2004年10月31日

ハロウィンの夜

仮装?でおやつ集め

 次女が友人とディズニーランド土産の帽子をかぶって、夜(といっても6:30程度)にご近所さん宅を訪問しおやつ集めである。こんな風習は知らなかったなぁ。2軒ほど回って、ビニール袋にたっぷりとおやつをもらったとさ。

hellow


 ちなみに出遅れて、仮装ものが無かった三女はというとご覧の通り。

hellow2


平和だなぁ。

posted by いなえしむろ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月29日

パーフェクト・キル(A.J.クィネル)

最高!

 久しぶりにワクワクする作品だった。この作者の別の作品を読もうと思う気にさせる読後感。ストーリーは淡泊かつ単純だし、時間の流れも緩やかである。でもとても楽しい。ジャッカルの日に似たワクワク感が最高。

 久しぶりに古本屋であたりを見つけた感じで気分がいいわ。

PK
posted by いなえしむろ at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月24日

りんくうプレミアムアウトレットほか

アウトレットでお買い物

 天気が最高によい今日はお買い物とした。りんくうプレミアムアウトレットで冬の準備である(父も少し用事があったのだ)。

 こどもたちはもちろん買い物などに興味はない。まずは大中小+1(長女の友人)から。場所はアウトレットから連絡橋ですぐのところにある堤防の上である。

rinkuu


 この堤防でのランニングを経て、海中・海岸へと続く。

rinkuu2

rinkuu3

rinkuu4


 ということで昨日は散髪でどこへも行かなかったため、今日はたっぷりと遊んだとさ。



posted by いなえしむろ at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月20日

eo光電話【導入編】

本日到着

 お約束通り、3営業日だな。すぐに設定→即利用。うちの場合は番号ポータビリティを利用せず、新しい番号をもらったので、なにも難しいことはなく設定完了。これで06と050の2本立てになった。接続は以下の通り。

eo光電話アダプタ→ルータ→eo-netフォンアダプタ


 電話機はコードレスとファクスをeo-netフォンアダプタに接続している。このため、発信は050が優先されることになる。050ではかけられない相手の場合のみ光電話が使われるという接続。受信はどちらもOK。新しい06局の番号はなにに使おうか思案中だが、まひとつくらい06局があってもいいかなという程度。

 光電話アダプタは住友電工製。eo-netフォンアダプタも住友電工製だから、両者の相性はばっちり(のはず)。当面はこれで使ってみることにしよう。しかし、わが家には発信が3回線(裏技含む)、受信が2回線あるわけだが、ホントなににつかおうかな?
posted by いなえしむろ at 21:04| Comment(1) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月19日

小学校参観日

次女の参観日

 豊中で刃物を持ってこどもを傷つけるという事件が起こったとのことで、厳戒態勢。連絡網はぐるぐる回る、小学校校門はものものしい警戒、集団下校も実施するとのこと。参観の後の懇談会も無しにしてという案配だったのだが、結局この情報はデマだったらしい。校内放送に忠実にいえば、「教育委員会から事件性はなかったとの連絡を受けた」とのこと。

 豊中といえば、すぐに隣の市。その情報が輻輳するってのも変な話だが、今回の事件はけっこうややこしい背景があったかもしれない。

 ま、どっちにしても明日は台風で下手すると午後から休校になることを思えば、今日と明後日という参観日の設定は神業に近いと言える。これだけで拍手ものだ。しかし、わが家は参加日の両日と(台風のコースにより)明日も親が休暇を取る必要がある。これは少し困ったものだ。ま、台風に祈っておこう。

 さて、テーマの参観日である。いつも思うが、参観日とは無能な親の社交の場である。義務教育である小学生が選ばれたこどもたちではないように、親も同じように選ばれたおとなではない。その選ばれた訳ではない親の中から特におしゃべりをしたい親が選ばれて化粧しまくりで参観日に来るからよけいに始末が悪い。自身がこどもの頃は先生のいうことを聞かずにいつも廊下に立たされていた親もたくさんいるはずである(もっとも今は廊下に立たせることはしないそうな)。参観日に出席する時も同じである。親たちは一斉に小学生に戻るのだろうか? 廊下にいる親はたいてい無能な騒音源集団である。教室にはいるとさすがに少しはおとなしいが、廊下組はまとめてゴミ箱行きの親の確率が高い。

 上記は毎回思うことなんだが、今回は教室組もおもしろかった。双子の幼稚園児を連れた親が教室に入る。小学1年生ですら授業中座っているだけでほめられるのに、幼稚園児が小1時間もじっとしているわけがない。

 まず教室の側面に陣取る。我が子が最前列にいるからかな? 授業開始5分後、チョコレートを出してごまかす。チョコレート? 音とにおいが教室に充満する。次に小学生の座席の間を走り回る。介護の先生がしびれを切らせて粘土を与える(この判断は間違いであると私は思う)。十分に想像できるように、次は粘土で双子が大げんかである。

 片方の側面では双子が騒ぎ、他方では親が騒いでいる。この中で国語の授業である。久しぶりにすばらしい授業参観だった。後の懇談会では、なるべくしゃべらないように努力するのが私のひとかけらの良心であったことはいうまでもない。もっとも、黒一点だったから、寄付したクワガタムシの飼育について聞かれたが(そんなこと理科の先生に聞けよなぁ)。
posted by いなえしむろ at 20:29| Comment(2) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月17日

Ritchie Blackmore in Osaka

明日サンケイホール

 どうしてもいけない。ブラックモアズナイト大阪公演。いつまでフォークやってんだ?という声も多くある。でもリッチーである。いつまでもリッチーの音楽を聴いていたい。なんといっても私は紫のファンだから。

DeepPurple
posted by いなえしむろ at 21:40| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月16日

eo光電話 vs eo-netフォン【裏技編】

お得なのはどっち?

 どっちがよいかは、先に書いたとおり今使ってる電話番号を引き続き使うかどうかにかかっていると考えてよい。さて、わが家にeo光電話がくるのは来週末以降になるだろうが、ここでeo-netフォンの裏技を公開することにしよう。光電話でこれが使えるかどうかは後日の楽しみにしたいと思う。

【裏技】

 なんのことはない。eo-netフォン利用時に必要なボイスアダプタにはTELラインが2つある。それぞれに電話機を取り付ける。それぞれの電話機から同時に任意の相手に電話をかける

あら不思議!
 
posted by いなえしむろ at 18:23| Comment(1) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

11/6,7 紀泉わいわい村予約済み

3回目のわいわい村

 わいわい村の予約が取れた。前回が8月17日だったので、2月ちょっとぶり。とりあえず車に乗れる最大人数の7名で予約済み。さてと誰と行こうかな。今回の行事はなににしようか。満天の星がとても楽しみである。
posted by いなえしむろ at 11:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月15日

eo光電話【申込編】

10/16から吹田市がエリアに

 後65分でエリア化されることになった。明日申し込みをすることにした。初期費用が3千円+税金で毎月が300円だからいやになったらすぐにやめることも可能。わが家はすでにNTT回線もないから追加で電話が使えるという案配。

 これであれこれ実験できる。もっとも、優先発信はIP電話になるから、光電話は着信専用になりそうだ。新しい番号は何番か不明だが、きっと覚えられないだろうな。ま、いいか。
posted by いなえしむろ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月11日

黒部峡谷 3日目

家路に

 朝はゆっくりとして、帰宅準備をしていると外で祭りの音が。出てみると、獅子舞が一軒一軒家庭を回っている。へぇ、こんな風習があるんだ。TVで見たような気がするけれどね。

 しかし、宿にその獅子舞がくるのは11時。今日は夕方長女はテニス、次女はピアノである。9時過ぎには宿を出て一路吹田市へ。帰りも好調で、120〜130km/hを標準速度に。年利は2WDモードで晴れだったので、6.8km/lとなった。納車時の鳥羽行き時と同じである。あれ?アーシングの効果はないのかな? ま、いっか。

 今回は富山方面での宿の確保という意味で新しいチャレンジだったが、みごと正解だった。きっともう一度行くことになるだろう。楽しい旅行もこれでおしまい。さて、次はどこにいこうかな。そして、次はいつ立山にこようかな。

(完)


posted by いなえしむろ at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月10日

黒部峡谷 2日目

トロッコ電車の旅

 今日は念願のトロッコ電車。黒部峡谷鉄道には、混み具合等メールで聞いていたのだが返事が遅く、結局当日チケットを買うことに。富山→宇奈月は車ですぐ(宿から駐車場まで1時間程度)だったので、混むことなく駅に到着。9:21発のトロッコ電車に乗車した。もちろん、こどもたちは大喜び。常に片方しか景色がよくないため、右へ左へと移動したり、行き交うトロッコに手を振ったり・・・。

 無事に欅平に到着。乗車時間は80分! 意外と時間がかかるものだった。欅平でハイチーズ!

keyaki


 駅前には自然観察員がブースを設けており、散策ルートを紹介してくれる。しかし、今回のガイドさんは現地の下見が十分ではなく、河原に降りることができるかどうかなどの情報は不足気味だったけれど・・・。

 散策は猿飛峡を第一候補とした。現地での滞在時間が2時間程度だったから近場でと思ったからである。当日はあいにく崖崩れの影響で猿飛峡まではいけなかったが、猿飛峡回遊歩道はかなり楽しいコースだ。途中で河原に降りて、持ってきた弁当(富山市内のおいしそうなパン屋で買ったパンだが)を石の机でほおばってUターンした。

kurobe

lunch


 駅の直下には、猿飛山荘という温泉がある。せっかく来たからと5分だけお湯につかることに。多くの観光客はもっと奥にあるきれいな温泉に行くため、ここはもちろん貸し切りでこどもたちとお外のお風呂を楽しむことができた。

roten


 12:49発の帰りのトロッコは満員だった。ぎゅうぎゅう詰めでの80分はちょっと苦痛かな。無事宇奈月に帰ってからの次の予定はというと、これこそが今回の旅のテーマなのである。

真夏のチャレンジコースを車で回る!


 長女は氷見から新潟までマウンテンバイクで走ったのだが、そのうちの一部を今回は車で走ろうというわけ。できる限り海岸線沿いに地道をひたすら走った。

「ここ走った、この坂しんどかった」

 なんて長女の解説を聞きながら、みんなで地道をひたすら走る。最後は富山駅に到着し、駅の海側にある公園でちょっと一休み。駅前なのにいい公園があるものだ。再開発の象徴だろうな。

 同じ宿に連泊していた若いカップルと駐車場で一緒になった(たまたま出発も一緒だった)。彼らはアルペンルートを往復したそうな。寒かったらしい。混んでいたらしい。そりゃそうだわ。そして夕食。定食を頼んでいたのだが、昨日とは違った内容だった。いい配慮である。定食の他に鱒寿司を注文していたのだが、これがこどもたちに大人気。ぱくぱく食って、親父の分がない。仕方がないので親父は鮭を、酒をたらふく食らってぐっすりと寝たとさ。

(続く)



posted by いなえしむろ at 22:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月09日

黒部峡谷 1日目

富山から黒部へ

 台風が接近している10/9。台風を避けるように富山に向かった。上期が終わってほっと一息の家族(もしくは自分)サービスである。結局台風はたいしたこと無かったのだが、行程は雨。すべて4WDモードでのドライブとなった。片道の燃費は6.4km/l。120〜130km/hの速度が中心だからこんなものか。

 まずは恒例の大中小3連発から。いずれも撮影は欅平である。


dai1

dai2

dai3


 時間を戻そう。10/9はスムーズな車の流れと広く快適な車内でノンストップだったこともあり、一気に富山に到着。昼飯をどこで食おうか?と相談している間に、意見がまとまった。

むか井に行こう!


 むか井はいつも行こうと思っていながら時間が合わずにいけなかったところ。ハイウェイから予約を入れて、立山IC経由で直行。期待通りのおいしいおそばであった。

mukai

mukai2


 ここで虫が騒ぐ。せっかくここまで来たんだから・・・。

国立少に行こう!


 ということでいつもの通り国立少へご挨拶に。ちょっと遊びに来ましたって距離じゃないけれど、やっぱり落ち着くね。真夏のチャレンジでお世話になったみなさんにご挨拶。そのまま、ここに泊まりたいなぁと思いつつ、11月の予約をして(笑)から目的地に。

 ん?? 目的地がわからない。よく考えたら、今日の宿の地図も電話番号も忘れてしまった。仕方がないので国立少の先生にinternetで調べてもらうことに。地図をプリントアウトしてもらって、富山市内に向かうことした。

 どこかで山が見えないかなぁ? こう思うのは当然だろうと思うけれど、現地の人々は無関心。GSで「どこから山が見えますか?」と尋ねても「どこからでも見えるよ」というご返事。市内ではビルの壁などで見えないから訪ねているのになぁ。恐るべし、富山市民。

 自力で探したのは川辺だった。天気がよくないのがとても残念だが、この風景を見てほしい。いやぁ、いいなぁ。

oyama
左端がお気に入りの新車

oyama2
光学3倍ズーム


 夕食をたっぷりと楽しんで、明日に備えてじっくりと休養することにした。う〜ん、いい一日だ。

(続く)






posted by いなえしむろ at 00:00| 大阪 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月08日

ナイト・ソウルズ(キング・マキャモン)

image/ste-2004-10-08T09:31:17-1.jpg

 次はこれ。ミステリーの短編集である。
posted by いなえしむろ at 09:31| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月05日

続・eo光電話

一連の不具合騒動が終結?

 富士通製の光電話アダプタを利用すると、パソコンを使ったアップロードが極端に遅くなるという初期の不具合が発見された。解決策は光電話アダプタを富士通製から住友電工製へ交換することらしい。わが町はまだエリアではないのだが、騒動が終わっていることを祈ろう。

果たして光電話はIP電話よりお得か?

 わが家の環境ではどうだろうか? すでにNTT固定電話を解約してしまったわが家の電話番号は050局である。これに対して光電話はちゃんと06局が与えられる。ふつうの電話っぽいし、これまでの電話番号がそのまま使えるからいちいち変更を周知する必要もないから人気沸騰というのは、よ〜く理解できる。しかし、すでに050局で周知しているわが家はそのメリットはあまり無い(逆に今更06局に変更するとまた周知しないといけないんだわ)。

 現在のIP電話のメリットはなにか。「着信した場合でも電話をかけてきてくれた相手の通話料が安い(光電話の場合、電話をかけてきた相手は通常のNTT料金となる)」「引っ越ししてもそのまま050局の番号が使える(光電話は局番が変わる)」「一部のIP電話同士(KDDI系と電力系)なら通話料は無料(光電話は有料)」ということにつきるだろう。デメリットは「つながらないIP電話がある」ことだろうか。確かYahooのIP電話にはつながらなかったという記憶がある。

 これに対して光電話は「これまで使っていたNTT番号が使える(IP電話は当然使えない)」「フリーダイアル、緊急電話も使える(IP電話は使えない)」「ふつ〜の電話のふりができる」ってことになるだろうか。

 わが家は総合的にはIP電話の方が便利だな。じじちゃん、ばばちゃんがわが家に電話してきたときでも、電話代は安いから安心。通話料が無料になる範囲も広い(もっとも相手が無料かどうかを見極める必要あり)。問題は一部のIP電話にはかけられないことか。

 ま、当初方針通りIP電話と光電話のふたつを入れておけば問題は解決するはず。優先発信をIP電話にしておけばよい(自動でこうなるはず)。電話番号をふたつもっていてもしょうがないから片方をファクス専用にするという手もあるな。ま、ファクスなんて送信しか使わないけれど。
posted by いなえしむろ at 21:48| 大阪 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミニ・ミステリー傑作選(エラリー・クイーン編)

懲りずに古本

image/ste-2004-10-05T06:58:32-1.jpg


 エラリー・クイーン編ってのもそそるけれど、訳が永井淳(アーサー・ヘイリーの訳で有名)ってことで少し期待。先の5分間なにがしと比較するとやはりこっちの方が遙かに楽しい。1975年の作品だからずいぶんと昔だけれどね。
posted by いなえしむろ at 06:58| 大阪 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月04日

10月の3連休は富山へ、黒部へ!

富山へ行こう

 室戸か立山か迷ったけれど、結局富山に行くことに。黒部へいこうと思って。黒部は宇奈月→欅平→黒四ダムという強行ルートである。

 しかし、未就学児を連れて、しかも往復ってのはちょっと無謀かな。今回は様子を見ることにするかどうか思案中。こどもたちは感激するだろうな。富山からあの立山の裏側にいけるんだから。しかし、ルートはかなり強行。一度は行ってみたいが、まだ時期ではないかもしれない。う〜ん、迷うなぁ。

 ま、今回は黒部峡谷トロッコ電車だけでもいいかな。それだけでもこどもたちは満足するだろうな。

posted by いなえしむろ at 21:39| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 家族旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月02日

運動会とビデオ

10/2保育園、10/3小学校の運動会

■10/2保育園

 12年連続かつ最後の保育園運動会。小さな小さなグラウンドでこぢんまりした運動会が開催された。長女も次女もこないけれど、三女はがんばった。とにかく一生懸命がんばった。連射機能を持つデジカメできれいな画像も撮れた。朝方は雨が降っていたので、スクリーンタープを持参。これが超ヒット。12年もきているんだから、一辺3mのタープを張る場所も先刻ご承知。最後の運動会を楽しむことができた。

■10/3小学校

 やはりスケールが違う。アテネなど見る必要はない。こどもたちがとにかく一生懸命がんばっている姿を見るだけで感動するし力がわいてくる。長女も次女もとにかく99%笑顔の運動会。それだけでいい。リレーの時だけ真剣な顔が不思議におもしろい。

 今回は初めてビデオカメラを利用した。よって写真がない。しかし、ビデオはやはりだめである。PCで処理できないからかも知れない。でも、一瞬を切り取るにはカメラがよい。ビデオは、ちゃんと予告して被写体了解の元で写してこそ楽しい。被写体の声が聞こえない動画は写真よりも劣る。失敗だった。

 ただし、演技している本人が見えない組体操などの様子を見ることができるのはいいね。とにかく楽しい一日だった。

■夕食

 10/2の夜はピザ、10/3の夜は小僧寿し。それはそれで楽しいかな。弁当を2日連続で作った母親はご苦労様。
posted by いなえしむろ at 00:00| 大阪 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | いなえの日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。