2004年12月31日

雪と雨のTDL

すべてのパレードが中止!

 朝6時に起きて、開園と同時に入ったTDL。パパがファストパス取りに出かけている間に、みんなは小さな世界一番乗り! ファストパスはというと、開園同時ダッシュだったにもかかわらず・・・

baz


 それでも、後から後からと長蛇の列だった。人気あるんだなぁ、初物は。プーさんなんてゼロ時間待ちだったのに。

 肝心のバズライトイヤーのニューアトラクションこどもたちにもけっこう楽しかったようだ。は意味がわからなかったようだが、はマシンの操縦がお気に入り。は大で楽しんだようだ。

 でも、定番の人気アトラクションになるためには、イマイチ迫力&魅力不足かな。男の子なら別かもしれないが。

 その後はいつもの通り、プーさんのハニーハントトゥーンタウンのコースでたっぷりと楽しんだ。大もオオカミと一緒にお楽しみ!


pooh

wolf


 今回は低温のために運休のジャングル・クルーズに代わって、スプラッシュ・マウンテンに初挑戦! 中は泣きべそだったが、家族全員でがんばった。さらに、ホーンテッド・マンション、ミクロ・アドベンチャーにも初挑戦。どんどん利用するアトラクションが増えてくるものだ。

 そうこうしている間に、あられが・・・。あわてて、シンデレラ城周回バスに乗った。これも初体験。

car


 あられは雪に変わり、最後には雨に。パレードもすべて中止になったので、ダンボや小さな世界で締めて帰ることにした。最後にハイポーズ!

baz2


 さて、ゆっくり帰ってと思ったら・・・。首都高はすべて通行止め。雪の影響は深刻だったようだ。おかげで地道をゆっくりと帰ることに。帰路では銚子港の回転寿司とやらをたっぷりと食った。実家に帰って、くつろぎのポーズである。 

misoka

posted by いなえしむろ at 22:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月30日

浦安ブライトンにて

初めてのホテル泊

 家族ではキャンプか国立施設ばかりだったが、今回初めてホテル宿泊! しかも浦安ブライトンだ。ロビーにおきっぱなしのピアノをさわって大満足の中と小だった。

piano


 お風呂もトイレもきれいで大喜びの大中小!(下半分はカット!)

bath


 しかし、なかなかホテルのレストランは慣れないのか、新浦安駅前のピーコックなどへ買い出しに行って、お部屋の中でのディナーだ。

dinner


 でも、とにかく窓も広くて、シリウスもオリオンも見えた楽しく寝付けない初めてのホテル泊だった。

heya


 さて、明日はTDLだ。天気はどうかな?

付録

 浦安ブライトンは、部屋でのインターネット環境がない。やはり10年前のホテルという感じだ。部屋が広いのはいいけれどね。後5年持つかなぁ・・・。


posted by いなえしむろ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月29日

デビルマン

B級かと思ったら・・・

 かなり気合いが入った映画。公式サイトもがんばっている。見始めの最初の感想は「古い」という感じ。出てくる車や風景がどうもしっくりと来ない。ボブサップが出てくる頃から「あぁ、ちょっとは新しいのか」と思う程度。ストーリーも冗長。

 しかし、不動アキラが捕獲され射殺される頃から一気にヒートアップ。一気にラストまで緊張感が続く。これいいノリである。戦闘シーンもかなりよくできている(ゴジラほどではないが)。もうちょっとSFXっぽい動画がほしかったところだが、それでも満足できるレベル。

 懐かしいラストも健在。同じイメージで描かれている辺りがいいね。しかし、映画のラストはもっとSFっぽい。ミュータントと人間の共存みたいなテーマで終わっている。つまり原作のテーマとは趣が異なる終わり方である。このひとひねりが意外といい。うまく続編が作られるようなら、是非とも見てみたいと思わせるエンディングであった。

 デ〜ビ〜ル!ってな感じを想像していたが、全く違った描き方がとても新鮮だった。ガメラの最終作品のようにこれまでとは異なったアプローチという意味でかなり意欲作である。
posted by いなえしむろ at 20:35| Comment(0) | TrackBack(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松戸市から

帰省である

 11時頃に吹田を出発。途中でガソリン補給2回を経て、18時頃に松戸到着。首都高が混んでいたが、それ以外はおおむね楽勝ペース。車内もビデオ三昧だったし快適。

 首都圏は初雪でびっくり。三郷を過ぎた頃から雪がたっぷり。明日は休養してからどこかへ遊びに行こうと思う。TDLは31日の予定だが、天候が問題だな。
posted by いなえしむろ at 20:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

年末準備

TDLに備えて

 年末のTDLに備えて車載テレビを変更した。10型テレビだったのだが、全体的なサイズがでかいので、多少(かなりかも?)画質を犠牲にして液晶にした。液晶といってもビデオ入力可能なパソコン用の14インチ液晶である。じじちゃんに預けていたものを取り寄せたものだ。

tv2


 映像源はDivXプレーヤである。DVDもDivX(DivXをご存じない方は、リンクからインストールしておくこと)もXviDも可能なタイプ。これで完璧である。

 今回パソコン用の液晶を取り付けたのは、他にも訳がある。パソコン用であれば、ノートパソコンに動画を放り込んでおけば、それを映像源に映画を見ることできる。ある意味ではDivXプレーヤも不要である。せめてセレロンの1GHz程度のCPUと128MB程度のメモリがあれば、どんなノートパソコンでも映像源として使える

 さて、年末に備えて中古のノートパソコンでも探すとするか。楽しみ楽しみ。
posted by いなえしむろ at 11:42| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月25日

風邪でお休み

軽い風邪でダウン

 昨夜より少し頭痛が。今日は一気に昼寝した。朝起きて11時頃から16時頃まで一気に爆睡。おかげで風邪はましになったが、夜眠れない。明日もゆっくりすることで風邪は回復するだろうが、睡眠のリズムが・・・。年末はTDLだから直しておかないと。
posted by いなえしむろ at 22:11| Comment(2) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ターミナル

おもしろいけど・・・

 ターミナル。ポーラー・エキスプレスのトム・ハンクスが出ている映画。スピルバーグ監督と言うことで大いに期待できる映画だ。

 けっこうリズミカルにストーリーは進み、おかしな設定にも「あれっ?」と思う暇がない(もっとも空港に寝泊まりするという最初の設定は奇妙だが)。だから映画に入り込んでしまう。このあたりはとても小気味よい展開だ。後半から明らかにされる主人公の「待つ目的」やラストにかけて描かれる「夢の実現」などが一気にやってきてエンディングを迎える辺りは、まさに映画らしい作り込みだと思う。

 しかし、私は少し物足りない。美人スチュワーデスさんとの関係がイマイチぴんと来ないからだ。あの女性の役割はいったいなんだろうか? 未だもって私には謎である。彼女に語らせたかったことが理解できなかったので少し残念だった。
posted by いなえしむろ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(4) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シュレック2

きれい!

 とにかくCGの画像がきれいである。特に楽しめる内容だとは思わないし、主人公はそれほどかわいいと思うわけではないので、たくさん挿入されているパロディでニヤっとする程度だろう。各種の映画のパロディは随所に盛り込まれており、それはそれで笑えるんだが、その映画を見ていないとちっともおもしろくない。つまり子供向きではないということか。見て損はないけれど、積極的に見ようとは思わない映画だね。
posted by いなえしむろ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月24日

サンタがやってきた!

サンタさん、ありがとう〜!

 いつもぎりぎりまで寝ている長女のこの一声で家族が一斉にベランダへ。やはりサンタがやってきた。

 長女はアディダスのスニーカにバッグ、次女はハンディピアノにキキ(次女が飼っている盲導犬のぬいぐるみ)のための犬小屋、三女はお茶犬ポットである。

 まだあった。ハンディピアノはもうひとっつ。ケンカしないようにとの配慮だろう。また、ディズニーの小さなフィギュアの詰め合わせも3組。次女が「ウッディ(トイストーリーの主人公)のお嫁さんがほしい」といっていたから、全部まとめて面倒見たという事か。


お日様もまだ隠れているクリスマスイブの朝。
そんなわが家を木星がにっこり笑って見守ってた。


posted by いなえしむろ at 08:40| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月23日

わが家のクリスマス

今日はクリスマスパーティー

 長女の立山は中止、次女のAYSおおさか主催妙高は決行となった寒い今日。わが家はクリスマスパーティーである。世間では明日がイブだが、ゆっくりと夕食の準備ができる休日がわが家のイブである。

xmas1


 コーンスープ、七面鳥、クラッカー、ローストビーフ、スパゲティ、(なぜか)おにぎり等々。加えて今日の七面鳥は本物である。これまではニワトリだったのだが、今日は七面鳥が手に入ったらしい。長女曰く

これまでだまされていたのか

 そうそう。でも、ローストビーフをほぼ全部食べたのだから文句は言わないこと。スキー中止は残念だけれど、その分じっくりと部屋の片づけでもしなさいな。みんなたっぷりと食べて、食後のチョコレートケーキも完食。

xmas2


 外を見れば、月も満月に近くなっている。オリオンはまさに燦然と輝き、シリウスは月に負けじと寒空を照らしている。サンタさんが来てくれそうな気がする星空だ


posted by いなえしむろ at 20:31| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人造人間ハカイダー

スーパーC級

 あきれる位にC級である。人造人間ハカイダーには良心はなく破壊だけが存在理由である。この映画もそれにならって、論理性はなく制作費節約だけが存在理由である。いやぁ、久しぶりにスーパーC級を見た。1時間程度だったのがよかったが、これで長かったら人生における時間の無駄だった。
posted by いなえしむろ at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月22日

サンダーバード

実写版!

 懐かしい音楽のオープニングにワクワクする。

 ストーリーはいきなりヘビーな基地の乗っ取りとなる。サンダーバード一家の人間ドラマを交えるものだから、ちょっとばかり退屈。がんがんと国際救助のシーンがあった方が楽しいな。特にサンダーバード2号(誰もがこの2号が好きだったはず)の活躍シーンがほしかったので残念。

 楽しみにしていた割には、実写と言うことで期待した各マシンの登場があまりなかったのでマイナス。次回作に期待したい。
posted by いなえしむろ at 17:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月21日

スターシップ・トゥルーパーズ2

C級映画

 スターシップ・トゥルーパーズ2を見た。スピード感があり、一気に最後まで見たくなる展開は非常にいい。リズム感があり、オープニングとエンディングの整合も取れている。反戦のテーマ(?)も十分すぎるほど盛り込まれている。個人的には、このラストの反戦のテーマがよかった

 しかし、映画はC級である。画面が暗すぎる。暗い画面ばかりの中で物語は進む。また、ストーリーは「あっと驚く」ことはひとつもない。私には軍隊や戦争へのアンチテーゼばかりが目立った作品だった。日本では受けないなぁ、この感覚は。


posted by いなえしむろ at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月19日

暖冬(うれしい?悲しい?)

暖かい冬

 たぶん来年2月頃にはざっくりと寒くなるだろうが、12月は例年にない暖かさである。寒いのが嫌いな私は歓迎すべき事であるが、スキーヤーにはうれしくないことだろう。わが家も長女(立山)と次女(妙高)の年末スキーキャンプが危うい。わが家の初スキーは、どうやら来年になりそうだ。

 今年といえば、後はクリスマスとTDLが控えている。サンタさんへお願いするものも決まったようだし(のみまだ決めかねているようだが、中と小はそれぞれ確定している)、後はサンタが来る日を待つのみ。TDLはスキーが無くなれば早めに行くことも可能。しかし、例年通り楽しいのはがらすきの12/31だけれど。

 年賀状も本日作成済みである。宛名職人2004である(2005年版ではない)。宛名職人はMac版の発表時から利用している。今はWindows版も出たし、安くなったので今後とも定番になりそうだ。今年の年賀状は節約して76枚。毎年減らす方向で考えているが、50枚を切るのは難しいようだ。

 ここのところ、土日は外出していない。家でゆっくりもいいが、やはり土日は車で遠出しないと気分がすっきりしない。次のTDLまで我慢するとするか。
posted by いなえしむろ at 21:40| Comment(4) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月18日

世界の中心で愛を叫ぶ

冗長

 話題なので見た。亜紀という白血病のヒロインが登場する。しかし映画そのものは冗長で飽き飽きする。変わった展開があるのかと期待して最後まで見たが、何もなかった。最初に出てきたもうひとりの女性(りつこだったかな?)の位置づけがわかった段階で見るのをやめた方がよかったかも。この手の映画(小説)は好きではないな。
posted by いなえしむろ at 23:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月11日

エイリアンvsプレデター

B級だがおもしろい

 一気に見た。映像はエイリアンシリーズの中では最新であるにもかかわらず、あまり派手ではなかった。恐怖シーンは、これまでのシリーズの焼き直しの感じ。主人公が女性であることも含めストーリーそのものはエイリアンのそれを引きずっている。しかし、主役はプレデター。設定がなかなかユニーク。

 ラストシーンも続編を匂わせるいつもの手法で軽快である。3分で死んでしまうような雪上でシャツ1枚で戦うとか、大量殺戮を繰り返したプレデターとコミュニケーションが取れるとか等設定に無理があったりするところがB級だが、一気に楽しめる映画であった。
posted by いなえしむろ at 21:47| Comment(0) | TrackBack(2) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

任天堂万歳!

ゲームキューブが帰ってきた

 すばらしい速度と対応だった。大阪のサービスセンターは最高である。2002年に購入したゲームキューブであるのにドライブ交換が無料。しかも故障したゲームキューブをサービスに送ったのが月曜日の夜。帰ってきたのが土曜日である本日の朝到。つまり火・水・木のたった3日間で修理(ドライブ交換)してくれたということ。しかも無料

 いやぁ、任天堂っていい会社だなぁ。さっそくこどもたちは「マリオパーティー6」と「動物の森」を楽しんでいると書きたいところだが、天気がいいので今日はまずはお外遊びである。それはそれでうれしいことだ。もう暗いのに、家の前にてパチリ。

mario6



posted by いなえしむろ at 16:20| Comment(1) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月07日

Mr.インクレディブル

ディズニーだけれど・・・

 ディズニー(正確にはピクサー)の最新CG映画。でも、イマイチ。確かに画像はきれいだし、新鮮。でもストーリーがまったくだるい。画像を見ると言うこと以外にこいつは見に行く価値はないと思う。スーパーマンの奥さんはかわいいし、そのこどもたちもいい表情を見せているんだけれど、惜しいなぁ。
posted by いなえしむろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月06日

任天堂ゲームキューブ死亡

次々と・・・

 こどものゲームキューブが壊れたようだ。マリオパーティー6ってゲームを買ったのだが、途中ですぐにディスクエラーになる。動物の森ってゲームでは問題ないんだけれど、マリオパーティーだけがだめになる。

 任天堂のサービスに電話をして、送料600円払ってゲームキューブとマリオパーティーを送った。もし修理代金が3,000円を超えるようなら、新品を買った方がいいと私は思う。新品は1万円程度。それには2,500円程度するコントローラーもついている。ACアダプタもあるし、AVケーブルもある。こんなことを考えると本体は実質5,000円程度。これに3,000円かける気がしない。周辺部品もまた壊れる傾向があるから、予備に持っておくのも手である。さて、どうなるか?
posted by いなえしむろ at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月05日

ポーラー・エキスプレス

こどもたちと見た、最高だった

 「そんなにケンカばっかりしていると、サンタさんが見ていてプレゼントくれなくなるぞ」というようなことを一番よく言うのは今頃の時期である。そして、その証明がこの映画でなされている。常にサンタがこどもたちを監視しているのは世界中一緒のようだ。

 この映画は最高である。クリスマス映画の中でも過去最高のできばえだと思う。本当のサンタの話に非常に近いし、説教がましいところもない。ふだんのサンタさんが映画に出てくるのである。これはおもしろい映画だ。是非ともみんなで見てほしい映画である。

(参考)
 ポーラー・エキスプレスって?


posted by いなえしむろ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月04日

紅葉の滋賀 with レタス鍋

台風、紅葉、レタス鍋

 12月というのに台風である。警報も出る始末。しかし、家の大掃除をしてから久しぶりに滋賀大津へと遊びに行った。まずは、西武百貨店横の紅葉から。

kohan


 特にきれいだというわけではないが、並木としては町中にいい雰囲気を醸し出している。掃除が大変だろうなぁ。

 さて、お宿はいつもの所。今日はとても混んでいて、食事は食堂ではなく「部屋だし」である。これはうれしい誤算。いつもの大中小でハイポーズ

kohan1


 鍋の中身はというと、ハクサイの代わりにレタスなのである。私個人はハクサイが好きだが、これもなかなかシャキシャキ感があってよい。今日はこの鍋を食べに来たのである。

 実はこれには背景がある。長女が学校で鍋に何を入れるのかというテーマに対し「レタス」と発言したことから、小学校の先生は「最近のこどもはハクサイとレタスの違いがわからない」という問題に発展させたのである。今日はレタス鍋(正確にはちゃんこ鍋)の写真を撮って学校に持って行くことが目的である。その証拠写真をご紹介して、この項を終わろう。

kohan2



posted by いなえしむろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月01日

SHARP MEBIUS PC-FS2-C3E 80%復旧

HDD交換&再インストール

 無事復旧した。しかし、ビデオと音源のデバイスドライバがないため、まだ完全ではない。そもそもSHARPのこのノートパソコンは、デバイスドライバを含めバックアップ(リカバリー)データをHDDに持っている。従ってHDD死亡の際には何の役にも立たない。もちろん、この手は最近どこのメーカーもやっているようである。

 このノートパソコンは、あるルートで激安で入手したものだが、それなりに当時はいいものだったようだ。当時のレビュー記事をひとつふたつ少し載せておこう。

 ビデオのドライバは、S3の ProSavage DDR であるが、このドライバがなかなか見つからない。ようやくS3のWebにて見つかっても別のものらしくインストールができない。Yahooで検索するとビデオチップはS3 Graphics ProSavage8 チップセットらしい。う〜ん、もう少し詳しい情報がほしいなぁ。

 もう少しがんばってみるとするか。
posted by いなえしむろ at 23:31| Comment(0) | TrackBack(1) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。