨日にも増して寒いので早めに下山。駐車場に戻ってみると、下も大雪。デリカが・・・。

derisnow


 いつもの事ながら道路の渋滞に巻き込まれ、ローソンでのトイレでも渋滞に巻き込まれながら、19時頃大津のお宿に到着。風呂も入らずいっきに夕食へ! 今日はレタス事件のちゃんこ鍋たっぷり食べて、ゆっくりと寝ましたとさ。

■エピローグ:西武百貨店

 最後の日。いつもの通り、食欲があるけれど痛くて大好きな卵ご飯が食べられない三女(まもなく真相が明らかになる)を除き、たっぷりと朝食を採ってミニクロワッサンを買いに西部百貨店へ。LOFTでカレンダーを買った後、クロワッサン造りを熱心に見つめる大・疑似中・小だった。わが家の「中」はこのころ、隣のスィートポテトコーナーでお買い物だったので、友人が「中」の代役。

sdonq


 今回の収穫は次の通り。

 ・三女がスクールに入ることができた
 ・しかも、スクールが楽しかったそうだ
 ・次女は無事長めの板で滑れた
 ・長女はパラレル練習ができないと不満
 ・2月不動ゲレンデが楽しみと家族合意
 ・スタッドレス+4WDは最強
 ・三女がおたふく風邪に!
  (この話は続く)

posted by いなえしむろ at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月06日

スキーシーズン到来!

朽木、箱館山

 スキーシーズンである。この週末は3連休。初日土曜日は朽木スノーパークへ、翌日曜日は箱館山へ行く予定である。ともにキッズパークがあり、動く歩道があるので三女も安心。

 去年はこの3連休に国立少へ行っている。このときには「パジェロは車検をとって乗り続ける」と思ったものだ(笑)。その国立少も雪が来たらしい。ちょっとトップページの画像を拝借することにしよう。


posted by いなえしむろ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノイズキャンセルヘッドホン?

効かない・・・

 地下鉄通勤しているとその騒音が非常に気になるものである。当然アナウンスもやかましい。平気で眠れる神経は持っているものの、気になるときには気になるものだ。そこで、ノイズキャンセルヘッドホンの登場。

headphone


 ネットで中古品を試しに購入。ソニー製だが、やはり効かない。説明書にも記載されているが、中高音以上はまったく無力である。低音は除去されるが、中高音が中途半端に入ってくる。少なくとも地下鉄では無力である。

 しかし、ここのところ寒いので、イヤーパッドにはなる。繁華街ではどうか? 試していないが、少なくともガンガン音楽をならしている量販店店内などではけっこう効果的である。人の話し声は、通常のヘッドホンレスの状態がステレオ(当たり前か)なのが、このノイズキャンセルヘッドホンを通すとモノラルになって頭のてっぺんに来た感じがするのでけっこうおもしろい。

 次は様子を見てより高性能なものを試してみようと思う。ソニー製品であれば、低減効果1/3の実売6千円程度の普及タイプならこれ、2万円程度する低減効果1/5を誇る高級タイプならこれがターゲットになる。

 冬の間は密閉型が効果が高いように思う。夏になればオープンタイプじゃないと熱くて使えないだろうな。ま、当面今のモデルで様子を見ようか。



posted by いなえしむろ at 21:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月04日

12モンキーズ(エリザベス・ハンド)

おもしろい!

 ハヤカワのSFもの。映画にもなったらしく、ウイルスを扱ったこの映画にブルース・ウィリスが主演したそうな。助演はあのブラピだそうな。見てみたい気がする。アメリカ的にヒロインが精神科医の女性である。おきまりのパターンであるが、時間のパラドクスを扱った作品としてはけっこう楽しめる内容である。

12sru


 12モンキーズが何を暗喩しているのかイマイチわからないのだが、それでも映画風のストーリー(映画化されたものだから当たり前か・・・)と謎がリフレインされながら徐々に解き明かされていく様は一気に読み切れるスピード感がある。実際に今日は往復の電車の中と帰宅後の半時間ほどで読み切ったほどだ。

 SFというよりは時間のパラドクスを交えたサスペンスだと思うのだが、それはそれで映画になると画面の迫力で結構な仕上がりになっただろうと想像する。評判は意見が割れているようだが、おもしろいのではないかと想像できる。サヨナラ、サヨナラの故・淀川長治氏の解説も力が入っており、映画を見たくなるね。
posted by いなえしむろ at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月02日

無事帰宅!

6:30出発→16:00到着

 無事帰宅! 途中事故渋滞にずいぶん巻き込まれたが、こっちは車内ビデオ上映会でしのいで健康に帰宅! 明日一日休憩の予定。

 早起きして6:30に流山ICから入り、約1時間で用賀まで到着。首都高速はまったく渋滞もなく、快適だった。しかし、その後がだめ。朝食(といっても吉野家の豚丼だが)を取ろうとSAに立ち寄っている間に、大渋滞。歩いた方が速い速度で約1時間渋滞に捕まった。

fujimoon
SAから見る月と富士山


 その後は再び快調なペースだったのだが、今度は名古屋付近で渋滞に捕まる。ここで昼食を取ることに。ここで1時間ほどロスして、一路吹田へ。少し渋滞らしきものがあったものの、特に問題なく吹田に到着。行きよりもずっとハイペースな走行だったが、渋滞が邪魔して思いの外時間がかかったが、無事帰ってこれた。

 後は洗濯物の山との格闘である。明日は一日休養して明後日からの出勤に備えよう。

posted by いなえしむろ at 17:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月01日

暇な正月

近場のスーパーで一服

 お正月。帰る予定が雪で高速道路が閉鎖。よって、フリー。近所のスーパーで昼食などの買い出しに。まずは今年最初の大中小。スーパーでの縁日(スーパーボールすくい)である。

dai


 続いて長女と次女はお洋服の買い出しに。その間三女はプレイランドでお遊び。ボールのプールにはい(High?)ジャンプ!&着地だぁ。

jump

pool


 実家に帰って、次女は苦手な犬を克服。仲良くなれたとさ。

dog


 結局この日はテレビなどを見て、ちょっとだけ公園で遊んで休養日。明日は朝早起きして、一路吹田の予定。
posted by いなえしむろ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

帰宅は延期

雪で道路がダウン

 元日に帰りたかったのだが、高速道路の影響で帰宅は2日に延期。堺の実家に帰る予定も少し延期かな。特にすることも無く、今日は酒呑んで早めに寝ることに。明日は早起きして吹田へ帰ることにしよう。正月の間の宿題もたまっているので、3日はその処理と掃除洗濯、年賀状の整理で追われそうだ。しかし、がんばって来週のスキーの準備もしないといけない。これは家内任せだな。今年の正月休みは短いからね。
posted by いなえしむろ at 18:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あけましておめでとうございます

2005 New Year

 高速道路の様子はまだよくないようだが、滋賀県では朽木箱館山順調に雪が降っているようで、滑走OKのようだ。来週の3連休はたっぷりとスキーができそうだ。今頃はエキスポランドではカウントダウンの真っ最中のはず。自宅にいたら、花火が見えてきれいだろうな。

 いなえしむろ Online もこれで1年が経過した。今年も日記を続けようと思う。まだまだ楽しいことがたくさんありそうだから。

 しかし、常磐の三郷JCTから都内へも、東名用賀→沼津も雪で通行止め。こまったなぁ。今日は吹田に帰れないかもしれない。
posted by いなえしむろ at 00:19| Comment(1) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。