2004年11月29日

23時の空は満点

今日は満点!

 吹田市としては満天の星といってもよいだろう。満点である。

 すでにぎょしゃ座カペラは高く登っている。隣にはおうし座アルデバランが赤く光っている。赤く光るために名付けられた平家星ことオリオン座のα星(その星座のうちでもっとも明るい星をいう)ペテルギウスと逆に源氏星と名付けられた青いβ星(その星座のうちで二番目に明るい星をいう)リゲルも健在だ。吹田の平行四辺形である。

 23時ともなると平家星を頂点とする冬の大三角形が美しい正三角形を夜空に描いている。左下はこいぬ座プロキオンであり、右下は全天でもっとも明るい星おおいぬ座シリウスである。

 さらに役者がそろっている。月と土星の競演である。月の真下に土星がいるのだ。

土星はまだこの位置にいるだろうから、
月が去った後(12/4以降である)に観測することとしよう。


 加えて、ふたご座αカストル、βポルックスの姿も見える。ようやく冬が来た。こどもたちが起きている間にこの美しい星達とあわせてやれるのは、後もう少し時間がかかるだろう。来月になればもう少し早い時間に見ることができるはず。楽しみである。
posted by いなえしむろ at 23:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

吹田の平行四辺形

新しい星座の発見?

 夏の大三角とか秋の四辺形とか、いろんなものがある。吹田では夕方東の空に平行四辺形が見える。

        (下図のようなイメージ)


  ○         ○






            ○         ○

-------------地------平-----線----(東)---------


これはなんだろう?


 正解は、左上がぎょしゃ座のカペラ、右上がおうし座のアルデバラン、左下がオリオン座のペテルギウス、右下がリゲルである。

 私の目が悪いのか、光害なのか、私にはこの4つだけが肉眼で見えるのである。プラネタリウムではわからない吹田の星座である。


 オリオン座がなぜわからないのか? それは、夕方からもう少し時間が経った後のオリオン座の様子(要するに登ってきたオリオン座)をイメージした下図を見てもらおう。



             ○ 
 
        ◎     ・
             ・
            ・     ◎
 
              ○

-------------地------平-----線----(東)---------


 二重丸(◎)が、今回私が肉眼で確認できているペテルギウスリゲル(左から)である。つまり、まだ明るさが残る夕方でしかも肉眼では、オリオン座の真ん中の三つ星と周囲の2つの星が見えないのである。

 いやぁ、謎が解けてよかった。すでに満月を終えた月さえ去れば、東の空は今が見頃。まもなく全天でもっとも明るい星が見えるようになる。また土星も見えるかもしれない。楽しい天体ショーを今夜も楽しむことにしよう。
posted by いなえしむろ at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月27日

久しぶりの満月撮影

17時頃東の空

 長女は、クリスマスプレゼントの前借りで「マリオパーティー6」ってゲームを買ってもらって満足。次女は風邪でセキがゴホゴホ。三女は今日からはじめたクリスマスイルミネーションで満足。パパはすき焼きで満足。

 ということで久しぶりに満月の夜。うまく撮れなかったが、まぁこんなもんか。

20041127moon
posted by いなえしむろ at 19:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 天体観察 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月25日

家内のPCが壊れた

HDD死亡

 夕方家内から、急にPCがブルーバック(注:画面が一面青になること)になって動かなくなったとの連絡が入った。HDD死亡の典型的な状況である。サルベージ(注:HDDから大事なデータだけでも引き上げること)を試みようと、退社後日本橋で2.5インチHDDケースを1,280円で購入。サルベージを試みるも、結果はやはりだめ。

HDD


 仕方がないので、ネットでHDDを購入。30G程度で8,500円。痛い出費である。しかも、厚みが壊れたHDDは9mm、新HDDは9.5mmと、入るかどうかも微妙。ぎりぎりの設計なので、ノートパソコン側を削らないといけない感じである(まさかHDDを削るわけにはいかないもんなぁ)。

 しかし、もろいなぁ。あわてて私も自作のデスクトップPCから家族写真フォルダーだけバックアップしておいた。これだけは失うわけにはいかないから。ほかは何とかなるけれどね。音楽関係もバックアップしたかったが、40Gと大容量なのでちょっとパス。

バックアップは大事!
気を付けよう!


補足

 私にとって家電とは家族のうち2人以上が使う電化製品を言う。従ってパソコンも立派な家電である。デジカメも家電である。携帯型音楽プレーヤーについては、まだ家電ではない。そろそろ家電と呼んでもいい時期なんだが・・・。
posted by いなえしむろ at 23:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月24日

2004年最後の立山

今年もたくさんの思い出をありがとう

 いつも親切なスタッフの皆さんはじめ、わがままを聞いてくださる食堂のみなさんもありがとう。また来年もよろしくお願いします。
(と書きながら、長女がスキーでお世話になるかも←次女は妙高だそうな)

 立山広場から最終日(快晴)の景色を載せてこの項はおしまいとする。

bye


国立少(食堂)へのちょっとした要望は

続きを読む
posted by いなえしむろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月22日

3泊4日の立山紀行〜3日目〜【称名滝&温泉編】

霞の滝たち

 午後からはドライブである。長女が参加した真夏のチャレンジでは2時間以上かかった長い長いだらだら坂を車で一気に登り切ってハイポーズ。

shoumyou


 三女が車酔いのためダウンしてしまったため、滝壺までは行かずにこのまま今回2回目の温泉紀行へと進んだ。

亀谷温泉

 今日の温泉は白樺ハイツである。三女はパパと一緒だったのだが、露天風呂がお気に入り。「男ばっかりだから、嘘っこで男だってことにして」といいながらすっぱだかで一路露天風呂へ。「たまごのにおいがする」といいながら堪能していた。

 そもそも、ここ白樺ハイツは亀谷温泉に属する。ここは家族みんながお気に入り。入湯料も600円と手頃で次回もくることだろう。

天体観測

 夜は家族そろってプラネタリウム&天体観測。残念ながら天候の加減で天体観測はできなかったが、いつもの通り家族5名で貸し切りのプラネタリウムであった。今日の講師である土肥先生は、前々回のスターウォッチングで月の写真撮影会をしたとき、最後まで星団を見せようと努力してくださった方。お目当ての星団が、あまりに天頂近かったために地面に寝転がってまでピントを合わせてくださったことを私は忘れていない。

 何度もきているが、まだ国立少自慢のドームからの天体観測ができていない私にとっては、今回も残念な結果に終わったが、これでまた次回来る楽しみができたというもの。くやしいけれど・・・。

(続く)
posted by いなえしむろ at 15:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3泊4日の立山紀行〜3日目〜【来拝山登山編】

チャレンジ!登山

 前谷に続き、そのまま来拝山登山に挑戦した。899mである。沢歩きから連続の関係で、本来のルートとは逆から入ったのだが、それでも三女を先頭にとても楽しい(パパとママには少し苦しい)登山だった。このため、登りはいい絵がない。熊の寝床程度である。

kumatree


 体重が軽い三女を先頭にした一行は無事頂上に到着。お約束の頂上での大中小である。

raihaidai


 頂上からは富山平野に海までが見える。天気がよければ、雄山も見えるそうだ。こっちは次回の楽しみにおいておこう。

927


 頂上での景色を少し楽しんで、今度は下りである。降りるときには余裕があるのか、みんな楽しそうに降りている。階段あり、はしごあり、ロープありと(通常とは逆コースながら)とても楽しめるコースである。みんなの表情にも余裕が見える

kudari1


 下りの(くどいが通常では登りの)見物はここである。この岩の背は来拝ザウルスと呼ぶらしい。コンクリートに石を流し込んだような形状に興味がそそられる。しかし、ここはそういった学術的興味よりも(通常ルートで登った場合に)「後少しで頂上だ!」という意味の方が遙かに大きいだろう。

kudari2


 続いてのポイントは、このタイタニックである。情けないが、絵が非常に悪い。実はこの木は断崖絶壁(というといいすぎだが)に生えている。しかも真横つまり水平に木が生えているのである。つまり足元は空中ということになる。先っぽへ行けばタイタニックの名シーンって訳。

titanic
N先生と一緒に


 これも非常に楽しいプログラムだった。9時からちょうど12時まで。昼食がうまかった! 本当は大日の森など散策したいところはいっぱいあったんだけれど、これも次回としよう。

(続く)
posted by いなえしむろ at 13:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3泊4日の立山紀行〜3日目〜【前谷沢歩き編】

楽しみにしていたプログラム「前谷沢歩き」

 ずっと楽しみにしていた沢歩き。国立少の標準プログラムである。これがまた最高だった。夏は(虫が多いであろう事を除けば)よりいいかもしれない。

maetani1


 今回、生物はイワナが走り去る姿しか見えなかったが、サンショウウオもいるらしい。その代わりに、生命力あふれる木を見つけた。河床まで根を張っているパワフルな木である。これは感動ものだった。

tree


 また、沢ではないが周りの森で熊棚を発見! 写真では見にくいが、しっかりと熊棚が存在するのである。しかし、あの高さまで本当に登っているんだろうか。見たいものだ。

kumadana


 今回もN先生にはお世話になった。

どうもありがとうございました


(続く)
posted by いなえしむろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月21日

3泊4日の立山紀行〜2日目

室堂は一面の雪景色

 あまりにきれいな雪景色だったので、800ピクセルでの画像で現場の雰囲気を伝えたい。

murodoubig
クリックで拡大画像


 立山駅の駐車場もケーブルも高速バスもすべてがら空き状態。普通の観光客はこの時期には来ない。軽装のアジア系外国人と重装備のスキー、スノボ系の若者だけである。

 美女平はまだ雪はない。しかし、お地蔵さんはすでに避難済み。避難後のお地蔵さんのおうちに入って楽しんでいるのは三女である。バス待ちの一コマ。

bijo


 車酔いと闘った後、室堂に到着。こどもたちは雪上でたっぷりと遊ぶものの雪はまったくのパウダースノーなので雪だるまが作れない。手袋も湿らない。どうしてなんだろうかと疑問に思ってくれたら科学者の卵なんだが、そうは思わなかったらしい。

 しかし、ひとつ発見したことがある。気圧である。写真で一目瞭然だろう。

poteto


 もちろん、これは下に降りたらしぼんでしまったことはいうまでもない。逆の実験(つまりペットボトルに空気を入れて満タンで栓をしてみるとか)も試してやればよかったのだが、次回の宿題だな。結果より何よりも実験手法に気づくことこそが大事なんだから。

 先に速報で書いたとおり、午後はUFO温泉でゆっくりとして、楽しみにしていた国立少の夕食である。いつもはバイキングなんだが、宿泊客が少ないため盛りつけ状態でのサービスだった。おいしそうに見えるかな?

dinner


(続く)
posted by いなえしむろ at 10:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3泊4日の立山紀行

2004年最後の立山

 月曜日が小学校の振替休日だったのでパパとママはそれぞれ職場をさぼって最後の立山紀行である。たっぷりと遊んだので、Onlineは明日以降に整備するとして、メインだった2日目の室堂からとりあえずの写真を一発!(当日及び前後の様子はいつもの通り立山30さんのページが詳しい)。

 家族そろって初めてのショットである。2日目の11/21は朝方だけが天気よく、この写真を撮影後すぐに吹雪となった。貴重なショットである。

tateyama1


 この日は寒かったので、早速と室堂を引き上げて尖山湯豊富温泉(なんと UFO と読むんだよ)で楽しんだ。ここは、室堂から国立少へ電話して教えてもらった半分町営の温泉だそうな。ゆっくりとできるアスレチックの部屋や座敷もある。500円でたっぷりと楽しむことができた。パパも缶ビールとおつまみで乾杯。今回は温泉巡りだなと決めた次第。

ufo


(続く)
posted by いなえしむろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月20日

3泊4日の立山紀行【初日〜到着】

猿と木登りの立山

 出発の日である。3泊4日なのでゆっくりと出発。途中呉羽PAで昼食をとったがここが正解不動寺PAもよかったけれど、こっちの方がなおよい。今後はここが昼食の定番になりそうだ。ちょっとした景色を見る場所もある(残念ながら当日は立山連峰は見えなかった)。休憩ついでに大中小

kureha


 続いて車は一路立山大橋へ。虹を見たり、濁流を見たりしている定番の場所でハイチーズ。今回は車旅が疲れたのか、みんな橋を徒歩で渡ることになった(車は併走だ)。

oohasi


 さっそく訪れたのが五十嶋さんち。地酒を買って「立山に来たんだな」と実感する。変な癖がついたものだ。

isojima


 続いて、駅員さんにママが明日の様子をききに行っている間に、立山駅前でおいしい水を飲む大中小である。さて、明日は天気がいいだろうか?

ekimaemizu


 道を戻って国立少へと進むと、お迎えがいた。箕面で見慣れているわが家も驚きである。愛想も何もないただのサルである。しかし、たくさんの仲間を連れてのお出迎えご苦労様。

sarusaru


 国立少には16時頃到着。さっそくの活動プログラムは木登りである。別にサルに触発されたわけではない。最初からその予定である。靴下を真っ黒にして登る登る。真っ黒な靴下を見ると親もとてもうれしい。もっともっと近場でも木登り用の木を探さないといけないな。

kinobori


 夕食をたっぷりと食べてから、お風呂に入ってパパと三女はお留守番。ママと大中は目澤先生主催のスターウォッティングへ。いつもの二上先生が講師である。長女はこの先生が大好きだ。「ほかの先生は知っていることを何度もしゃべる」からだそうな。賢くなったということか。どうやらこの日は自慢のドームから星団や月を見ることができたようだ。加えて光る星図も作ったそうな。パパは今回見ることができなかったが、次回の楽しみにおいておこう。明日は土肥先生の講義もあることだし。

(続く)

posted by いなえしむろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月19日

明日から立山

2004年最後の立山

 明日から3泊4日で立山である。今回はアルペンルートである。「いなえしむろ Online」の更新は、早くて5日後だろう。それまでしばらくお休みである。
posted by いなえしむろ at 20:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月15日

尿管結石でダウン

血尿

 昨夜から下腹部が重かった。尿に色が付いていた感じがしたので、多めに水分をとって早めに寝た。朝、腹痛が強くなった。尿はもう真っ赤である。今日中に出そうと決意し今日は休暇。24時間あれば大丈夫だろう。季節の変わり目は何かとあるもんだ。

 結局、午後には無事排出されたようで、尿色もきれいになった。夕方、主治医を伺い、インフルエンザの予防接種をしてきた。よかったよかった。
posted by いなえしむろ at 07:35| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一番役に立っているのはホットカーペット?

椅子である

 わがやではピアノと読んでいる電子オルガンの椅子にぴったりだそうな。椅子がないわけではないんだが、次女は大いにお気に入り。

carpet


 2番目はこたつ。別に電気を入れて使っているわけではないんだが、低い生活が新鮮だそうな。まぁいろいろ遊ぶものがあっていいわな。
posted by いなえしむろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月14日

年内最終の立山紀行

4連休で立山へ

 立山30さんのページによれば、もう冬景色である。みくりが池温泉のページでは美しい雄山が紹介されている。今週金曜日までにスタッドレスタイヤを装着し、土曜日から火曜日まで立山へ行ってくる。

 今回のテーマはすいているアルペンルートの制覇である。黒四ダムまで足を伸ばしてみようと思う。中2日が完全に自由に使えるので、どちらかの日に行ってくることにしよう。楽しみである。
posted by いなえしむろ at 23:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は掃除機

充電式掃除機

soujiki 本当はメインの掃除機がほしかったのだが、特長をつかみきれず買うまでには至らず。どこがどう違うのかもうひとつわからなかったからである。別に今のままでもいいやと思ってしまう。

 価格は5,500円程度。ちょっとしたフローリングの掃除にいいだろう。掃除機もあまり進歩していない家電製品ではあるな。



posted by いなえしむろ at 17:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

姫芽危篤

白っぽいハムスター

 もう1年近くになるだろうか? 3,800円だったと思う。もう虫の息である。今日明日もてばいいだろうか。来週は3泊4日で立山旅行である。そのころにはたぶんだめだろう。在りし日の姫芽を載せておこう。

hime



posted by いなえしむろ at 17:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

洗濯機に続き・・・

家電製品一新

■ 炊飯器

 今度は三菱である。19,700円也。IHは当然ながら超音波炊飯らしい。いったいなんだろう? 夕食は手巻き寿司だったので、すし飯を作ってみたが特に変化は見られない。明日以降普通の飯なら効果が出てくるかもしれない。しばらくウォッチングだな。

suihan


■ ホットカーペット

 未開封である。冬の準備。これまでも2畳用の安物があるんだが、ついでに購入。7,800円也。つまり安物ということか。箱の大きさに驚いたが、カーペット部分が丸洗いできるというのが気に入った。せっかくの新型洗濯機だから銀コートでもしようか。



■ こたつ

 床暖房があるわが家には不要かなぁと思いながら、机部分だけでも使えるからいいかと一人で納得して購入。4,500円程度也。つまりこれも安物ということか。そのうちヒーター部分を取り外してテーブルとして使うことだろう。ん?以前にもこんな使い方をしていた気がするなぁ。ま、いっか。



■ MDラジカセ

 今回のテーマはこれである。すでに10年以上前にカセットテープはすべて処分し、5年以上前にはVHSビデオを、数年前には8mmのビデオも処分したわが家であるが、MDをいつ処分したのか記憶がない。いや、MDはまだメディアは処分していなかったと思う。プレーヤーを処分したはずである。

 MP3全盛のこの情勢にあって、今更MDも無いだろうと思うのだが、中高生はやはりMDだそうな。長女にはMP3+デジタルプレーヤーでと思っていたが、世間にはかなわない。そもそも、学校から音楽会の様子などがMDで配布されるというのが事の発端である。

 ラジカセとはいうものの、CDとMDがメインである。わが家にはMDミニコンポがあるんだが、使わなくなったせいかMDが聞こえなくなっている。まぁ、修理するよりは買った方が安い世の中だし、今回は一念発起で購入する結果となった。19,700円也。




posted by いなえしむろ at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シゲショの初写真

次女の2匹目ハムスター「シゲショ」

 こいつも長いので、元気なうちに写真を・・・と思ったが、なかなか撮影が難しい。三女の手のひらで瞬間的に止まったときにパチリ。

shige
posted by いなえしむろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 生き物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月13日

洗濯機のその後

SHARPの洗濯機

 快調である。さすがに総額が5万円程度するだけのことはある。冷風乾燥モードを試してみたところ、最低でも1時間と非常に時間がかかるものの、かなりの乾燥ができている。上位機種の温風であれば(電気代はかかるが)便利なんだろう。オール電化で電気代が安い深夜時間帯に使えばけっこう便利かもしれない。

 もっとも、わが家ではたかが洗濯に何時間もかけるのは主義ではないので、この冷風乾燥を使う機会は非常に限られるだろうと思う。朝洗濯機を回しっぱなしにしておいて、夕方帰ってから干す・・・。そんなことしないだろうなぁ。夜回しっぱなしにしておいて、朝干す・・・。それもないだろうなぁ。

 洗濯機がその性能をもっとも発揮するのは、多量の洗濯物が出たときである。そのケースとは「雨で干し物がびしょびしょになった」「たたんでおいた洗濯済みの衣類にジュースをこぼした」くらいだろうか。

 ま、雨の日の休日の朝早く外出予定があり、昼一番には帰宅するような状況があれば、朝は洗濯機を回しっぱなし(=洗濯→冷風乾燥コースを選ぶ)にしておいて、帰宅後別の温風乾燥機に入れるということができるだろうか。レアケースだね。

 最大の売りであるAgイオンはどうか? 今のところ顕著な効果は感じられない。靴下が臭くなくなるんだろうか? 電気分解でAgイオン(銀イオン)を出すそうだが、これもマイナスイオンと同じで眉唾かもしれないな。もう少し様子を見ようか。


reizo
posted by いなえしむろ at 23:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

最後の七五三

三女の七五三である

 いつもの通りの大中小(大がどこにいるんだろうか?)から。

123


 三女は大喜びで、とにかくハイポーズの連続である。まずは事前に準備しておいた不二家(ぺこちゃん)の千歳飴でハイポーズ。

noko1



 続いて、ちょっと演出気味にハイポーズ。

noko2


 祈祷の前にもハイポーズ(緊張感がないのは親譲りか)。

noko3


 長女も次女もここで同じことをやっている。今回でわが家は七五三が最後となる。元気で大きくな〜れ。

七五三アルバム


 ついでに過去の七五三をアルバムとした。


753-1
1998年11月22日 大と中



753-2
2002年11月09日 中と小



(七五三考察へ続く)

続きを読む
posted by いなえしむろ at 22:36| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月07日

3回目の紀泉わいわい村【遊び編】

今回の遊びのテーマ

 こどもはいろんなアイデアを発揮してくれるものである。まずは、ハクサイの種植に夢中になる。

hakusai


 なかなか畑仕事が終わらないと思ったら、なんのことはあい。新しい遊びに夢中になっていたのだった。その作品がこれ。畑の土でないとうまく作れないそうだ。

sakuhin


 最後はいつもの通り乗り物である。

take


 朝日がよ〜くあたる前庭から、次回もまた来ようねということで今回も楽しく終了した。

asa


(完)
posted by いなえしむろ at 22:57| Comment(1) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3回目の紀泉わいわい村【生き物編】

生き物2種



 種類は不明である。行く前から宣言したとおり、100円均一で買った釣り竿(糸と針で合計300円)を使って魚を釣ることができた。みんなが「釣れるわけがない」と笑う中、大中小plusOne(長女の友人)+1(実は他にも日帰りの友人一家がいたのだ)+女の子2人(現地の川で遊んでいた見知らぬ幼児)の前で、一投目で無事ゲット。二投目には木の枝にひっかかって終了した。後にも先にもこのサイズは川には見あたらなかっただけによかった!

fish




 ナナフシかな? 夜の星座観測で見つけた(どこを見ているのやら)。さっそくこどもたちに見せたら人気者だった。バグズライフのノリかな。

musi


(続く)




posted by いなえしむろ at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3回目の紀泉わいわい村

3回目である

 今回も天候に恵まれ、とても楽しい時間を過ごすことができた。やはり紀泉わいわい村はいい。

 まずはいつもの通り、大中小+One(今回も長女の友人)から。ちゃんと駐車場から宿まで荷物を運んでくれた・・・んだろうか?

SML


 3回目なので、わいわい村を紹介することにしよう。

【施設全景】

scn
入口(管理棟前)から快晴のわいわい村を臨む

scn0
畑と宿舎を見る(一番奥が今回の宿)

scn1
宿から入口方面(方角は西)を臨む


【宿の中】

cook1
竈(かまど)=ライス準備中

cook3
いろり=饂飩鍋準備中

cook2
うまい鍋で舌鼓


 楽しそうな雰囲気が伝わればいいね。

(続く)
posted by いなえしむろ at 22:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月04日

11月の予定

遊びの予定

11/6,7・・・紀泉わいわい村で竹細工と釣り
11/13・・・昼は近所で三女の七五三
      夜はSTE関西MET(参加できるだろうか?)
11/20〜24・・・スターウォッチングアルペンルート
        (国立立山少年自然の家)
11/27,28・・・予定無し(計画中)
posted by いなえしむろ at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

真夏のチャレンジ立山&富山湾

アルバムが公開されている

 アルバムとしてレポートがあがっている。なかなか楽しそうな雰囲気だ。次回も参加予定らしいが、さてどうなることか。

posted by いなえしむろ at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型洗濯機が来た

48,000円也

 修理費用の見積もりは、出張料を入れると1万5千円近くになるそうだとの情報を日立のサービス(Tel:0120-312168)から聞いて、新品を買うことにした。排水弁関係以外は別に問題なく、長年連れ添った日立に別れを告げるのはつらいが、11年使ったらよしとしよう。

 さっそくわが家の家電購入基地であるナカヌキヤ千里中央店に電話。もはや主となっているナイトレンジャー・ファンの某主任に相談する。洗濯機販売担当から話を聞くが、優秀だろうと思うがイマイチ乗れない。性能をあちこちしゃべるのでこっちが迷ってしまうのである。これってよくないな。土曜日到着を条件に「これに決めた」といったのだが、最後の最後で提示価格間違い。ま、5千円程度どうってことはないが気分が悪いので契約破棄。

 八千代ムセン箕面店は、和光デンキの後を追ってK'sデンキとの統合準備で11/5〜14まで完全売り尽くしセール(ポイントはどうなるんだ?)のため改装だし、どうしようかと迷っている間にJoshin千里丘店を思い出した。こっちの説明を理解しない女性の店員には閉口したが、男性はテキパキと応対が良く、結局ここで購入。なんと発注日(つまり今日)の夜に設置に来るという。千円高いのだが、これはいい。設置もていねいで完璧だし、けっこう気に入った。今後はここを定番の家電基地としよう。

 ということで、銀イオン搭載のSHARP製洗濯機がわが家にやってきた。なかなか操作が難しいが、久しぶりの家電製品購入だった。よかった。洗濯機と冷蔵庫は壊れると生活ができないから。

追伸
 これは、新規に「家電研究」カテゴリーを設置した記念のアーティクルである。
posted by いなえしむろ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 書斎の文房具 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クローン

今日の木曜洋画劇場

 これは以前に見た映画である。しかし、たいへんおもしろい。今日も見たいのだが、風邪を治すことを優先しパス。今なら30分遅れで、まだまだクライマックスは楽しめるのだが・・・。

 とにかく、最後のどんでん返しが非常におもしろい。SFとしての楽しさというよりもストーリー展開が最高にいい。2001年のアメリカ作品である。
posted by いなえしむろ at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年11月03日

洗濯機故障!

排水しない!

 困った。20:30に洗濯機が故障した。取扱説明書を見ると、購入は平成5年4月11日。なんと11年も使っていることになる。さすがに買い換えてもいいなと思う使用年数である。

 排水しないという症状は、洗濯物からの異物が排水口に詰まっている(この可能性はこどものポケットの中身を普段見ていると極めて高いことがわかる)か、排水バルブそのものが故障しているか、逆に下水の排水口が詰まっているかである。下水の排水口の場合は話がややこしいので35kgある洗濯機をよいしょと動かして防水パンをひっぱがしてパイプマンで下水排水管をお掃除した。その後熱湯を流して下水排水口のお掃除は完了。

 再度洗濯機を起動しても、やはり動作しない。やっぱり異物のつまりもしくは故障である。購入店舗に電話して修理依頼と新型洗濯機の提案依頼を行った。

「乾燥機付きはいかがですか?」

 馬鹿いっちゃいけない。乾燥機付きということは、洗濯と乾燥とが同時にできないことを意味する。それぞれ別にした方が作業は遙かに早く終わるのである。設置場所の問題もあるが・・・。ただし、前面から出し入れするタイプは、洗濯機の上部に何か置けるという意味でいいなぁと思う。振動が問題ではあるが・・・。

 6kgを越える洗濯機の標準価格を価格comで調査した。だいたい3〜5万円である。修理代などを考えるとここは買い換えの方が便利かもしれない。修理はというと、明日以降の連絡待ちであるが、インターネットによる簡易見積もりでは、0.8〜1万円だそうな。迷う価格だな。

 ま、明日以降の連絡を待つとしよう。しかし、今日明日の洗濯はどうしようか?

posted by いなえしむろ at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。